2016年11月29日(火) 更新

退職交渉をする際に参考にしたい5つの退職理由

なぜわざわざ退職理由を説明するの?

退職をする際に、どうして退職理由は必要なのでしょうか。でも、たしかに「辞めます」とだけ伝えて退職をした人はほとんどいないのではないでしょうか。それでは紹介していきます。

退職理由を話さないと辞めれないケースも

労働法では、「転職のため」などといった退職理由について詳しく告げる必要はないのですが、ただ「辞めます」と告げるだけでは会社に納得してもらえないケースもあるようです。引き止めにあわず、下手な詮索をされないためにも、ある程度の退職理由を添えて退職交渉をしたいですね。もしもの時に備えて、退職理由を用意しておくのは悪いことではありません。

会社に納得してもらえる退職理由とは?

会社に退職の意思を伝えても、なかなか辞めさせてもらえない場合があります。しかし、理由次第ではそういった状況を打破できます。それでは、退職交渉する際の退職理由を5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

退職交渉する際の理由例①勉強・留学をしたい

退職交渉に使える退職理由として、「勉学に励みたい」というものがあります。将来したいことが見えている場合や、学びたいことが見つかった際は、今の仕事をダラダラ続けていても仕方ないですよね。「留学をしたいから」ということでも退職するには正当な理由になります。または、資格を取得するというものでも大丈夫です。

退職交渉する際の理由例②結婚・妊娠のため

円満退職といえば、寿退社です。妊娠や結婚を理由に退職交渉をできるのは女性に限られますが、男性の場合だと、「安定したい」「転勤ができない」など、結婚や妊娠に伴って不安になる労務面を持ち出すこともできます。

退職交渉する際の理由例③家業を継ぐ

退職理由で家業を継ぐといえば、引き止められる可能性も低いでしょう。「実家の両親が年で、家業を継がなければいけなくなった」という退職交渉であれば、上司も受け止めるしかなくなるでしょう。

退職交渉する際の理由例④体調不良・家族の介護

体調不良や病気を退職理由に退職交渉をするのも可能です。また、家族の看病といった身内の体調不良も退職理由にできるでしょう。理由が理由なだけに、退職交渉の際に引き止められる可能性はほぼないと考えていいと思います。

退職交渉する際の理由例⑤転職のため

転職のためというのは伝えるのに勇気がいる退職理由ですが、「転職のため」という退職交渉も一般的によく使われていると聞きます。ただ、「転職のため」という希望を応援してくれる場合と、引き止めにあう可能性どちらもあるので、退職するという強い意志を持つのが大事になります。転職のためというのを退職理由で伝える前に、引き継ぎにかかるスケジュールなども予め立てておき、転職のためと退職理由を伝える際に合わせて伝えておきましょう。

退職交渉の退職理由は「転職のため」など自身に合わせて伝えよう

退職交渉をする際の、5つの退職理由について見てきましたが、参考になりましたでしょうか? 退職理由は、留学や勉強のための進学など、相手が断れない事情を伝えましょう。とはいえ、転職が決まった際などは「転職のため」など本当の自分の気持ちを伝えるのも手です。今回の記事を参考に退職交渉が上手くいきますように。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム