2017年06月27日(火) 更新

突発的に会社を休む場合の休暇の理由

突発的な休みたいという気持ちに答えを出そう!

朝起きて、突発的に「休みたい」と思ってしまったら、もう体は動きませんよね。「今から会社に向かったところでもはや大遅刻だし、でも突発的に休むなんて会社に悪いなぁ」いろんな葛藤が頭の中にあると思います。突発的な感情が出てきたら、一度、周囲への影響や突発的な気持ちの理由などを考えて、葛藤に答えを出すことを最優先としましょう。

葛藤の結果、休むと決めたら理由を考える

突発的に休む社員がいたら、業務に影響が出るものです。でも葛藤のうえに休むと決めたのであれば、必要な業務はメールで引き継いでおこう。迷惑をかける同僚には、後で謝るしかないな。別日に埋め合わせをすればいい。とそうやってひとつひとつ頭の中で解決を試みて、それでも「休む」意思が揺らがなかったのなら、気持ちをすっぱり切り替えて休むための理由を考えましょう。

休む理由を伝える際はタイミングを計って簡潔に

休むと決めたのであれば、早目に行動をおこしましょう。会社に休む理由を報告する際にはタイミングも大事です。突発的に休むと言われるだけで、会社にとっては迷惑です。そのうえ連絡が遅くては、職場の人たちの不快感を増長させてしまいます。休む理由を考えすぎて、連絡が遅くなれば、そのぶん印象を悪くするという事を念頭に置いて、休む理由は潔く決めてしまうのが一番です。

休む連絡は上司の出社時間にするのがベスト

会社を休む理由を伝えるのに、最も良いと言われているのは、「上司が会社に着いたタイミング」です。このタイミングであれば、相手への配慮も感じられ、説得力があり、急遽の欠員で会社をバタバタさせる負担も最小限に留めることができます。

休む理由は簡潔に伝える

また、欠勤理由を電話で告げるには、簡潔に要点を押さえて行うのが最善の方法です。だらだらと余計なことを言う必要はありません。大切なことは「今日は休ませてください」という簡潔な言葉の中に、「みなさんに迷惑をかけるのはわかっていますが」というニュアンスを含んでおくことです。「引き継ぎは後程メールで送ります」など、電話での欠勤報告は最低限の通達だけでOKです。

突発的に休むための理由

突発的に休むと決めたら、突発的に休むための理由を考えましょう。
突発的に休むことができる理由といえば、病気です。仮病を使う際は1日休む時、出勤できないほどの病状、1日で治っても怪しまれない病気であることがポイントです。

使いやすさ+高い説得力『発熱』

仮病として使いやすく、なおかつ優秀な理由でもあるのが「発熱」です。突発的に発熱したとしてもなんら不思議なことはなく、使い方次第で短期欠勤・長期欠勤どちらにでも使いまわすことができます。また、風邪やインフルエンザなどへの発展もしやすいので、無難に仮病を使おうと思ったらまずは発熱をお勧めします。少し変化球な使い方として、「注射をした翌日」などは使いどころです。健康診断やワクチンを打った日などですね。

『歯痛』は疑われやすい

疑われやすい反面、妙なリアリティを持った仮病方法です。歯痛のつらさを知っている人にしか説得力がありませんが、我慢できないほどの痛みが襲う場合の歯痛だってあるのです。「そんな理由で?」と勘繰られてしまうケースが多いので、あまりお勧めはしません。
稀に、「明日診断書を持ってきて」と言われることもあるので、なかなか使いどころの難しい仮病方法でしょう。ちなみに、2日以上の欠勤に使うことはできません。

腹痛・吐き気

程度にもよりますが、メジャーな仮病の方法に『腹痛』があります。立ち上がることもままならないほどの症状もあり、ヘタしたら「盲腸」などの可能性も示唆することのできる、発熱と同様に万能な仮病理由です。
また、『吐き気』は職場への迷惑を考えた上で休むことができる”合理的”な面を持っています。ノロなどの可能性もあるので、リスクを考えたら休ませてくれるでしょう。

突発的に会社を休むには理由を考えタイミングよく連絡しよう

突発的に会社を休みたくなった時は、まず「本当に休んでいいのかどうか」の葛藤に答えを出しましょう。それでも休むと決めたのなら、休む理由をしっかりと決め、程よいタイミングで会社に欠勤報告をするようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム