2019年08月06日(火) 更新

お世話になった会社を辞めるときの注意点

お世話になった会社を辞める際の注意点①:上司に辞めると伝える

お世話になった会社を辞める際の注意点の一つ目は、「まずは上司に辞める意志を伝える」です。辞める時といえば、いきなり退職届を上司のデスクに叩きつけるというシーンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、お世話になった会社に対し、そのようなやり方はよくありません。お世話になった会社を辞める際はしっかりと辞める意思を伝えておきましょう。

引き継ぎの期間も相談しておく

お世話になった会社に辞める意思を伝える際に、今あなたが行っている仕事を他の人にスムーズに引き継ぐために、どれくらいの期間が必要なのかを相談しましょう。この相談が、職場に迷惑をかけずに辞めるためには非常に重要です。なので、お世話になった会社を辞める意志があるときには、引き継ぎ期間を考えて、早めに上司に辞める意志を伝えることです。引き継ぎには一週間から数週間、中には数か月かかる場合もあります。

お世話になった会社を辞める際の注意点②:退職願にして提出

お世話になった会社を辞める際の注意点の二つ目は、「退職願にして提出する」です。会社で書式が決まっている場合は、その書式に従って作成します。決まっていない場合には、「退職願」で作成しましょう。退職届には「一方的に辞めますと宣言する」というニュアンスがありますが、退職願には「辞めさせてくださいと願い出る」といったニュアンスがあります。お世話になった会社にはこちらの方がいいはずです。

あくまでお願いだから撤回も可能

一般的には、会社から「辞めるのを許可します」と認められたら、辞められるわけです。退職願には退職届と同じ効力があるので、会社からの退職の許可というのは形式的なものですが、円満に辞めるためにはこの形式こそが大切です。また、退職願の場合は、あくまで「お願い」なので提出後に撤回が可能な場合もあります。お世話になった会社だからもう少し働こうと思っても安心です。

お世話になった会社を辞める際の注意点③:感謝の気持ちを伝える

お世話になった会社を辞める際の注意点の三つ目は、「これまでお世話になった感謝の気持ちを伝える」です。取引先には、辞めるまでに「これまでお世話になりました。これからは○○が担当します」というように感謝の気持ちとともに新しい担当者も知らせておきましょう。感謝の気持ちを伝えるという目的もありますが、こうしておくことで、あなたの仕事を引き継ぐ社員があなたの退職後、仕事をしやすくなります。

お世話になった取引先に直接行くのがベスト

ベストな方法は取引先に直接出向くのがいいです。次点は電話ですが、それができないときにはメールでもかまいません。上司や同僚には感謝の気持ちを言葉にしたり、贈り物をおくるなどして感謝の気持ちを伝えましょう。感謝の気持ちを口頭でうまく伝えられない方には手紙がおすすめです。

お世話になった会社を辞める際は引き継ぎや感謝の気持ちを忘れずに

お世話になった会社を辞める際には、「仕事の引き継ぎをきちんと行い会社や取引先に迷惑をかけないこと」と「感謝の気持ちを伝えること」が大切です。また、辞める手続きをちゃんと決まり通り行うことも、円満退職には欠かせません。退職直前になってどたばたと退職届を出したり仕事を引き継いだりしないように気を付けましょう。お世話になった会社なのだから、辞める時も気持ちよく出来ればベストです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム