2016年12月05日(月) 更新

会社の飲み会が嫌いな人が試すべき対処法【理由別】

飲み会に意味はあるのか?

飲み会が嫌い、飲み会が苦痛という方は、決して少なくないようです。職場の半数以上が、「飲み会が苦痛」と感じているというケースもあります。それなら飲み会自体やらなければ、と思ってしまいますが、それでも飲み会は定期的に開催されます。それにはどんな意味があるのでしょうか。まずは飲み会の意義をみていきましょう。

「同僚との親睦を深める場」にはならないケースも

会社の飲み会の意味として真っ先に挙げられるのは「同僚との親睦を深める」というものです。職場以外の場所で、仕事仲間とテーブルを囲みながらコミュニケーションすることで交流し、職場内の信頼関係を構築し、コミュニケーションを円滑にしようとするものです。

しかし、こういった飲み会の意味には近年疑問が持たれているようです。「信頼関係の構築は職場でやるべき」「飲み会で主に交流するのは、普段からコミュニケーションしている相手がほとんど」といった意見です。

普段話せない上司と話すチャンスと考えよう

では飲み会の意味は何かというと、普段よりも上司の深い話が聞けたり、職場ではあまりか関わりのない人と話すことができることだ、という意見があるようです。飲み会という場の雰囲気の力を借りて、いつもなら言えない意見を上司に聞いてもらうこともできます。飲み会に、このような意味を見出している方も多いようです。また、話の内容だけでなく、そういう機会を通じて上司に自分を理解してもらう、覚えてもらうというだけでも、仕事においては価値があります。

しかし、飲み会での会話が疲れる、お酒が苦手、大人数で喋る場が苦手、といった理由で飲み会が苦痛だと感じている方にとっては、飲み会はメリットを感じられる場ではありません。では、飲み会ではどのように振る舞えば、嫌な飲み会をやりすごせるでしょうか。飲み会が苦手な理由別にご紹介します。

対処法①:「会話が疲れる」という理由で飲み会が嫌いな人の場合

「お酒は好きだし、仲間と一緒の飲み会は大好き。だけど、会社の飲み会は苦手だし嫌だ」と、思う人は少なくありません。「気心の知れた友人との飲み会は楽しい。しかし、会社の飲み会は気を使って疲れるし、上司から仕事の話をされると苦痛に感じるから嫌い」という場合は、いったいどうしたらいいのでしょうか?

同じテンションの人を探してみる

会社の飲み会は嫌いだけど、しょうがなく参加する事になった人が中にはいるはずです。テンションが低い人に話しかけてみると、案外会社の飲み会が苦痛だと感じて嫌だと思っているかもしれません。

会社の飲み会は仕事だと割り切ろう

会社は、人間関係が土台になっています。嫌いだからと言って、完全に会社の飲み会の出席を拒否していると、上司や同僚たちから、冷たい目で見られやすくなります。いくら会社の飲み会が嫌だとはいえ、仕事上の付き合いとして、たまには顔を出しておく方がいいのでしょう。

せめて新年会や忘年会、歓迎会や送別会くらいは出席した方が、上司や同僚から見る目も変わります。会社の飲み会がどうしても嫌いな人は、仕事だと割り切りましょう。仕事と考えれば、嫌だと思っていても腹をくくって参加できるはずです。

好きなお酒を飲む事に専念する

会社の飲み会が嫌いでも、お酒が好きであれば、好きなお酒を飲む事に専念するという事も良い方法だと思います。無礼にならない程度に、話に相槌をうち「話を聞いていますよ」という雰囲気を出しておきながらお酒を飲むことに集中しましょう。酔いが回って来れば、多少の苦痛も和らぐかもしれませんよ。

対処法②:「お酒が苦手で飲めない」という理由で飲み会が嫌いな人の場合

「お酒が苦手」あるいは「お酒が飲めない」ために、会社の飲み会が嫌いな方も中にはいると思います。このタイプの方にとって、会社の飲み会が嫌いなのは当然と言っていいでしょう。「お酒は飲めないけど、会社の飲み会は好き」といったパターンの方もいますが、それはあくまでも少数派です。

お酒が好きでない人が、会社の飲み会、特に仕事の延長のような飲み会を苦手と感じるのは仕方ないと思います。しかし、社会人にとってどうしても出席しなければならない会社の飲み会はというものもあります。その場合、苦手なお酒の時間をどう過ごしたらいいのでしょうか。

お酒ではなく、食事に夢中になってみよう

「お酒が苦手・飲めない」理由から会社の飲み会が嫌いな人は、居酒屋などに行く機会も少ないかと思います。居酒屋には、普通のレストランなどでは食べれない、変わった料理も豊富にあるので、お酒を飲めない分、食事を楽しむようにしてみる事で、会社での飲み会を楽しめます。

普段お酒を飲まないのに割り勘にされる事を不満に思っていても、これなら気持ちよく割り勘できるかと思いますので、思い切って色々頼んでみてはいかがでしょう。

盛り上げ役に徹するという方法もある

もし、お酒が飲めないから飲み会は苦痛だけど、複数人で盛り上がるのは好きなのであれば、自分はお酒を飲まずに、飲み会の盛り上げ役や世話役に徹するという方法もあります。話題を投入したり、周囲の人にお酒を注ぐだけでなく、テーブルを整理したり、注文を集めたりと動いていれば、お酒に手を付けていなくても不自然ではありません。気配りのきく人ということで、むしろ評価があがることもあるでしょう。

「お酒が飲めない」と先に宣言してしまう

まず、お酒が飲めない方は「お酒が飲めません」と先に宣言した方がいいでしょう。お酒が合わないのは体質ですし、万が一無理をして、倒れたりしても良くありません。
万が一それでも難しい場合は、グラスに口をつける振りをするなど、飲んでいる雰囲気の演出だけでもいいのです。ほとんどの方が酔っていますので、飲んでるか飲んでいないかは気がつかないでしょう。

対処法③:「複数人との会話が苦手」という理由で飲み会が嫌いな人の場合

会社での飲み会が嫌いという以前に「そもそも人と会話する事が苦手」で、「飲み会の席であろうがなかろうが、複数での会社の人と会話するシーンが嫌い」といったタイプの方もいると思います。 こういった方の場合は、どうすればいいのでしょうか?

深く考えない!開き直ってその場を楽しむべき

深く考えすぎないといった事も重要です。会社での飲み会では、意味のない事で盛り上がったりもしますので、考えすぎても楽しめる時間を無駄にしてしまっているだけなのです。

少しくらい開き直って、その場を楽しむ事を意識して参加してみましょう!

気の合う人の近くに座る

飲み会でのコミュニケーションは、座る位置関係に大きく左右されます。複数人でのコミュニケーションが苦手な人は、とくに座席に注意してみるとよいでしょう。普段あまり話さない人のグループと同卓してしまうと、会話の輪の中に入っていくのはなかなか難しいものです。ですから、できる限り普段から仲の良い、気の合う人の近くに座れるように、お店に入った段階から意識してみましょう。

どうしても飲み会が苦痛なときに!欠席する方法2つ

飲み会が苦手な人へ、その理由別に飲み会での対処法をご紹介しました。しかし、そもそも飲み会の場に出席したくないという人も多いでしょう。先にもご紹介した通り、可能な限り飲み会には参加しておいたいものです。しかし、どうしても今回だけはだめだ、という方は以下の方法を試してみてください。

1回だけ断りたいときは家族を理由にする

今回限りは嫌な飲み会への参加を断りたいときは、何か納得してもらえる理由が必要です。明らかに嘘であると、印象は悪くなってしまいますが、そんなときにおすすめの理由は「家族」です。家族が体調を崩しているから様子を見に行かねばならない、とか、田舎から家族がきているから迎えに行かなければならない、といったものです。

個人的な理由ならば「なんとかできる」と思われてしまうかもしれませんが、家族という大切にすべきものが理由になることで、周囲も納得してくれます。ただ、この言い訳は複数回使うと真実味がなくなりますから、1回きりにしておきましょう。

可能な限りどんな飲み会も出たくないときは「はっきり断る」

一回きりではなく、どんな飲み会も可能な限り出たくない、という人もいるかもしれません。しかし、いくら飲み会が苦痛でも毎回何かの理由をつけて断るのは無理があるでしょう。むしろはっきりと断って、「飲み会にはいかない人である」と周囲に認識してもらう方が楽かもしれません。

しかし、はっきり断るにしても、申し訳ないという気持ち、誘ってくれてありがとうという気持ちは伝えるようにしましょう。

飲み会が苦痛で出たくないなら職場での働きぶりでアピール

はじめにご紹介した通り、飲み会は上司などとコミュニケーションする場です。また、現実はどうあれ、「飲み会は信頼関係を構築する場である」と考えている人はまだまだいます。そんな中で、飲み会にほとんど出ない人として社内でやっていくためには、職場での働きぶりでアピールしていく必要があるでしょう。

単に仕事ができるかだけではなく、職場内で上司も含めて円滑にコミュニケーションが取れていることが重要です。飲み会にでないことによって孤立してしまわないよう、職場では普段から会話をするようにしておきましょう。

会社の飲み会が苦痛で嫌いな人は「仕事」と割り切った気持ちを持つことも大切!

会社の飲み会が苦痛で嫌いな人は、その飲み会を完全にパスする事ができない以上、嫌いな気持ちを変える意識を持ち、少しでも精神的な負担を軽減する必要があります。

飲み会が苦痛だという気持ちもわかりますが、飲み会の根本にあるものをしっかり理解しておく事も重要です。「社員のチームワークを深めるため、上司と交流するために行われている、仕事のようなもの」と割り切る意識を持つようにすれば、苦手な気持ちも和らぐかもしれません。飲み会が苦痛だという人は、ぜひ試してみてください。

関連コラム