2016年11月29日(火) 更新

大人数での飲み会が苦手でも上手く切り抜ける対策法

大人数の飲み会が苦手な人がすべきことは?

集団の飲み会で、気をつけておいたほうがいいことは何でしょうか!?まずはそこを、抑えておくことが大事なことです。集団での飲み会がつまらなく感じる方ももちろんいると思いますが、上記で紹介したように飲み会とは社会人にとってとても大事な場となるものですので、そのことを踏まて飲み会に参加すると、少し考え方も変わると思います。

その場の空気に身を任せる

大人数の飲み会が苦手な人が知る必要があるのは空気を読むというスキルです。大人数であっても人の動きや流れをよく観察して、幾つかの渦を確認し、自分のいる渦の流れに溶け込みつつ、良いところに自分をもっていくのです。自分から動かなくても流れがあるのでそれに乗れば良いのです。それが空気を読むということです。

相手の話を聞いて自分の意見を言う

相手に合わせて動きましょう。相手の話を深く理解し、その上で自分の意見を言えば親近感も強まるでしょう。そんなものなのです。あなたの知識や付き合う人の幅も広がるはずです。それにつれてキャパも増えて人間性も豊かになっていくことでしょう。

大人数の飲み会でやっていけないことは?

飲み会に参加したく気持ちがあったとしても、会社での飲み会では参加しなければならない状況もあると思います。
その際、大人数での飲み会が苦手だからといっても、やってはいけない振る舞いはあります。あまり人の目を気にせずに、飲み会は楽しめるのが一番いいのですが、マナーもありますので、気を付けていきましょう。

周りから見て「楽しくなさそう」は飲み会でNG

周りから見て楽しくなさそうだなと思われるような振る舞いはNGです。
大人数の飲み会が苦手なのに来させられたら、楽しくないのは当然です。しかしだからと言ってつまらなそうにしていい理由にはなりません。好みの生徒とそうでない生徒で態度を分けていいのか?良くないでしょう。笑顔で「参加させて頂きありがとうございます」という態度が最低限の礼儀です。

無礼講だからと横柄な口を利くことを飲み会でもしないように

上司や先輩が「会社じゃないから堅苦しい言葉は使わなくてもいい」と言っても、いきなりタメ口になったり横柄な口を利くのは論外です。無礼講でも上司や先輩に対して最低限の礼節を守る必要があります。

飲み会で携帯やスマホをいじり続ける

ここは簡潔に述べましょう。大人数の飲み会が苦手だとしても、延々と携帯やスマホをいじっているのはマナー違反です。どの人からみても悪い印象になってしまうので、絶対に避けましょう。

下戸で飲み会が楽しめない人はどうすべきなの?

お酒が飲めないために「飲み会が苦手だ」という方もいるでしょう。そういう方は飲み会の席でどう振る舞えば良いのでしょうか?

飲み会で飲めないだけはNG!!理由を”残念そうに”話す

飲み会が苦手な理由にお酒が飲めないからという人もいると思います。無理やり飲めば当然楽しくなんかないでしょう。

お酒が飲めない方はソフトドリンクを飲みましょう。その際「飲まないの?」と聞かれたら”残念そうに”「体質的にアルコールを受け付けないんです。飲めたらもっと楽しいんでしょうが…」と言いましょう。大抵は「じゃあ代わりに食べなよ!」と返してくれます。

飲ませ上手と聞き上手になれば苦手でも切り抜けられる

飲んでいる人のテンションに合わせるのは大変ですが、笑顔と相槌で乗り切りましょう。ポイントは飲ませ上手と聞き上手です。

大人数の飲み会を楽しむためには?

世の中には、ビジネスシーンでよくある、大人数の飲み会を楽しむためにはどうすればいいのか?
悩んでいる人も多いはず。集団での飲み会がつまらないと思う人や苦手な人への対処法はあるのでしょうか!?そこのところについて調べましたので、見ていきましょう。

飲み会の中心になりそうな人の情報を掴んでおく

飲み会の中心になりそうな人の情報を掴んで、その人の話題で盛り上がりましょう。有名人の話は、必ずしも全員にウケルとは限らないので、飲み会の場にいる仲間にしましょう。話題を2,3提供したら、大勢の飲み会が苦手とはいえ、ある程度の貢献はしたと言えるでしょう。あとはひっそり飲むのも良いです。

役者になった気分で「飲み会が好きな自分」を演出!

大人数や大勢の飲み会が苦手だとしても参加する以上は役者になった気分で、「自分は飲み会が好きなんだ」と思い込むのはどうでしょうか。嫌いな上司や同僚がいたとしても、その場では仮面を付けて、違う自分を演じられれば、大人数や大勢の飲み会を楽しめるかもしれません。

大人数の飲み会が苦手な人もはた目には楽しそうにしよう!

今回は、大人数での飲み会が苦手な人のための対策法について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?
大人数・大勢・集団の飲み会が、苦手な人も傍目には楽しそうにしましょう。

社会人のおいて必ずあると言っていい、集団での飲み会苦手な方にとってみれば、こんなに苛酷なことはないと思います。ビジネスシーンにおいては大事な行事でもありますので、以上のようなことを参考にして乗り切れるよう努めていくことも社会人として大切な事ですので、頑張っていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム