2016年11月29日(火) 更新

退職の理由で上司や同僚を納得させられる方法

上司や同僚を納得させて退職するために注意すべきポイントとは…

上司や同僚を納得させて退職するために注意すべきポイントについて紹介します。
上司や同僚に納得してもらいながら退職するには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

退職するまでは現職を最優先に考える

上司や同僚に納得してもらうためには、まず現職の仕事が疎かにならないことが何より大事です。
就職活動や転職先のことばかり考えていては、「どうせ、この仕事が嫌になったんでしょ!」と思われかねません。お金をもらっている以上、まずは現職が最優先なのは当然です。
心ここにあらず、といった態度で会社やチームに迷惑をかけないよう注意しましょう。

退職理由で現職でもいいのでは?と思われる理由は避ける

転職するときに、「○○な仕事がしたい」からそのためには「△△ができる会社に行きたい」と伝えた場合、「うちでもできるじゃん!」と思われては逃げ道がなくなってしまいます。
また、給料や人間関係などちょっとした不満を理由に挙げたとしても、その不満を改善する方向で考える、と言われれば退職理由がなくなってしましいます。
現職では不可能な理由を選ぶことが大切です。

退職理由で上司や同僚を納得させるための具体的な対策とは?

会社を辞める時の理由は、転職、今の会社への不満、家庭の事情などいろいろあると思いますが、いずれにしても円満退社するためにおさえておくポイントがあります。
上司や同僚に納得してもらうため、きちんとおさえておきましょう。

上司のタイプに合わせた退職理由や説得方法を考える

まずは、上司のタイプによって、退職理由や説得する方法も工夫する事を試してみてください。
例えば、理解ある上司なら、「他の仕事に興味がある」とか「大学院に言って勉強したい」といった理由であっても正直に話せば納得してくれるでしょう。
しかし、説教じみた上司の場合はこのような理由を述べたところで、「世の中そんなに甘くない!」と一蹴されてしまうのがオチです。
この場合は、家庭の事情などやむを得ない理由で説得したほうが得策でしょう。

退職は余裕をもって伝えるほうがスムーズ

退職は余裕をもって伝えるほうがスムーズに、退職できます。
就業規則などで事前に「希望退職は○ヶ月前までに申し出る」などの規定もチェックした上で、直属の上司には早めに退職意思を伝えるのをお勧めします。
必ず一度は引き止められるという事を考慮した上で余裕のあるスケジュールを組み、対応した方が、上司や同僚にとっても自分にとっても良いでしょう。
心にも余裕ができ、反対されてもゆっくり説得していこう、くらいのゆとりが出るはずです。

退職理由で上司や同僚を納得させて退職する際のコツ

今までお世話になった会社を辞めるなら、どんな理由で辞めるとしてもケンカ別れよりは相手を納得させて円満退職したいですよね。
ここではそのコツについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

退職理由は個人的な理由がベター

退職理由は「個人的な理由」とするのが円満退社のコツです。
実際は、職場や人間関係に対して何らかの不満があるため、というのが正直なところだと思うが、辞めるからといって不満をすべて話してしまっても、お互い嫌な気持ちになるだけです。
「不満を改善してくれるなら残る!」というのであれば、一度不満を相談してみてもいいかとはおもいますが、円満退職を望むなら退職理由として不満を伝えるのは避けましょう。

退職願は必ず提出しておこう

民法や就業規則がどうであっても、退職願を提出するのが無難です。
自主退社の場合は意思表示のみでも退職の効果はありますが、これは会社の事情を考慮しない辞め方と言えます。
会社側の意向を確認し、相談してから退職日を決めるといった手順を踏み、お互いが納得した状態で退職する場合には退職願を必ず提出するようにしましょう。

上司や同僚を納得させられる退職理由やコツをしっかりおさえれば円満退職できるはず

いかがでしたでしょうか?参考になりましたか?
今回は、退職の理由で上司や同僚を納得させられる方法について紹介してきました。
退職をする際は上司や同僚を納得させてできるだけ、円満退職にしたいものです。相手を納得させずにケンカ別れのような形となれば、転職の際にマイナスになり兼ねませんので、今回紹介したポイントを参考に退職を申し出てみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム