事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年03月30日(金) 更新

営業とは何かを理解しよう!仕事内容とその役割について

営業職の役割は企業と顧客を結ぶこと

営業職の基本的な役割は、企業と顧客を結ぶことです。企業が開発した製品やサービスを顧客に対して売り込み、利益を確保することが営業の仕事です。

営業職は製品やサービスの深い知識と理解が求められる仕事

営業職の役割を果たすためには、取り扱う製品やサービスに対する深い知識と理解が求められます。製品やサービスの長所や短所を正しく理解していなければ、営業成績を上げることはできません。取り扱う商品やサービスの正しい知識を有し、それを求めている顧客に対して、効果的に売り込むことが、正しい営業の仕事ということになります。

営業職は流通機能の一翼を担っている

もし企業に営業部門が無ければ、どんなに優れた商品やサービスであったとしても顧客の目に触れることができず、売り上げを上げることはできません。営業とは流通機能の一翼を担う重要な仕事であり、マーケットに製品やサービスを適切に供給するのが営業の役割です。

営業成績が企業利益に直結する

営業成績は企業利益に直結する部分であり、営業の仕事が企業の命運を左右するといっても、過言ではありません。簡単な仕事ではありませんがやりがいも大きく、責任ある姿勢が求められる仕事・役割です。

営業マンが意識すべき利益とは

営業が企業の利益を左右することは先ほど述べましたが、企業の利益だけを考えて仕事をするような営業姿勢は好ましいものではありません。

企業が一方的に利益を得るような営業はよくない

営業マンは仕事をする上で、企業の利益を意識すると同時に、顧客の利益に対する配慮を忘れてはいけません。企業が一方的に利益を得るような営業では、一時的に利益を上げることに成功したとしても、継続して利益を確保することは不可能です。
顧客は常に取引先を自由に選べるのですから、自分に利益をもたらさないような営業マンと仕事をしようとは考えません。
たとえ一時的に利益を確保できたとしても、その後の取引を競合他社に奪われてしまいますから、長期的な利益が減少してしまうことになってしまいます。

企業と顧客の利益を考えて成果を得ることが営業の重要な役割

企業の利益と顧客の利益、その両立ができて初めて「成功した営業」ということになります。目標を設定して営業利益の確保を目指すのは、仕事として大切ですが、そのことばかりに目を奪われているようでは、長期的な経営の安定は望めません。長期的な利益を見据えることも、営業の役割の一つです。
顧客の利益に配慮することが、最終的には企業側の利益にもつながりますから、常に顧客の利益に対する配慮を忘れない営業姿勢が、営業の仕事には求められます。
自社だけでなく、顧客の利益についても考える事が営業職の役割でもあります。
企業と顧客の間に信頼関係が芽生えるような営業こそが理想的な営業の形であり、関わる全ての人たちが幸せになるような営業が実現するでしょう。

営業の仕事は企業と顧客を結ぶことであり流通機能の一翼を担う役割がある

営業の仕事内容と役割について、ご説明しました。
営業職は、売り込む製品やサービスに関する深い知識と理解が求められる仕事です。売り込む製品やサービスについて詳しく知らなければ、顧客に売り込むことはできません。
営業は自社の利益のことだけを考えていると、思っている人も多いと思います。実際は、企業と顧客の両方が利益を得ることを考えるのが、営業の役割でもあるのです。長期的な利益を見据えることが、営業に求められます。

こちらもあわせて読みたい!

関連コラム