2016年11月29日(火) 更新

ビジネスメールの挨拶マナーとフレーズ一覧【例文あり】

ビジネスメールにおける挨拶は「いつもお世話になっております」

ビジネスメールでは、特にかしこまった雰囲気を出したい時以外で「拝啓」や「敬具」といった頭語と結語は省くのマナーです。冒頭の挨拶としては、社外の人に向けては「いつもお世話になっております」という言葉が一般的で基本でもあります。

初めての相手は「この度はお世話になります」

但し、初めてビジネスメールを送る相手に「いつもお世話になっております」という書き出しをすると不適切です。そういった場合は「この度はお世話になります」「突然、メールをお送りして失礼いたします」「はじめまして」といった言葉を使うようにしましょう。そして必ず、どこでメールアドレスを知ったのかをきちんと書くようにしましょう。

電話の後の挨拶は「先ほどはお電話にて失礼いたしました」

ビジネスメールにおける挨拶の基本は「いつもお世話になっております」ですが、それが電話の後に送るメールとなると挨拶のマナーは違ってきます。そういった場合は、基本の挨拶の次に「先ほどはお電話にて失礼いたしました」という挨拶も入れてビジネスメールを始めるようにするのがマナーなのです。

電話の後に送るビジネスメールの例文

では実際に、電話の後に送るビジネスメールの例文を見ておきましょう。上で述べたように「先ほどはお電話にて失礼いたしました」という言葉を使うようにします。

○○○(会社名)
○○ ○○様(肩書きと名前)

いつもお世話になっております。
○○○の○○です。(自分の会社名と名前)

先ほどはお電話にて失礼いたしました。
表題の件について、下記の通りご連絡いたします。

~~~~中略~~~~

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともよろしくお願いいたします。

回りくどい時候の挨拶はビジネスメールに必要ない

ビジネスメールは、その名の通りあくまで仕事でのやりとりを目的としたメールです。そのため必要以上に丁寧な挨拶のメールや、相手を気遣うような内容はマナーとして必要ありません。ビジネスメールでは端的で分かりやすいものが好まれるので、親しみを込めた表現などは控えましょう。

ビジネスメールで使える挨拶の言葉一覧

それでは最後に、マナーとしてビジネスメールで使える挨拶の言葉について見ておきましょう。

■前のメールの伝えられなかった情報を伝える
→追伸です。
→先ほどの件の追加情報です。

■社内の人間など親しい人に出す場合
→お疲れ様です。

■短い期間に何度もメールする場合
→何度もすいません。
→たびたび失礼します。

■相手が朝に読むとわかっている場合
→おはようございます。

■しばらく連絡していない場合
→お久しぶりです。
→ご無沙汰しております。

ビジネスメールは場面によって挨拶の言葉を変えるのが正しいマナー

今回はビジネスメールにおける正しい挨拶マナーについて見てきました。最近は、ビジネスシーンでもメールでのやりとりをする機会が非常に増えました。特に文頭にくる挨拶については、そのメールの印象を決める大切な部分なのでしっかりとマナーを弁えましょう。例え顔を合わせていないとはいえ、挨拶は人と応対する時の基本のマナーです。ビジネスメールにおいても挨拶をおざなりにしないように気を付けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム