2018年01月30日(火) 更新

ぎっくり腰を仮病理由に仕事を休む際の注意点3つ

注意点①ぎっくり腰になった理由を周到に準備する

ぎっくり腰を理由を説明できるようにしておく

ぎっくり腰を理由に仮病を使って会社を休む場合に、まず必要な準備とは何でしょうか?仮病で仕事を休むからこそ、ぎっくり腰となった経緯を整理しておきましょう。

何をしている時にぎっくり腰になってしまったのか、どんな状態だったのかなど、仕事場でまわりから聞かれた際に迅速に説明できるようにしておくのです。

仮病とはいえ会社を休むと報告した際に、上司に仕事を休む理由のぎっくり腰について詳しく聞かれる可能性もあります。ですから念には念をということで、この辺りはしっかりと理由を伝えらえるようにしておかなければいけません。

会社からぎっくり腰の診断書を求められないような理由を用意

1番の注意点が、診断書を求められないような理由にしなければいけないことです。仮病で仕事を休むわけですから、病院に行った所で診断書など書いてもらえるわけがありません。数日寝ていれば治るくらいのぎっくり腰の要因を用意しておくようにしましょう。

注意点②会社を休む連絡をする際は意識しすぎない

たとえば、風邪を理由に仮病を使って会社を休む際にも同じことがいえるのですが、声のトーンをわざわざ変えて、体調の辛さをアピールしようとしてしまいがちです。

ですが、ぎっくり腰の場合は痛みはもちろん伴いますが、熱なども出なければ咳や声がかすれるなどの症状は出てきません。あまり意識し過ぎると、「この人は仮病を使っているからこんな声を出しているのでは?」と疑われてしまう可能性があります。

会社へ連絡を入れるときは落ち着いた声のトーンを意識

ただ、あまりにも元気すぎてもおかしく思われますから、会社へ落ち着いた声のトーンを意識しながら「本日は仕事をお休みします」と連絡を入れましょう。

仕事を休むことを会社へ報告する際には、「体調はすぐに回復する思うので、申し訳ないのですが、本日は仕事を休ませて下さい」と行って、本当は会社に行きたいけどいけないというようにアピールする事も忘れないようにしましょう。

注意点③仮病後の職場ではきびきび動かない

ぎっくり腰を理由に仮病で会社を休む場合、後のことにも注意しなければいけません。想像してみてください。あなたが本当にぎっくり腰が治ったと思った後、すぐに腰をいつも通りきびきび動かしたりできますか?多くの方は、またぎっくり腰になるのが怖くてそんなことはできないはずです。

落としたペンを拾うときなども腰を労わりながら

たとえば、デスクからボールペンを落としてしまったとき、本当にぎっくり腰の人は腰を曲げて取れるでしょうか?ぎっくり腰を理由に仮病で休んだあとは、腰の痛みを意識したような物の拾い方をするような姿を周囲に見せておきましょう。

少なくとも1週間くらいはそのような姿を周囲に見せておかないと、ぎっくり腰を理由に仮病で会社を休んだのではと思われてしまいます。

ぎっくり腰を理由に仮病で仕事を休むときは診断書が求められないような理由の準備を

仮病で仕事を休むときの理由に、ぎっくり腰を使う際の注意点として紹介してきました。まずは会社へ仕事を休む連絡を入れたときの声のトーンや、会社から「ぎっくり腰」であるとわかる診断書を用意してといわれないような説明を予め準備しておくよう注意しておきましょう。

そして仮病で仕事を休んだあと、会社へ出社した際には、周囲へ腰をかばっている仕草を見せておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム