2017年07月05日(水) 更新

円満退職を目指すための上手な退職の仕方4ステップ

退職の仕方は意外と重要!

よく円満退職(=円満退社)という言葉を使いますが、それこそが上手い退職の仕方です。上手い退職の仕方(円満退社)とは、労働者と使用者の双方が納得し、後を濁さずにその職を離れること。つまり、けんか別れではなく、お互いの関係性を良好にしたままの円満退社こそが、『上手い退職の仕方』というわけです。
それでは、上手い退職の仕方をしないとどんなデメリットがあるのでしょうか?インターネットやSNSなどでは「仕事辞める理由円満じゃないとかまずい」といった意見が見受けられます。上手い退職の仕方=円満退社でないと、どのようなデメリットが出てくるか見てみましょう。

退職の仕方が転職活動に悪影響を及ぼす恐れがある

退職をするとき、定年退職でなければほとんどの人が転職活動をするはず。その際「前職は最悪だったんで、びしっと言って辞めてきました」とか「何だかギクシャクして辞めました」などと言ってしまうのは問題ありです。採用担当者は「うちに来てまたトラブルを引き起こすんじゃないか」と心配になってしまうのです。

円満退社をしていればポジティブに向き合える

仮に、表面上では円満退社をしたように装ったとしても、面接官にはすぐにばれてしまうものです。仕事を辞める理由について、胸を張って「円満退社です」と言える辞め方をしていれば、転職活動でもポジティブに向き合えるでしょう。
上手い退職の仕方は、自分自身のキャリアにも役立つのです。逆に言えば、上手い退職の仕方をしていないせいで転職が捗らなかった経験者が、それだけ多くいるというわけです。

退職でもめると人間関係がプツンと切れてしまう

円満退社が良い、上手い退職の仕方が好まれる理由にはほかにもあります。実は退職しても、前職の人たちと接する場面は発生しうるからです。独自調べによると、同一業界で転職した場合はもちろん、業界内外問わず「退職後にも前職の人と再会した」という人は案外多いようです。仕事を辞める理由が不満によるものだと、つい「ガツンと言ってやる」と考える人が多いです。

文句を言ってもすっきりするのはその場だけ

しかし、すっきりとするのは、その場だけです。前職の人たちとまた出会った時に、円満退社であれば、仕事の付き合いでなくとも、きっと素敵な付き合い方ができるでしょう。もしも上手い退職の仕方をしないと、人間関係がプツンと切れるデメリットがあります。慣れ合う必要はありませんが、せっかくの縁を無駄にしないためにも、上手い退職の仕方がおすすめです。

上手な退職の仕方①:理由をきちんと考える

上手な退職の仕方として次に紹介するのが「上手な退職理由」の説明になります。上手な退職理由を伝えることが出来れば、円満に退社できる近道になるはずです。
上手な退職理由のポイントとしては、会社への不満・文句を言わないことがあげられます。上司への不満など人間関係や待遇の悪さなどマイナスな事を伝えるのは、上手な退職理由とはかけ離れているので禁物。会社に不満があるから退職を希望するという事が伝わってしまうと、円満退社になる可能性も低くなってしまいます。

上手な退職理由は「スキルアップのため」などの自己都合

上手な退職理由としては、自分自身のスキルアップのため、家庭の事情で仕事を続けるのが困難になったためなど、あくまでもあなたの気持ちや状況によるものにしましょう。自分自身の都合にする事によって、会社が理解をしてくれる可能性も高くなりますし、快く送り出してもらえる可能性も高くなるでしょう。退職理由でただ不平不満を述べるのは、自ら円満退社への道を閉ざしてしまう事になるため、上手な退職理由とは言い難いものです。あくまでも「自己都合」にしてしまうのが、上手な退職理由のスタートラインだといえます。

退職理由は「建前」と「本音」を使い分けると◎

退職すること自体は、決して例外的ではありません。しかし同僚や仲間が退職するということを聞けば、ネガティブな感情が芽生える人もいますから、ほとんどの人が円満退社(上手い退職の仕方)のために建前と本音を使い分けています。それこそが上手な退職理由のコツ。 そうすることで、会社や上司に納得してもらっているようです。
つまり、火種を残さないように上手い退職の仕方・円満退職をするのが一種のマナーともいえます。上手な退職理由には、必ずしも「本音」が求められるわけではありません。むしろ、「建前」と「本音」を使い分けているのが、上手な退職理由になります。

上手な退職の仕方②:辞める意思を伝える「時期」と「相手」に注意

上手な退職の仕方ですが、まず、退職意思を伝える時期(タイミング)について考える必要があります。退職意思を伝える時期とタイミングはいつが良いでしょうか?以下それについて回答します。

上手に退職を伝えるには2ヶ月前がポイント

上手に退職を伝えるには2ヶ月前がポイントです。退職の意思を伝えるのは、退職希望予定日の最低2ヶ月前にしましょう。その後の引き継ぎなど、それなりの時間がかかります。上手な円満退社のためには2ヶ月前には意思を伝えておきましょう。

直属の上司にまず伝えるのが上手に退職するコツ

上手に退職のするコツとして、直属の上司にまず伝えることが大前提です。退職を決めたら誰に最初に伝えればいいかと考えると思います。同僚や部下や取引先などに、先に伝わってしまうと無駄な混乱を起こしてしまう可能性があります。まず、直属の上司一人だけに相談し、その後上司の了解を得られたあと、正式に上司の方から広報されるまで、自分から退職を口外するのは避けた方が無難です。

上手な退職の仕方③:引き留められた場合にも正しく対処

上手な退職の仕方として引き留められた場合の対処ですが、なかなか退職の意思を認めてもらえず、もし引き留められた場合どうすればいいでしょう?その会社にとってあなたが必要な存在であれば引き留められる可能性は高いでしょう。その場合どのように対処すればいいのかを考えておくことも大切です。

上手な退職の仕方の基本=退職の意思をそのまま貫く

上手な退職の仕方として、退職の意思をそのまま貫くというのが大事です。まず、退職の自由は法的に定められた権利になりますので、退職の意思が固まっているのであれば、絶対にそのまま退職の意思を貫いてください。
もしも、体色の意思を強く引き止められることが予想できるような場合であれば、先に新しい転職先を決めてしまうのも賢いやり方です。最後の手段として労働基準監督署に相談することもできます。

上手な退職の仕方④:仕事の引継ぎを済ませる

次の上手な退職の仕方で重要になってくるのが、仕事の引き継ぎです。退職を認められた後、次に最も重要な事はいかに自分がいなくなったあと困らないように、完璧な引き継ぎをすることです。

上手に退職するために引継ぎノートを作っておく

上手に退職するために引継ぎノートを作っておくことはとても大事です、自分が、毎日基本的に行っていた業務内容や1日の流れなど、後任者が仕事の流れがわかりやすいようにノートにまとめておきましょう。特にあなたが退職するまでに後任者が決まっていないような場合は必須です。あなたがいなくなってもそのノートを見ればすぐに業務がこなせるように誰がみてもわかりやすい形で残しておきましょう。

Excelデータとして残しておくと上手に退職できる

今までの顧客の名前や連絡先、業務上の数字に関することなどノートに書ききれないことはExcelで作成しデーターとして残しておくことも大切です。他にノートには今まで起こったトラブルの事例や解決方法なども記録しておきましょう。丁寧な引き継ぎ資料作りは円満退社を考える上で最も大切な作業になります。この引き継ぎ作業で問題がなければ円満に送り出してもらえる可能性も高くなります。

タイミングや引継ぎに注意!上手な退職の仕方・退職理由の伝え方で円満退社を目指そう

上手な退職の仕方=円満退社のためにすべきこと、と題して紹介してきました。上手な退職の仕方・上手な退職理由の伝え方は、一種のビジネスマナーともいえます。退職の仕方にしても、退職理由の考え方にしても、いわゆる定石と呼ばれるものがあります。それらをおさえれば、上手い退職の仕方がおのずとできるようになるはずです。
是非参考に、上手な退職の仕方で円満退社(円満退職)を目指していきましょう。円満退社にするため、これまで一緒に働いてきた上司や同僚などへ感謝の気持ちを伝えた後に、残された人が困らないようしっかりと引き継ぎ作業を行うことが重要です。円満退社を勝ち取ることができれば、その後色々な事で有利に働きますので是非がんばってください。

関連コラム