2016年11月29日(火) 更新

暑中見舞いの返事を出す適切な時期と遅れた時の対処法

暑中見舞いの返事を出す”適切”な時期は?

暑中見舞いが届いたけれど、「返事を出す時期に決まりはあるのか」「時期に決まりがあるとしたらいつまでなのか」、忙しい社会人の悩みどころですよね。ここでは、そんな暑中見舞いの返事を出す時期についてお伝えしていきます。

必ず「3日以内」に返事を送るのがマナー

暑中見舞いは、大体7月後半から8月の頭くらいにかけて送られてきます。暑中見舞いは挨拶のお手紙ですので、必ず「3日以内」に返事を送るようにしましょう。

それ以上伸びてしまうと、返事を出す時期を逃してしまい出しにくくなってしまいます。暑中見舞いが届いたら、すぐに返事を書くと良いでしょう。

暑中見舞いの返事を忘れるのは失礼なので注意!

暑中見舞いの挨拶に返事をしないのは、とても失礼な事にあたります。暑中見舞いを出す、きちんと返事を送る、というのはビジネスマナーなので、仕事をしていく上で常識があるかどうかがハッキリしてしまいます。ハガキ1枚で会社自体の信用や、上司からの信頼などが関わってきてしまうので、返事を忘れてしまった……という事態にならないように注意しましょう。

もし暑中見舞いの返事が遅れてしまったら?

暑中見舞いの返事は3日以内に出すのが適切ではありますが、仕事で忙しかったりとなかなかすぐには返事が出せないという方もいると思います。もし、暑中見舞いの返事を出すのが遅れてしまった場合は、どんな対処をすべきなのでしょうか?

返事が遅れたら①:謝罪の気持ちを伝える

まずは暑中見舞いを送って頂いた事へのお礼を伝えましょう。「暑中見舞いを頂きありがとうございます」と簡単な一言でかまいません。

そして、必ず「返事が遅れてしまい、誠に申し訳ありません」と謝罪の文を入れましょう。多少返事が遅れてしまっても、きちんと謝罪の文を添える事でマナーのある人と思ってもらえます。

返事が遅れたら②:出す時期は必ずチェックする

返事が遅れてしまった時には、返事を出す時期に注意しましょう。返事を送っていない事に気付いて、すぐに返事を送るのは良いのですが、8月6日を過ぎると「暑中見舞い」でなくなってしまうので注意が必要です。立秋を過ぎた後に出すものは「残暑見舞い」になります。そのまま暑中見舞いで出してしまうと、マナー違反になってしまいますので気をつけましょう。

暑中見舞いの返事を出す適切な時期は3日以内!忘れずに出すのがマナー

今回は、「暑中見舞いの返事を出す時期と遅れた場合の対処法」についてみていきましたが、いかがでしたか。相手から暑中見舞いの挨拶を貰ったら挨拶を返すのは、当たり前の事ですよね。ですので、暑中見舞いがきたらまずはきちんと返事を出しましょう。

出来る限り早く返事を出すに越したことはないですが、もし遅れてしまっても、焦らずにお詫びの文と送る時期を確認をすれば問題ありません。暑中見舞いの返事を出すマナーを守って、相手とより良い関係を築いていきたいものですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム