2016年11月29日(火) 更新

残業をしない人とする人の差

残業をしない人はワークライフバランスの重要性を知っている

残業をする人の理由はさまざまですが、突発的な残業や繁忙期といった仕方のない残業ではなく、日常的に残業をする人は心身ともに少しずつ疲れがたまり、健康を損ねるリスクが高くなります。定年制がなくなりつつある現在では、健康に長く働けるように心身を維持する必要が高まっています。

長く働くためには適切な仕事量と勤務時間であることが大事

残業をしない人、つまり定時で仕事を終わらせる人は、長く働くためには適切な仕事量と勤務時間であることが大事だと知っているのです。
もちろん残業をする人でも、そんな事はわかっているという人もいるでしょう。では残業をする人はどうして定時で仕事を終わらせられないのでしょうか。残業をしない人との差は仕事の仕方にあるようです。

残業しないためにはタスクの洗い出しと選別が必須

残業しない人が仕事をするときは、まずは自分の抱えているタスクを洗い出します。タスクの洗い出しにより、自分がいったいどの程度業務を抱えているのかを、的確に知ることができるようになります。
残業する人は、しない人に比べてこのタスク管理がしっかりとできていない人が多いのです。忙しく、目の前の業務に終われてばかりいるために、本来やるべき仕事を後回しにしてしまい、結局は残業をする人になってしまうというわけです。

集中して取り組む仕事と肩の力を抜いてできる仕事を分ける

残業をしない人は自分の抱えているタスクをかきだしたら、集中して取り組みたい仕事と、集中力が途切れたときに一気に片付けたい仕事の2種類に分けます。残業をする人の中にもどんな仕事があるかしっかり認識してる人はいます。しかし、残業する人はこの2種類に分ける作業をしていないのです。

集中しなければ終わらないタスクと、集中しなくても簡単にできそうなタスクに分けることにより、仕事を適当にすることができます。
適当にするというのは、集中力が必要なタスクは、集中して行い、集中しなくてもよいタスクは、適度な時間を使い片付けることができるのです。このような仕事のスタイルを保つことは非常に大切です。人間の集中力は、限られています。一日中、集中して業務に当たれる人などいないのです。そんなことをしていては、体も精神も壊します。

残業をしない人は朝の時間を有効活用している

業務の進め方、タスクとの向き合い方で残業をする人になるか、しない人になるかが決まります。残業する人から残業しない人へチェンジするには、上記のように、タスク管理をしっかりと、行いましょう。
タスクの洗い出し、分類が終わったら、次にスケジュールを立てます。集中して行わなければならないタスクは、翌日の朝一番から取り掛かれるようにしたほうがいいです。朝一番が無理なら、せめて午前中に行うべきタスクとなります。

午前中は仕事を邪魔されにくい

ビジネスマンが一番効率よく業務をこなせる時間帯というのが、午前中なのです。午前中のそれも朝早くからであれば、電話の対応なども少ない場合が多いです。さらに、他部署からの問い合わせなども少ないはずです。
多くのビジネスマンが、朝の業務は、肩慣らしとして、メールなどのチェックや、一日の業務の確認作業を行っている人が多いためです。しかし、貴重な朝の時間をこのような作業で潰している人こそが、毎日残業する人なのです。
残業する人から残業しない人になりたければ朝の時間に一気に集中する仕事を終わらせてしまいましょう。

残業をしない人とする人の差はタスクの振り分けと朝の時間の使い方

残業をしない人とする人の仕事の仕方の差についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。この仕事の仕方を真似れば、残業をする人からしない人へと変われるはずです。同じ仕事量を定時までに終わらせられれば、仕事ができると思われますし、プライベートな時間も確保され、心身共に健やかでいられます。ぜひこの仕事の仕方の差を埋めて、残業をする人からしない人にチェンジしてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム