2016年11月29日(火) 更新

転職するなら何ヶ月前?スムーズに会社を辞める手順

円満退職するためには”キチン”とした手順を

転職する理由は人それぞれです。スキルアップを目指した転職や、挑戦するための転職。だいたいの方は、在職中に転職活動を行いますよね。もし在職中にひそかにしていた転職活動したなら、無事内定が出てから退職の意思表示を行いますよね。必要な挨拶回りなどなど。

「立つ鳥跡を濁さず」というとおり、迷惑をかけずに退職するのが社会人です。円満退社するためにも、会社を辞める手順をわきまえて実行しましょう。

ときには、前職の退職理由を聞かれる事も…

転職をするには、今現在の会社を退職しなければなりません。多くの退職理由で挙げられるのが、現状の不満からによるものです。しかし不満を抱えていたとしても、今までお世話になった事実は変わりはありません。退職するからといって、後ろ足で泥を引っ掛けるようなことはしないでください。

ときには転職先の人事担当者が、時には前の職場に退職理由を聞くために連絡を取る場合があります。面倒なトラブルにならないためにも、円満退社を心がけましょう。

転職を決意したら退職までのスケジュールを立てる

会社を辞める手順として転職を決めたら、退職までのスケジュールを立てましょう。たとえば何ヶ月前に転職活動を行うか?明確に「何ヶ月前まで」と、転職を決めたら予定がとても重要になります。退職までの期間など、いろいろな活動に必要な時間を見積りましょう。

転職先への入社希望日、会社への辞意表面は何ヶ月前から行うべきかな?さまざまな事項を頭に入れておきましょう。何ヶ月前から行うか決めておくだけで、逆算して予定が立てやすくなりますよ。

知っておくべき退職までにやるべき手順は↓

退職までにやるべき手順は以下の通りです。

●上司への退職意向の申し出

●退職届の作成・提出

●業務の引き継ぎ

●健康保険証の返還と必要書類の受領

●退職

上記のように、退職までにやるべきことは沢山あありますので、しっかりと退職までにやっておくように心がけましょう。

退職に際して会社の就業規則はおさえておく

会社を辞める手順として、事前に「希望退職は最低▽ヶ月前に申し出る」などの会社のルールもチェックしておきましょう。

あらかじめ決算期や繁忙期を避けるなど、退職しやすい時期に内定をもらえるように求職活動の流れを組むのも退職において基本中の基本。こういった就業規則チェックしておくと、もしものトラブル回避にも繋がります。会社を辞める手順の中でも、重要な項目と言えるでしょう。

退職する旨を伝える際に配慮したいこととは?

退職を決めたら、どのように周囲に辞意を伝えていくべきなのでしょうか。

もう辞める会社とはいえ、その順番を間違えると仁義にもとるという場合もありますので、社内での人間関係などを考えて慎重に伝えていきましょう。

退職で配慮すべきは、直属の上司に相談する時

退職で配慮すべきは、直属の上司に相談する時です。例えば、退職の旨を上司へ伝える際に、いきなり辞表(退職願い)を提出してはいけません。

突然、会社を辞めると言っても、上司を混乱させるだけです。辞表(退職願い)を提出するのは、退職話がまとまった後です。

辞表を提出してつつがなく退職するには引継ぎが

では、最後になりますが、退職をするとなると、あなたの今の仕事を誰かに引き継ぐことになるわけです。なので引き継ぎ作業は非常に大事ですし、退職後のトラブルにもなり兼ねません。

会社を辞める手順を把握して、しっかりと引き継ぎを行いましょう。引き継ぎは社会人としての必須マナーですよ。

同僚に迷惑がかからないようにしっかり引き継ぎを!!

上司を話し合って退職時期などが決まったら、正式に辞表を提出して引き継ぎ業務を開始していきましょう。
準備に時間がかかることもありますので、やり残しがないように慎重に行いたいところです。

引継ぎ資料をまとめるコツ

退職が決まれば、当然あなたの仕事は誰かやることになりますので、その引き継ぎも伝え忘れなどがないように、また今後のその仕事に支障がないようにしないといけません。
その引継ぎ資料をまとめるコツをここで紹介しておきます。

●業務・案件の目的や社内での位置づけなど、相対的な業務の説明
●業務の段取り、進捗状況、優先順位、今後の見通しやよくあるイレギュラーへの対応の仕方を伝授
●これまで起こったトラブルと、その経緯の説明
●業務上必要な資料や、これまで作成した書類もファイルに残し、関連書籍などは所在を明確にする
●関連する部署、取引先、顧客の連絡先も案件ごとにまとめる。それも担当者名だけでなく、趣味や折衝時の注意点なども一緒に伝えると重宝される
●保管した書類や文書に、それぞれ「業務フローチャート」「担当者連絡先」など、わかりやすい名称をつけておく

取引先に退職の挨拶をしておくのも忘れずに!!

転職が決まったら、なるべく早い時期に「転職あいさつ状」を送りましょう。
退職が決まった時点からの準備がベストです。大切なのは、お世話になった方々が周囲のウワサではなく、直接、本人から転職の報告を受けるという点にありますので、そこについては、心得ておきましょう。

転職するなら何ヶ月前に退職するかを決めておく!会社を辞める手順を参考に円満退社を

今回は、転職活動が終了してから退職までの手順について紹介しました。退職は、今までお世話になった会社を去るということです。会社を辞める手順として、まずは何ヶ月前に会社を辞めるか決めておきましょう。

会社と社員は、労働の契約を結んでいます。それを社員のほうから先に打ち切りたいと、申し出るわけです。なので、きちんと失礼がないように会社にはマナーを持って伝えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム