2016年11月29日(火) 更新

転職試験の一般常識問題を突破するための勉強方法

転職試験で一般常識問題が用いられることも

新卒採用でも、転職や再就職といった中途採用の場合でも、筆記試験を実施する会社が多くあります。新卒採用のときの筆記試験については、新卒採用の情報なども広く公開されていたり、ネットで共有されていたりしますので、筆記試験を予想して対策もしやすくなります。

ただ、転職や再就職といった中途採用向けの筆記試験となると対策は異なってきます。

一般常識問題では、最低限の常識があるか測られている

一般常識問題は、文字どおり一般常識の知識をどれだけもっているかを測るテストです。内容は中学校レベルの計算問題から時事問題から経済知識などさまざまです。

社会人になれば、ある程度の社会的な基礎知識、人とのコミュニケーション能力、世の中で何が起こっているのかということ見極める能力は必須です。 そのため企業は、一般常識問題を実施することで、就活生に最低限の常識が身についているか確認するのです。では転職試験のテスト対策を見ていきましょう。

一般常識テストの対策①:テキストを用いて勉強

テストには基本的に、さほど難しい問題がでるわけではありません。一般常識がちょっとできなかったくらいで、転職のチャンスを失うという事はないでしょう。

しかし、実際には勉強から遠ざかっていた期間がありますよね。このように勉強から遠ざかっていた期間が長い人であれば長い人であるほど、テキストを買って勉強することをお勧めします。

テキストで勉強していると学生の頃の感覚が思い出せる

テキストを買えば、やる気もでるでしょう。テキストでやる勉強は勉強前に頭が勉強に向けて切り替わりやすいので、頭に入りやすいという利点があります。なので転職を志すけど勉強から長く遠ざかっている人も少なくありません。

もし勉強の感覚が思い出せないのであれば、転職者用の一般常識対策のテキストを購入して、毎日解くようにしてみてください。テキストで勉強していると、学生の頃の感覚が思い出せますよ。忘れていた問題に、頭を向けていきましょう。

一般常識テストの対策②:同じテキストを何回も解く

一般常識問題は転職者用であっても新卒用であっても、決して難しいものではありません。ですから、何冊もテキストを用意して、数多くの問題を解くという必要はないでしょう。そうするよりもむしろ、同じテキストを何回も解く方がよほど効果的です。

繰り返しの勉強で問題を解く!コツをつかむと◎

同じテキストを何回も解くことで、問題を解くとコツが掴みやすくなります。そして、少なくともそこのテキストに出てきている問題に関しては、実際の一般常識問題でも確実に解けるようになることでしょう。別のテキストにたくさん手を出すと、解いた問題すら忘れてしまいます。

転職時には勉強から遠く離れているというブランクも影響し、せっかく解いた問題を忘れてしまうのです。それでは時間の無駄になりますよね。転職時の一般常識問題対策として勉強するには、同じテキストを何度も解くようにしていってください。

一般常識テストの対策③:数学を中心に勉強する

もし転職の一般常識問題対策に際して、あまり時間をさけないのであれば数学を中心に勉強してみてください。ブランクがあったとしても、英語や国語はなんとなく覚えているものです。しかし、日常の中では数学の公式というのは全く使うことがありませんよね。

特に転職でしばらく勉学から離れているのですから、なおさらです。それだけ使わないと、中学レベルの公式すら覚えていないことも多いです。

数学をメインに勉強すると対策の近道になる!

数学は、そうした公式を忘れてしまっていては手も足もでないですよね。だからこそ数学を中心に勉強して、忘れていた公式を取り戻すのです。公式さえ覚えれば、あとは普通の計算問題です。

大きく取りこぼすこともないでしょう。数学をメインに勉強すると、一般常識テストの対策になります。こうした理由から、転職の際の一般常識問題対策としては、特に数学を中心に勉強することをお勧めいたします。

一般常識問題の対策④:ニュースをチェック

一般常識問題の対策方法は、地道にテレビや新聞などでニュースをチェックすること。

ニュースをチェックする習慣がない人には、最初はキツイようですが、慣れてしまえばなんてことはないようです。2ヶ月続けられれば一生続けられる習慣になるので、これを機にチャレンジしてみましょう。

ニュースだけでなく関連キーワードも押さえておく

一般常識問題には、いま世の中がどうなっているのかを、どれだけ知っているのかを測る時事問題があります。また、時事問題以外でも、就活生の探求心や調べる能力を測るため、最近話題のニュースに関連する知識を問う問題が出題されることも多いです。

なのでニュースの内容だけでなく、そこで出てきた言葉や英字の略語などキーワードも押さえておくことがポイントです。

一般常識問題の対策⑤:希望する職種の情報収集

また、一般常識問題に加えて、自分が進みたい業種が明確であれば、業界新聞や専門誌でその業界のニュースなどもチェックしておくようにしましょう。

そして、そのニュースに関しての自分の意見を問われる場合もあるので、そのときに騒がれている時事問題には、しっかり回答として書けるくらいの自分の意見を明確にもっておくことをおすすめします。

筆記試験では日々情報収集しているかも見られる

一般常識テストでは、日々の情報収集をしているかどうかも見られます。

つまり、時事的な話題や自らのスキル向上のため、普段からさまざまなものに目を向けているかどうか。習慣として新聞・ニュース番組などに目を通しているか。そういった、一夜漬けではない”日々の積み重ね”をしているかどうかも重要となってきます。

転職試験の一般常識問題を突破するための5つの勉強方法を参考にテスト対策しておこう

転職試験の一般常識問題を突破するための勉強方法を、お教えしました。転職の際の一般常識問題というのは、何も勉強せずに臨んでも無駄足になりかねません。いかに人は今までの勉強で学んだ内容を忘れやすいかという事を思い知らされます。

転職試験として、一般常識のテストがある場合は今回紹介した対策を活用してみてください。あらかじめ対策をとって、転職を成功させましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム