事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

カバンがないのはNG?面接時のビジネスバッグマナー

面接にバックを持って行く必要はある?ない?

面接で持っていく鞄がない時、あなたは持っていかないのを選びますか?
では、まずそもそも面接にバックを持って行く必要があるのかについて説明しますので、見ていきましょう。

面接にバッグを持っていく必要はある!手ぶらNG

転職の面接において、バックを持たずに手ぶらで行くことはNGです。
ビジネスシーンでは、バックを持つことというのは、当然のマナーになりますので、しっかり持っていきましょう。
何も持つものが無いにしても、あなたが企業から何か書類を貰うことになるかもしれません、そんな時に目の前でポケットに折りたたんで入れたりなんかしたらどうですか!?失礼ではないですか!?
そういったこともありますし、バックを持つということはビジネスマナーですので、しっかり持っていきましょう。

就活の面接に持って行くバックのマナーのポイント

では、次に持って行くバックのマナーについて紹介していきたいと思います。バックのマナーとはいったいどんなものがあるのでしょうか!?
そこに関して、見ていき把握しておきましょう。

派手な色のバッグNG・シンプルな形の地味色をセレクト!

面接で持っていくバッグがない時、は地味な色を買いましょう。基本的な、マナーとして派手な色使いやキャラクターが入っているバックはマナー違反になります。
紺・黒・ベージュ・茶色・白などの落ち着いた印象のある色のものを選ぶように心がけてください。当然ながらシンプルな形のバックにしましょう。奇抜な形のバックもあまりよくありません。

バッグ・イン・バッグを使用しバッグの中を整理!

バックの見た目や中身にもしっかりと気を遣いましょう。いつどういったカタチでバックの中身が見えるわかりません。
バッグにものを入れ過ぎて、パンパンに膨れ上がっていたり、汚れていたり、ふと見えた中身がグチャグチャだと、好印象とは言えません。そういった整理整頓からも面接官は、あなたの人間性を探っていますので、細部まで注意してください。

最後にビジネスバッグで最適なバックを紹介!

ここで、最後にビジネスシーンでも最適なバックを紹介していきますので、ぜひバック選びの参考にしてみてください。

面接で持っていくオススメバック【男性編】

男性は黒を基調として、置いた時に立つものが良いでしょう。立たないものはNGです。柔らかい素材のものだと、倒れてしまいます。面接官の気がそれたり、他の就活生の邪魔になる事があるので注意が必要です。

面接で持っていくオススメバック【女性編】

女性も男性同様、床に置いた時に立つものを使用しましょう。
女性のものは男性のものよりも取手が細いのが特徴です。
書類に皺がつかないように、ファイルに入れて鞄にスポッと入るようなバッグを選んでください。スーツを売っているお店で、こういう鞄はよく販売されています。

どんなカバンがいいのか不安な場合はエージェントに相談するのもアリ

転職の面接で、どんなカバンがいいのか分からず不安になることがありますよね。そんな時は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは最適な企業の紹介だけでなく、面接マナーなどもアドバイスしてくれます!特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

面接で使うバッグがない時は買う!黒を基調として、床に置いて立ち上がるものを選ぶ!

面接で使うバッグがない時は買う!黒を基調として、床に置いて立ち上がるものを選びましょう。バックだから何でも良い、という訳ではありません。ビジネスシーンでは持つものに関してもビジネスマナーがありますので、今回紹介したバックのマナーもしっかりと守って、面接に臨むようにしましょう。

転職を成功させたい人必見!

関連コラム