2016年11月29日(火) 更新

仮病が会社にバレない欠勤メールの書き方3つ【例文あり】

そもそも、欠勤の連絡はメールで大丈夫なのでしょうか!?

一昔前のビジネスシーンでは、メール自体がなかったり、その名残でメールでの報告では失礼なんて話もありましたが、現代のビジネスシーンでは、メールというツールは仕事をする上で必須になっています。欠勤する場合でも、メールの報告で大丈夫なのでしょうか。そこのところについて調べてみました。

欠勤の連絡は電話でするのが当然のマナー

会社を欠勤する時の連絡方法として一番最適な方法はやはり電話での連絡です。メールでの連絡だと相手にいつ見てもらえるかわからないので見てほしい時に見てもらえない可能性があります。ですが、電話での連絡であれば、会社の誰かに直接伝えられるので、今も欠勤の連絡方法の基本となっています。

会社によってはメールでの連絡がOKなところもある

欠勤の連絡は電話連絡が基本ですが、現代のビジネスシーンの影響からかメールでの連絡を推奨している会社も多いようです。また今後のビジネスシーンを考えるとメールで連絡するというのが主流になりそうな気もしますよね。まずは会社でどんな対応をしているか確認するとよさそうです。

仮病で欠勤の連絡メールで気をつけるポイントは何!?

仮病で欠勤の連絡メールをする際に、気をつけておきたいポイントとはどんなところなのでしょうか!?また、そのときのビジネスマナーとは!?まずは、そこをしっかり押さえておきましょう。

失敗しない仮病の連絡メール➀出勤1時間前に伝える

もし仮病で会社を休みたいと思った時、後ろめたさから連絡が遅くなってしまいがちです。ですが、連絡は遅くなれば遅くなるほど、周りから仮病で休むと思われる可能性が高くなるものです。仮病で連絡メールをする場合、出勤時間の1時間前には伝えるようにしましょう。

仮病の連絡は時間に余裕をもって連絡するぐらいがちょうどいいのです。出勤時間ギリギリの連絡も避けるべきです。出勤時間を過ぎてからの連絡は連絡をしたうちに入らないと見る人もいますので、連絡するのであれば必ず始業時間前に連絡をしましょう。

失敗しない仮病の連絡メール②クッション言葉は必須!!

仮病の連絡をする時こそ文末のクッション言葉が大切になります。クッション言葉とは、相手に対する気遣いの言葉です。やむを得ず会社を休む場合にしても、周りに迷惑をかけてしまうのは避けられないもの。仮病で休むとしても休み自体は同じですので、相手への気遣いを言葉で伝えるのはマナーです。

「お忙しいところ誠に恐縮ですが~」「ご迷惑をおかけして誠にもうしわけありませんが~」「お手数をおかけして恐縮ですが~」といった言葉を添えると欠勤のお願いが一方的で強引な印象がなくなり、快く受け入れられやすくなります。

失敗しない仮病の連絡メール③仮病の理由は考えすぎず簡潔に

仮病で会社を休むとなると、どんな理由を使えばいいのか考えすぎてしまって、つい余計な話まで入れがちです。仮病で休むとなった場合は、あまり理由を考えすぎないようにするのも大事なポイントです。自分が体調不良で休むとなった状況を考えてみてください。その状況を簡潔に伝えているはずです。仮病の時も理由は考えすぎに簡潔に伝えると仮病と思われずに理由を伝えられますよ。

メールで欠勤を伝えるテンプレートを紹介します

それでは、最後に実際に仮病とはバレずに使用できそうなメールのテンプレートを紹介しますので、メールを作成するときには、是非、参考にしてみてください。

テンプレート➀理由を簡潔に伝える

本日、体調不良のため休暇にさせてください。
始業時間になれば電話にて連絡させていただきます。

テンプレート②症状を伝える

営業1課 ○○課長

おはようございます。○○です。
突然のお話で恐縮ですが、昨夜来の発熱と咳・鼻水が今朝になっても治まりません。
インフルエンザではなく風邪と思われますが、本日はお休みさせてください。
ご迷惑をお掛けしまして本当に申し訳ありません。

テンプレート③シフト変更願いの場合

件名:(シフト変更願/シフト変更申請/シフト変更許可願)

○○(店長/主任/工場長/班長/グループリーダー)殿

お疲れ様です。
○○部アルバイトの○○です。
シフト変更のお願いです。

(私用/部の合宿/期末試験/帰省/○○)の為、
○月○日にシフト変更をいたしたく、(お伺い申し上げ/申請いたし)ます。

ご許可の程よろしくお願いいたします。

仮病する場合、連絡メールのテンプレートを参考にマナーを心得てすべし!!

いかがでしたでしょうか!?どうしても気分が乗らなくて会社に行きたくないときは、誰でもあると思います。そんなときに、気分がしっかりリフレッシュされて、また仕事に対して意欲が持てるなら、仮病という手段を使って休むのも大事なのではないでしょうか。※もちろん、休み続けるというのは良くないと思いますよ!!

そんな時にでも仕事に支障がないようマナーを守った連絡は、ビジネスシーンで最も大切なものなので、キチンと連絡できるようにしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム