2017年01月16日(月) 更新

30歳を過ぎてからの再就職に役立つスキル・資格

30代での再就職の現状

30歳、30代で転職、再就職を考える人や実行に移す人は意外と少なくありません。

一般的には30歳を超えると即戦力が求められます。企業が育成を前提として未経験で採用するのなら、体力的にも能力(区奥力など)的にもより成長が期待できる20代、特に26歳くらいまでの若手を希望します。

なお、業界や業種毎にボーダーとなる年齢は大きく差が出ます。例えば清掃事業を営む企業であれば、40代でも正社員として採用してくれる企業はあります。不動産の中でも賃貸の仲介であれば比較的に未経験でも採用される可能性はあります。

このように30代での転職や再就職は、即戦力として採用したいという企業側の思惑から、資格よりもこれまでの経験の方が重視されます。

30歳以上で再就職する場合、有利になる資格

30歳以上の再就職となると「経験者優遇」というのが求人の条件になっていたり、有利に働く場合の方が多いようです。しかし、再就職で新しい業界に飛び込もう!と思っている場合には、資格を取得しておく方が少しでも再就職成功率をアップさせることができるでしょう。また希少価値が高い資格を取得できるようならば、ポイントが高いと言えます。

ここでは一例としてITエンジニアの就活の現状をお伝えします。意外かもしれませんがIT業界は30歳を過ぎていても未経験で正社員として就職することが可能です。ITエンジニアは大きく分けて次の3つに分けることができます。


  • 開発系

  • インフラ系

  • その他


この中でもインフラ系の資格(ネットワークやサーバの資格)は未経験でIT業界への就職を希望する場合に効力を発揮します。その理由はインフラ系の資格試験を取得をしていると「なにができるか」が明確だからです。(詳細は割愛します)
それに対して開発系(プログラミングなど)は資格を保有しているからといってもプログラミングができるとは限らないため、あまり資格の効果がありません。

一般的には中小企業だとインフラ系の資格所持者で32歳が採用のボーダーと言われており「36歳で就職することができた」という方も少なくありません。ただその場合は初級資格の他に中級資格まで取得しておく方が良いようです。

30歳以上の再就職を成功させるための心得

知っていると知らないとでは大違いになるようなことを紹介します。30歳以上では公務員にはなれない?年齢不問だったら採用される可能性がある?など、求人情報をきちんと見て、裏技のような知識を持っておくことで、可能性は広がるでしょう。そして就職の可能性が高い業界がわかったら何かしら資格を取得し面接に臨むようにしましょう。20代の若者とは状況が異なりますので、若者よりも知識をつけた上で応募をすることがマナーです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム