2016年11月29日(火) 更新

転職面接で「子供が熱の時はどうしますか?」と質問されたときの対策

転職面接で「子供が熱の時はどうしますか」は良くある質問

子持ちで転職活動をする場合、一番気になるのが、企業が自分に持つ印象ですよね。面接まで進むと、「小さいお子さんがいますが?」「子供が熱の時はどうしますか?」という質問はよくあります。会社としては、小さい子供がいるために会社を頻繁に休んだりして、業務に影響が出てしまうことが心配なのです。

仕事が子供のどちらを優先に答えるかは迷うポイント

「子供が熱を出したら?」の質問は、絶対に聞かれることだとはわかっていても、いくつもの会社から同じ質問をされて答えているうちに、嫌になってしまうこともあるでしょう。そして、その後面接の結果、不採用となるとさらに気持ちが落ち込んでしまいますね。転職面接において、仕事優先と答えるべきなのか、子どもを優先に考えるべきなのかは、誰もが迷うポイントでしょう。

子供が熱の時の対策は具体的に考えておくと良い

転職面接の前には、子供が病気になった時などは、どういった対処ができるのかというのを事前に調べておく必要があります。家族が近くにいる場合には家族の助けを借りるのも方法でしょう。また、市などが運営するサポート体制を利用するのも、ひとつの方法です。具体的な方法について考えておきましょう。

面接で聞かれなければいう必要はない

子供が熱を出したら、体調が悪かったらという対策方法については、事前に調べておく必要はあります。しかし、転職の面接時に聞かれなければ、わざわざ自分から子供の話をする必要はありません。転職面接では、自分がその仕事をしたい熱意をアピールして、前向きに望みましょう。

「子供が熱の時には子供を優先する」と正直に答えるのも大事

子供を抱えていると、残業も独身のころのようにできるかといわれれば、できないのが現実です。

「子供が熱を出したら、急に休んだり、遅刻早退が他の人よりあるかもしれません。しかし、自分の体調不調で休んだり、遅刻早退はしないよう体調管理をしっかりしようと考えています。できるだけ、迷惑を掛けないようにします。それでもよければお願いします。」

ときちんと答えるのもひとつの方法です。正直に話し、受け入れてもらった企業こそ、あなたとあっている企業なのです。

面接で正直に話して自分にあった会社を探すことも大切

転職で採用されたいと考えるあまり、面接で「子供が熱を出したらどうしますか?」「残業できますか?」の問いかけに、すべてYesで答えてしまったとすると、後で後悔することになったりします。子供が熱を出したら、迎えにいき病院へ行きたいでしょうし、行くべきです。こういった子育てに関する考え方は、企業によって異なります。そのため転職活動の面接では、子育てに寛容な会社を選ぶと良いでしょう。

子育てに寛容な会社は増えてきている

近年、法律の改正や社会風潮と共に子育てに寛容な会社は増加傾向にあります。そのため、面接で、「子供が熱の時にどうする?」といった質問をする会社は、少なくなっているのも事実です。企業研究や面接などで、会社の考え方もわかってくるはずですので、転職活動の際は、その点を意識しておきましょう。

転職面接で「子供が熱の時にどうしますか」と聞かれたら正直に回答!自分に合う会社を探すのも大事

転職の面接で「子供が熱の時にどうしますか」と聞かれたら正直に回答しましょう。そして、自分に合う会社に転職するのも、人生を選択する上で大切なことです。少子化が問題となっている日本で、子供を産み、育てるということは、日本の重要な業務に参加し、成功させているといっても過言ではありません。育児は厳しい道のりです。子供が熱を出したとしても、子育てに理解・協力してくれる企業を見つけ、転職をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム