2016年11月29日(火) 更新

営業職のノルマが大変な理由と他職種にはない魅力

営業職の役割と、身につくスキルとは?

営業職と聞いたらどんなイメージを持ちますか?
明るく元気で「会社の顔」であり、ものすごく出来る人たちの集まり!というイメージがあるかもしれませんね。

「人と接する仕事がしたい」
「お客様に笑顔になって欲しい」

そんな人にはぴったりの仕事です。しかし、多くの人が営業職を避けがち…なんて現実もあります。それはおそらく「ノルマが大変」というイメージがあるからではないでしょうか?まずは、営業職の現実を見ていきましょう。

営業の役割は、売上・利益をつくりだすこと

営業職の役割は、端的に言うと「売上、そして利益をつくり出すこと」です。
また、経営的な観点以外でも、営業の役割は大きいです。企業の代表として顧客と対面する営業職は「企業の顔」としての役割もあります。なので、営業のイメージが企業イメージに直結する事もあるのです。これも、長期的には経営に関わる事でしょう。

営業職は対人スキルが身につく

営業職は、相手(取引先)が喜ぶのを感じられて、社会貢献ができる仕事です。
ノルマに追われて大変と、よく聞きますが、営業職とは対人スキルの学習の場であり、人付き合いの訓練の場になるという特徴もあるのです。

営業職のノルマが大変な理由は?

残業が月100時間を超える会社もあるようですが、一方で定時帰社で土日休みの会社もあります。

営業職と言えばノルマが大変。そのくらい売り上げに対する姿勢がシビアな職種というイメージですが、実際はどうなのでしょうか。営業職のノルマについて、見ていきましょう。

会社の利益を生む唯一の部署なのでノルマが大変

いくら商品が豊富に揃っていても、売る人がいなければ企業の売上は1円も上がりません。それどころか、利益すら出ないので人件費だけで赤字になってしまいます。これは、営業職の最大の特徴ですね。
ノルマが大変になる場合が多いのは、それが会社の成長・存続にそのまま強く関わるからです。

ノルマに追われて残業・労働時間が激増する場合も

会社によっては、入社2年目まではあまりノルマが多くないといいます。しかし、3年目からはノルマが上がって、 嫌でも新規開拓しないと、数字を作れない状況に陥る場合も多いようです。

新規ターゲットを捕まえるには、残業が多くなり労働時間が激増し、1日中電話営業ともなれば、相当の忍耐力が必要です。また、商品知識を覚える必要があるので大変です。新規顧客の開拓には時間と労力がかかるので、なかなか覚える時間が取れないのが大変でしょう。

大変なノルマを達成するには、強いメンタルが必要

アポなしの飛び込み営業や、営業先への移動が遠方。ようやく新規契約が取れたとしても、クーリングオフが発生すると契約が無効になります。

そのせいで、100人からNGといわれても、1人からOKといわれればいいというメンタリティが養われるそうです。そのくらい、ノルマに追われて大変な営業職は、メンタルが強くないと仕事にならないでしょう。

営業職ならではの魅力とは?

とは言え、「人をもっとも成長させる職種は営業職だ」という言葉がある通り、社会人として、人として最も成長出来るのも営業だと言えます。

ノルマが大変ということを紹介しましたが、実際に営業職として働く人たちはどんなところに魅力を感じているのでしょうか?紹介していきますので、転職の参考にしてください。

魅力①:お客さまから色々と学んで視野が広がる

営業職は、お客さまの課題解決に役立つ提案をすると、喜んでもらえます。そして、直接、感謝の言葉がもらえるます。

営業をしていないと、出会えないようなお客さまから色々と教わり、視野が広がるところが営業職の魅力と言えるでしょう。自分がいいと思うものなら、自信を持って薦められ、お客さまから色々学ぶべますよ。

魅力②:成果が数字で表れるので達成感を味わえる

営業職は、売上など、自分の成果が数字で表れます。なので、わかりやすく目標が明確になるでしょう。「初めはノルマが大変で怖い」と思っていても、成果が目に見えると達成感を味わえます。

そして、営業職は人を説得し、人を動かすという、重要な能力を、営業職で訓練できるわけです。将来のキャリアステップを考えると、営業職で学ぶものは実に大きいと思います。

転職して営業職で活躍するためには?

結果を出す事が好きな人は、営業職を選ぶ傾向があるようです。営業職は、ノルマの目標を達成すると、充実感を得られます。

では、充実感なんていらないから目標達成しなくて許してもらえるかと言うと、それは違います。繰り返しになりますが、営業マンは会社の利益をもたらす役割を担った大事なポジション。苦もあり楽もあり。営業職としてしっかりと活躍するために、必須のスキルを確認しておきましょう。

営業へ転職したら…①:顧客と早く深く信頼関係を構築

営業の方が身につけるべきスキルは、できる限りはやく相手との「信頼関係」を築く能力です。例えば、自分が営業される側になって考えてみましょう。

信頼関係を築くと、本当に求めているものについて遠慮なく教えてもらえます。次第に重要な情報も話してくれるようになり、その欲求にあわせて、製品やサービスの提案も行えば、商談がスムーズに進むようになります。
ちなみに、その時の信頼関係は深い方がいいのは言うまでもありませんね。おべんちゃらだけの信頼関係では、本当に知りたい情報が得られませんのでご注意を。

営業へ転職したら…②:お客様のニーズをスピーディに理解

営業職として、相手のニーズを引き出し、そのニーズにあったサービス・商品を提供しなくてはなりません。短い限られた時間の中の会話で、相手の求めているものを理解し、提案しましょう。

提案するには理解力、そしてスピードが求められます。また、担当している顧客の業界の最新情報はもちろん、社会・経済の動向を把握し、様々な切り口で対等に会話ができるだけの情報を持っている必要があります。
営業職はこれだけスピードが求められる職種。そのためPDCA(Plan=計画、Do=実行、Check=評価・確認、Action=改善)を素早く回す事が必須ですよ。

営業職は利益を生み出す唯一の部署なのでノルマが大変だが、自分を成長させてくれるのが魅力的!

営業職はノルマが大変な理由と、転職して活躍するためのスキルについて紹介しました。営業職の役割は、端的に言うと「売上をつくり出すこと」です。いくらノルマが大変でも、会社を支えているのは、営業職なのです。

とは言え、「人をもっとも成長させる職種は営業職だ」という言葉がある通り、社会人として、人として最も成長出来るのも営業だと言えます。今回紹介したスキルを参考に、転職を成功させましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム