2017年06月27日(火) 更新

個人宅への飛び込み営業を成功させるためのコツ

個人宅への飛び込み営業は断られる可能性が高い

新規開拓の一つとして、個人宅への飛び込み営業は欠かせません。
しかし、これを得意とする営業マンはごく稀です。
個人宅への飛び込み営業は、多くの確立で断られるからです。

飛び込み営業の時間に休憩する人もいる

個人宅への飛び込み営業は、ほとんどが断られます。
そうなると自分の担当地区が終わると、もうすることがありません。

飛び込み営業に行っても断られるだけだし…と、休憩や気分転換の時間としてしまう営業マンも多いようです。

断られても丁寧に対応することが大事

個人宅への飛び込み営業では、キツイ態度で断られる時もあります。
そういう場合でも、爽やかに「お話し聞いて下さいましてありがとうございました。機会がありましたら、またその時は宜しくお願いします。失礼いたします。」と挨拶をして、後味よく去りましょう。

個人宅への飛び込み営業を成功するためのコツとは

個人宅への飛び込み営業の成功率が低いとはいっても、飛び込み営業で契約をとってくる優秀な営業マンがいるのも事実です。
優秀な営業マンになるために、個人宅への飛び込み営業を成功するためのコツをおさえていきましょう。

個人宅への飛び込み営業で迷惑をかけないようにする

個人宅の飛び込み営業は、相手の立場に立って考え、マナー違反がないか、お客様と周囲の住民に迷惑をかけていないか、気を付ける必要があります。

・インターホームやチャイムは何度も押す。
・大きな声を出す。
・お客様がはっきり「契約をする気はない」と言っているのに帰らない。

上記のような、迷惑行為をしないように気を付けましょう。

担当エリアを調べ尽くす

個人宅の飛び込み営業で実績を出している人たちは、共通して「担当エリアに詳しい」という特徴があります。

・自治会長の家は?
・マンションの管理人の勤務時間は?
・ライバルはいない?
・家の外観や、住民の特徴に共通点はある?

など、担当エリアの立地から、住民構成まで、詳しく調べる事が飛び込み営業を成功させるコツです。

営業マン自身がお客様を選ぶ

個人宅の飛び込み営業で実績を出している営業マンは、お客様を選んでいます。
成約にならないと思ったら、パッと切りかえて次に行きます。
お客様を選ぶというと、聞こえが悪いですが、契約する気がないのに時間をとっても良い事はありません。

可能性のあるお客様を見抜いて、次々営業をかけていくのが、個人宅の飛び込み営業のコツです。

個人宅への飛び込み営業成功のコツは担当地区の知識と切り替えの早さ

個人宅への飛び込み営業を成功するコツについて、紹介してきました。
個人宅への飛び込み営業は、営業マン泣かせの難しい仕事ですが、実績を出している優秀な営業マンがいるのも事実です。

飛び込み営業を成功するコツとして、担当エリアについて調べ上げる事と、契約できないお客様には粘着しない、ということでした。

個人宅の飛び込み営業は、厳しい仕事ですが、ここで紹介した成功のコツを参考に実績を出せる、飛び込み営業マンになってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム