事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

在職中に転職活動を行う場合に知っておくべき注意点

誰にも知られずに転職活動をしましょう

在職中の転職活動の注意として、必ず誰にも知られずに一人で行いましょう。注意していても社内の誰かに話してしまいそうになるかもしれませんが、絶対にやめましょう。あなたが会社を辞めたがっているという噂話は広まります。

面接に行く時間を作らせないよう仕事量を増やされたり、有給を取れないようにされるケースもありますので、在職中に転職活動をする場合は言わないように注意しましょう。

社内の士気を落とす原因になる

社内に辞めたがっている人がいると、社内の士気を落とすので、在職中の転職活動は気づかれないように注意しましょう。また、やる気のない態度に注意しなければなりません。そして与えられた仕事をしっかりとこなす注意が必要です。

在職中に引継ぎ書の作成をしよう

退職する場合は引き継ぐ後任者のために、在職中に「引継ぎ書」を作らなければなりません。しかし、何人かで同じ業務をしている場合は、引継ぎ書を作るのにはそんなに時間はかかりませんし、あるいは作らなくてもよいかもしれません。

しかし内容によっては、何ヶ月もかかって作らなければならない書類です。しかも、退職が決まれば、取り引き先への挨拶まわりもありますし、ゆっくりと引継ぎ書を作る暇はないのです。

退職日3日前迄に引き継ぎを済ませられるのが理想

退職日より、少なくとも3日前までには、すべての残務整理、業務引き継ぎが終えるよう注意しましょう。3日あれば残務処理が予定通りに終わらなかったとしても、調整が可能だからです。

在職中に転職をするための時間も注意しなければならにので、空いてる時間等に、少しずつ引継ぎ書を作っておきましょう。このときに、こそこそとした態度をしていると、周囲の人に怪しまれますので、「仕事をもっと効率的に行えないか見直しがしたいので」などと理由を話し、堂々と作成するのがポイントです。

在職中の転職活動で面接に行く時間がとれない場合

在職中は、勤務時間中は仕事以外をすることが出来ません。仕事が終わってから転職活動をしようと思っても、なかなか思うように動けず、転職活動ができない場合もあるでしょう。そうなってくると平日は、仕事上難しいので、土日に就職試験を行ってくれる所を探したいですがほとんどありません。

キャリアカウンセラーへの相談も視野に入れる

在職中に転職活動がどうしてもできない場合は、土日も営業している人材紹介会社のキャリアカウンセラーに相談してみるのもよいでしょう。あなたに向いている職種を診断し、受けたい所を決められれば何度も会社を休む必要もなくなります。

在職中には思い通りに退職できないケースもある

転職活動が上手くいき、新しい勤め先から内定をもらえたら、入社日を決めましょう。新しい会社としても少しでも早くあなたに勤めて欲しいと思うでしょう。ですが、今の会社が、退職願いを出してもすぐに受理してくれるかどうか分からないので注意しましょう。思い通りに退職できない場合が多いので注意しましょう。

1か月前に退職を伝えるのがマナー

法律上では、退社日の2週間前に退職願を出せば退職をすることが出来るとなっていますが、後任が決まっていない場合や、会社に損害がでるなどの理由で、引き留められることがあります。そのような場合も考えて、2週間前ではなく、最低でも1ヶ月前くらいに伝えるのが社会人としてのマナーです。

また、どんなに会社が退職を認めないと言ったとしても、民法上では、2週間で適用されます。退職するまでの期間、多少辛い思いをするかもしれませんが、せっかく転職できるチャンスです!決意を曲げずに、引継ぎ事項などやるべきことをおこなって、職務をまっとうできるようにがんばりましょう。

在職中の転職活動は引継ぎ書の作成をすませ1か月前までに退職届をだすのがマナー

在職中に転職活動をする場合は1人で行い、しっかりと引き継ぎ書を作りましょう。「在職中に早く転職しなければ」と焦ってしまうと、精神的に疲れてしまい、途中で挫折してしまう可能性もあります。

万が一、在職中の転職活動がうまくいかなくても、今の勤め先はあるので、とりあえず安心できますね。気持ちに余裕を持って、納得できる転職活動をすることが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム