2016年11月29日(火) 更新

退職前に有給休暇やボーナスを取得する際の注意点

退職前に有給休暇を消化できるのか?

退職をする際に「一気に有給休暇を消化するのは気が引ける…」なんて方も多いのではないでしょうか?しかし、有給休暇を使う権利は誰にでもあり、勤務日数が残り数日の退職者にとっては、損得の面で大きく変わってきてしまいます。

有給を使わず退社するのは、勿体ないことです。損をしないためにも、知識として「有給休暇を消化できる根拠」を知っておきましょう。

退職前の有給休暇は必ず消化して退社できる

「気が引ける」「迷惑をかけてしまう」「裏切り行為だ」そんな気負いから、有給を使わずに退職してしまう人もいるでしょう。また、「上司に声をかけたらいい顔をされなかった」なんてもことも。

ですが、有給休暇は会社に貢献した人に対して平等に与えられる権利です。退職するなら有給消化について、上司ときちんと話し合いましょう。

有給休暇を使わずに退職するなら買い取ってもらえる可能性も

「有給休暇の買い上げ」というのは労働基準法により、基本的には認められていません。だたし、退職時については、買い上げについて明記されていないのです。そのため会社が認めれば、有給を買い上げてもらえるでしょう。

しかし、明記されていないというのは、会社側に買い上げの義務がないという事でもあります。そのため、退職時に有給を買い取ってもらえるという保証はありません。退職を決めた時点で、しっかり確認しておくべきでしょう。

注意:有給休暇の買い上げは課税される恐れがある

しかし、有給休暇を使わず買い上げしてもらうときには、注意すべきポイントがあります。それは、有給休暇の買い上げ分を給与に入れられてしまうと、所得税が課税されてしまうのです。

退職金がもらえるなら、控除額の範囲内で退職所得として処理してもらうようにお願いしましょう。そうすると、使わずに買い上げしてもらった有給は課税されません。

退職前にボーナスは受け取れる?

退職前の有給休暇について紹介しました。つぎはボーナスについて、退社前に知っておくべきポイントを紹介します。ボーナスは、今まで頑張ってきた報酬です。退社前には、しっかりとボーナスを受け取ってから会社を後にしていきたいところですよね。

ただし、周囲から「ボーナスのもらい逃げじゃないか」なんて思われてしまうのは、後味が良くありません。しかし、もらうものはしっかりもらって、損のないように退社しましょう。

注意:就業規則でボーナスの条件が定められているか確認

労働基準法には、ボーナスに関する規定はありません。支給金額が業績によって変動する企業もあれば、ボーナスは現物支給という企業も珍しくないのです。

そのため、会社によってボーナスの回数もバラバラです。個人で雇用契約を確認して、就業規則で支給方法や算定の条件が定められているかどうか、退社を決めた頃には確認しておきましょう。

ボーナス支給直後に退職しても悪いわけではない

ボーナスは、今まで働いてきた実績に対するものですよね。実績だと考えれば、支給直後に退職をしても決して悪いわけではありません。

しかし、ボーナスもらって翌日退社すると「もらい逃げ」と思われてしまうのも事実です。 人に「もらい逃げ」と思われるのが嫌な方は、退社日の調整をしておくべきでしょう。退社するので、関係ないといった心持でいる事をオススメします。

ボーナスをもらってから退職届を提出すると◎

ボーナスの支給日を優先して転職のチャンスを逃してしまったり、退社や入社時期を調整しようとして不採用になってしまったりしては元も子もありません。

そのような失敗のないように、上手く退職時期を計算して賢く退職しましょう。損をしない一番の方法としては、ボーナスを受け取ってから退職届を提出するようにしてください。あくまでも転職活動が優先なので、都合を見てから退職日を決めるようにしましょうね。

退職前に有給休暇やボーナスを取得時の注意点を参考に円満退社しよう!

退職前に有給休暇やボーナスを取得する際の注意点について、紹介しました。有給休暇の消化もボーナスの支給も、働いている人にとっては当たり前にもらえる、使える権利です。

もちろん、権利を主張するためにも退職後に会社が困らないように、しっかりと引き継ぎをするのも重要でしょう。重要なポイントをしっかりと押さえておけば、後腐れなく円満に退職していくことが可能です。「会社と退職者が円満に契約を終える」それが、理想の退職の仕方ではないでしょうか?

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム