事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

契約社員を辞める最適なタイミングの見極め方【転職】

契約更新の面談で退職の報告をするのはマナー違反

契約更新を期に辞めるのは、一つのタイミングでしょう。しかし、契約更新のときではなく更新を知らされる1か月程前には派遣先や契約している会社に事前報告をすることが必要です。
契約を更新する面談で報告するというのは、先方にも迷惑が掛かりますし、避けるべきでしょう。

契約更新時期は辞めるタイミングとして避けるべき

働いている会社の雇用形態に正社員、契約社員や派遣社員またはアルバイトやパートなどがあると思います。その中でも契約社員と派遣社員等の契約更新時期は会社を辞めるタイミングとして避けるべきです。
もしかしたら契約を更新しない契約社員と派遣社員がたくさん出てしまい、会社は代わりの人を見つけなければいけなくなります。そんな時に辞めると言ってしまうと会社の迷惑になりかねません。

辞めるタイミングは退職者が少ない時期が良い

会社を辞める時期は、退職をする人があまりいない時期がおすすめです。なぜならば、人が退社をする時期は、その人達が違う転職先を見つけた時期になりますので、求職の倍率が上がってしまいます。ですので、契約更新時期は転職して退職するタイミングとしては避けるべきなのです。
引き留めに合うのは、嬉しい事でもありますが、自分の転職の予定がくるってしまわないためにも、退社するタイミングは人があまり辞めない時期にしましょう。

繁忙期は退社のタイミングとして避けるべき

会社を辞めるときに避けるべきタイミングとして次に挙げられるのは、繁忙期です。
繁忙期は、一般的に3月と12月辺りが転職の求人シーズンと言われています。この時期は仕事が一年の中で最も忙しい時期にあたりますので、それを避けたタイミングで転職するのが良いでしょう。
というのも、その頃に転職しても転職先の社員も忙しく仕事を教える余裕がないかもしれません。そういった背景からも、辞める前も退職後も繁忙期は避けるようにして、落ち着いた時期に退社を狙うのが無難です。また、この時期に転職活動をしていると面接の休みも取りづらくなってしまいますので、辞めることは出来たとしても転職先が見つからないまま辞めることにつながるといった可能性も出てきます。

繁忙期に退職すると引継ぎが大変になる

繁忙期に引き継ぎや残務整理をするのは、なかなか難しく、同僚やこれまでの自分の仕事を引き継いでくれる人に迷惑をかける可能性が高くなる事も理由の一つです。
辞める際の引き継ぎや残務処理が滞り、退職の予定が先延ばしになると、転職先にも迷惑をかけてしまうので、繁忙期は転職するタイミングとして適切ではありません。できるだけ繁忙期の退職は避けるようにしましょう。

退職を切り出すのに最適なタイミングはいつか?

退職するタイミングとして避けるべき時期はわかりました。
では、退社・退職を切り出す最適なタイミングとはいつなのでしょう。就業規則に書いてあるとは言え、そう簡単にはいかないのが実際のところですので、確認してみてくださいね。

退職を切り出すタイミングは引継ぎが完璧に終わる期間を逆算して出す

退職を切り出す適切なタイミングは、人それぞれです。一般的には退職の1ヶ月前とされていますが、仕事の引継ぎであったり、中核を担っているプロジェクトの終了など、さまざまな要因が絡んできます。
引継ぎをしてくれる社員がその業務に対して未経験であれば、同じ引継ぎでもかかる期間が変わってきますよね。退職を切り出すタイミングは、引継ぎが完璧に終わる期間を自分で逆算して出すしかないのです。

退職の意志を伝えるのは1日の中で忙しくないタイミングで

上司に退社の意志を伝えるのは、基本的に勤務時間内であればいつでもかまいません。しかし、朝や夕方といった忙しい時間より、少しゆとりのあるお昼過ぎに「お話があります」と伝えるのがタイミングとしてはいいでしょう。
辞めるとなると、なかなか言いにくいかもしれませんが、一番悪いのは、退職を伝えるタイミングを先延ばししてしまう事です。一声かければ否が応にも話が進みます。決意をもって上司に声をかけてくださいね。

契約社員を辞めるタイミングとして繁忙期は避けよう!退職の際は引き継ぎをしっかり行おう

今回は、契約社員を辞めるのに最適なタイミングについて紹介していきました。転職するので退社しますという場合、今の会社に極力迷惑をかけないタイミングで退社の話を切り出すのが大切です。
また伝えづらいかもしれませんが、会社の都合も考えて、上司には早めに相談するのが良いでしょう。自分のいる業界・業種・会社にとって避けるべきタイミングを把握したうえで、引継ぎなどにかかる期間を逆算し、退職希望日を伝えてください。避けるべきタイミングを知らないと引き留めに合ったりして、スムーズに転職できないかもしれませんよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム