2017年01月16日(月) 更新

仮病で風邪を理由に休む時のメールの送り方と文例

仮病で風邪を理由に休む時の連絡はメールで済ませていいのか?

勤怠報告の手段は言うまでもなく会社ごとによって異なりますが、最近では遅刻や欠勤など勤怠に関する報告を、すべてメールで済ませる会社も増えています。
勤怠報告の方法が曖昧な会社もあり、このタイプの会社の場合は電話とメールのどちらで仮病の風邪で休むと連絡を入れるべきでしょうか?

勤怠報告の方法がわからなければ電話で報告した方が確実

会社によってメールへの価値観は異なりますし、人によっても差があります。
特に古い考えの人は、メールでの「風邪で休む」という連絡にいい顔をしません。連絡はすべて電話でするべきと考えているのです。
反対に普段からメールで仕事内容をやり取りしているような会社であれば、遅刻や欠勤の連絡もメールで済ませる傾向があります。
勤怠報告は電話で行う会社の場合、風邪で休むと嘘の電話をする時に工夫しなければ、声で仮病だとばれる可能性が高くなります。風邪を理由にして仮病で休みたいときは、メールで連絡して仮病だとばれるリスクを減らしたいと考えると思います。ですが、勤怠報告の仕方、あるいは報告の仕方が曖昧な場合は、同じ会社の詳しい人に聞きましょう。
また、報告の方法が曖昧なら、メールではなく電話で行った方が確実だと思います。

仮病で休む時のメールの送り方で注意するべきことは?

勤怠報告の方法は会社によって異なりますが、最近はメールで行う企業も増えていますね。勤怠報告をメールで行う会社だと、電話とは違い、声から仮病だとばれないため休みやすいというメリットがあります。
さて、仮病で風邪を理由に休む時のメールの送り方で注意することとは何でしょうか?

仮病で休む時のメールの送り方①:始業時間までに送信する

仮病で風邪を言い訳にして休む時は、メールを送る時間に注意してください。始業時間を過ぎてからの勤怠報告は、報告をしたことにならないと考える会社もあるのです。そもそも始業開始後に欠勤のメールを送るのは非常識です。やむを得ず始業時間後に勤怠報告のメールを送る時は、可能な限り早く送りましょう。

始業開始後に仮病で欠勤するためのメールを送る時のデメリットは、メールを見た会社側から「寝坊して出勤するのが面倒になったから仮病で休む気だな」と思われる可能性があることです。
仮病だとバレないようにするためにも、欠勤のメールは始業時間までに送信しましょう。

仮病で休む時のメールの送り方②:文面にはクッション言葉を使う

クッション言葉は仮病で欠勤するときにも有効です。
メールの文面に「お忙しいところ誠に恐縮ですが~」「ご迷惑おかけして申し訳ありませんが~」「お手数をかけてして恐縮ですが~」など、一言添えるだけで丁寧な印象になります。
急な休みをお願いするのですから、申し訳ない気持ちが伝わるような文面を心がけましょう。

仮病で風邪を理由に休む時に使えるメールのテンプレ紹介

最後に、仮病で風邪を理由に休む時に使えるメールのテンプレをご紹介しましょう。ぜひ参考にしてください。
メールの文面はできるだけ簡潔にすることを心がけてください。どういう理由で、会社には遅刻するのか欠勤するのかを明確に書きましょう。欠勤を報告するメールですから、長々と書く必要はありません。

仮病で風邪を理由に休む時のメールテンプレ

【例文】

営業〇課 ××課長

おはようございます。□□係の△△です。

突然のことで恐縮ですが、昨夜から発熱と咳・鼻水の症状があり、今朝になっても治まりません。
インフルエンザではなく風邪と思われますが、本日はお休みを頂きたいと思います。

ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ありません。

(署名)

仮病で風邪を理由に休む時はメールを始業時間前に送り丁寧な文面を心がける

仮病で風邪を理由に休む時のメールの送り方と文例について説明してきました。
仮病で休むことはいいことではありません。しかし、仮病で休みたくなるときは誰にでもあることです。どうしても仮病で休みたくなったら、極力誰にも迷惑がかからないタイミングで休みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム