2016年12月14日(水) 更新

メーカーの機械設計士に受かる志望動機の書き方

機械設計の志望動機を書く前にやっておくこと

志望動機を書く前に、この職種のことや企業のこと、自分のことを、改めてよく知っておく必要があります。

自分が企業のニーズにマッチしているか確認

求人内容をみれば、求められるスキル面のことはわかります。でも、それに加えて、企業にはそれぞれが求める人物像であったり、仕事観などがあります。専門技術系の職種の就職では、そこまで重視されないこともありますが、入社してから自分が苦しくなる、ということがないよう、スキル面以外の部分も確認しておきましょう。

自分のできること&やってきたことをまとめておく

機械設計の求人では、どのようなスキルや知識を持っているか、かならずチェックされます。

機械設計に受かる志望動機の書き方とは?

志望動機は「なぜ○○なのか?」と自分に常に問いかけながら書きましょう。その内容について面接で聞かれても、しっかりと答えられるような内容にしておきましょう。また、志望動機は誰がみても読みやすくなるよう工夫も必要です。

その企業の志望理由をしっかり固めておく

なぜ現職を辞めてまで、その企業への転職を志望したのか、という動機・きっかけはしっかり書き込みましょう。その企業に対して感じた魅力であったり、その企業でなければできないスキルアップであったり、相手を納得させられる理由を書き込むのです。ただ持っている自分の技術が活かせる、というだけの志望動機は絶対にやめましょう。

得意分野と方向性をしっかり盛り込む

機械設計に求人内容には、求められるスキルなどが多く記載されていています。だからと言って、最初にあなたの履歴書を見る人事部の社員は、機械設計の技術や知識、専門用語などに詳しいわけではありません。専門用語を多用しないように気を付けつつ、得意とする分野や進んでいきたい方向性をしっかり盛り込みましょう。

機械設計士がアピールすべき内容とは?

では、機械設計士として働く上でアピールすると良いポイントはどんなところでしょうか?志望動機を作成する上で、アピールポイントをおさえることは大事な要素になります。機械設計士を目指すのであれば、把握しておきましょう。

今後の目標や成し遂げたいことをアピール

コミュニケーション能力をアピール

技術設計だけでなく、技術系や専門職を志望する人の中には、他人がわずらわしく一人で作業をするのが好きだからその職種を選んだ、という人が一定数います。しかし、コミュニケーション能力がなければ、チームプレイを効率的におこなうことができません。企業にとってコミュニケーション能力がある人材はとても魅力的なのです。

機械設計士の志望動機の書き方は例を参考に熱意をアピール!

機械設計の求人は、求人内容に必要な経験やスキルががっちりと記載されていることがほとんどです。しかし、それを満たしているのは最低限のこと。採用を勝ち取るには、志望動機にもっといろいろなことを書き込まなければいけないようです。

なぜその企業なのか、どうキャリアアップし貢献していきたいのか、ということや、チームプレイを円滑におこなえるコミュニケーション能力の高さなどをしっかり盛り込んだ志望動機の書き方をしてくださいね!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム