2017年08月10日(木) 更新

転職活動がバレたら?会社に知られた時の適切な対処法

転職活動が会社にバレたら面倒なことに…

会社に内緒で転職活動をしていると、バレたらどうしようと落ち着かない人もいるのではないでしょうか。転職活動中は、会社では不用意に自分から余計な事を言わないように心がけましょう。

それでも、会社にバレる可能性はあります。転職活動をしているのが会社にバレたら、どうなってしまうのでしょうか?

会社に居づらくなるがすぐには辞められない

転職活動をしているのが会社にバレたら、「会社に不満をもっている人材」「辞めてしまう人材」などと上司からレッテルを貼られて、会社に居づらくなる可能性があります。転職するつもりであっても、転職先が決まっていないのに今の会社を辞めるのはリスクが大きすぎます。

反対に、引き止められて思うように転職活動ができなくなり、せっかく下した人生の決断が無駄になってしまうかもしれません。転職活動に集中できなくなってしまえば、いい結果も生まれませんよね。

転職活動が会社にバレたと確信するまで、平然としておく

転職活動が会社にバレたと確信が持てるまでは、今までどおり仕事をこなしましょう。
やはり内定をもらうまでは、退職時期の相談はもちろん、転職に関してはできる限り伝えない方がいいでしょう。上司だけではなく、会社の同僚や先輩などにも一切相談しない方が賢明です。

最悪なケースとして、内定をもらったとしても、その内定が流れてしまう危険性もあるので、最善の注意が必要です。そのくらい、転職活動が会社にバレると厄介なのです。

実際、転職活動が会社にバレたらどうする?

それでもやはり転職活動が会社にバレる可能性はあります。バレたときに「どうしよう」と慌てないためにも、対処法を考えていきましょう。

完全に転職活動がバレたとしたら、上司との話し合いの場が設けられるでしょう。その際は、時間がかかってもいいのでどうしようと焦らずじっくり話し合いましょう。

上司の不足のせいでない事をアピール

上司との話し合いの場ではまず、転職したい理由を聞かれるでしょう。そのときにしっかり伝えておくべきなのは、その上司のせいで転職を考えているのではないという事です。

上司の全員がそうではないと思いますが、部下が転職をする場合には、上司の管理不行き届きも問題に挙げられるため、それを気にする上司は多いです。上司との話し合いの場では、キャリアアップしたい、スキルアップしたいというような理由を自分の想いとして伝えましょう。

上司のせいではないとアピールすると、その上司が味方になってくれる可能性もあるため、なるべく穏便に済むような方向に持っていくように心がけましょう。

内定が決まっている場合でも転職先は言わない!

会社にバレた後も転職活動を続けて内定をもらった場合でも、会社の人間にはその転職先は言わないようにしましょう。特に競合他社への転職の場合などは、会社同士のトラブルに発展して内定が取り消しなってしまう可能性も考えられるため、注意が必要です。

また、SNSを利用している人は、そこでバレる事も多いです。アカウント名を変えて本人と特定できないようにしていても、実際バレたというケースはたくさんあるのです。バレてからどうしようと考えても遅いです。SNSでの不用意な発言などは控えましょう。

転職活動のために有給休暇をとる際の注意点

会社にバレたとしても転職活動は続けなければなりません。面接や試験のために有給休暇を消化しようと考えると思いますが、その際には注意が必要です。

会社には有休の時季変更権があるため認められないことも

労働基準法では、「有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない」とされています。しかし「請求された時季に有給休暇を与える事が事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる」というように、会社は有給休暇の時季変更権を持っています。有給休暇を申請して認められなかったとしても、文句は言えないのです。

ただ、退職が決まっている者に関して会社側は、退職日までの有給休暇は与えなくてはいけません。有給休暇が消化できないわけではないので安心してください。退職日がまだ決まっていないうちは、有給休暇を申請しても認められないときがあると頭に入れておきましょう。

会社に休みの理由を言う必要なし!

転職活動をするうえで、有給休暇などの休みを申請する際には、理由を聞かれても「一身上都合」と答えるといいでしょう。「面接があると言うべきかな…どうしよう…」と悩む必要はありません。そもそも、有給休暇は与えないといけない義務が法律で定められており、会社は時季を変更できても拒否はできません。そこに申請理由は関係ないのです。

転職活動が会社にバレる可能性は大!もしバレたら的確な理由を説明して内定先は言わない

当然ですが、会社に在籍中の転職活動は隠密が基本。しかし、急に有給休暇を申請したり付き合いが悪くなったりなどの理由で、転職活動が会社にバレるときもあると思います。その際はどうしようと慌てずに、上司に自分の意思をきちんと伝えて、理解してもらいましょう。

転職活動のために有給休暇を消化しようと思っても、認められない場合もある事は頭に入れておいてください。会社に勤めながら転職活動をする際は十分な注意を払って、会社も自分も快いかたちで転職できるようにしたいものですね。

転職を成功させたい人必見!

関連コラム