2016年12月07日(水) 更新

ケアマネジャー資格のためのオススメ参考書

ケアマネージャーの仕事とは

少子高齢化の時代が続く中で、介護関係の需要は高まってきています。その中で注目の資格と言われているのが、ケアマネージャーの仕事です。介護支援専門員との呼称も使われています。

仕事内容としては、介護を必要としている人の相談に乗ったり、必要なサービスを検討したり、他の介護サービス事業者と連携したりと、その業務は多岐にわたります。

ケアマネージャーの資格取得

介護系の仕事は今後ますます需要が高まると言われています。ケアマネージャーの試験は毎年行われていますが、その受験者数と合格率を見ていきましょう。

■平成23年度ケアマネ試験
受験者数:145,529人
合格者数:22,332人
合格率:15.35%

■平成24年度ケアマネ試験
受験者数:146,586人
合格者数:27,905人
合格率:19.04%

■平成25年度ケアマネ試験
受験者数:144,397人
合格者数:22,322人
合格率:15.46%

■平成26年度ケアマネ試験
受験者数:174,974人
合格者数:33,535人
合格率:19.16%

■平成27年度ケアマネ試験
受験者数:134,539人
合格者数:20,294人
合格率:15.55%

上記の表を見てお解りの通り、年度によってばらつきがあるものの、ここ数年は15%~20%の合格率となっています。

【参考】
ケアマネ試験・合格率・合格発表(データ)

ケアマネジャー資格のための参考書

では、実際に合格を目指す人におすすめの参考書を紹介します。ここで注意しなければいけないのは「必ず最新版を買う」ということです。ネット上や古本屋などでは、最新でないものを販売しているケースもありますので、充分に気をつけましょう。

◆ケアマネジャー基本問題集 上巻・下巻
◆ケアマネジャー試験過去問一問一答パーフェクトガイド
◆クイズで覚える ケアマネジャー試験

参考書に関しては、一冊買ってそれを反復するよりも、複数買ってまんべんなく勉強をする方が確実です。少しでも可能性を上げる努力を積み重ねましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム