2017年07月04日(火) 更新

社会人になるにあたって必ず持つべき心構え4つ

社会人になるにあたっての心構え・気をつけるべき事とは

社会人になるにあたって気をつけるべき事は何なのでしょうか。学生までの気分ではなく、社会人としての自覚・意識を改めて持つ必要があります。それでは、社会人としての心構えを知りましょう。

社会人になるための心構え=自覚や責任

新社会人としてデビューしたての場合、夢なども大きく膨らみますよね。やはり社会人として「あれもやりたい!」「これも頑張りたい!」と、意欲をメラメラと燃やしている人が多いのが現実です。

しかし、歓迎会や入社式の自己紹介でアツい想いをぶつけるのもカッコいいですが、大風呂敷を広げ過ぎてしまうと、後で痛~い目に遭ってしまうリスクがあります。社会人になるための心構えとは、そういった大風呂敷ではなくて、自覚や責任を含めるべきです。社会人としての心構え、社会人になるにあたっての心構えを考える時は、そういった点にも注意しましょう。

社会人として自分ができる範囲を徐々に広げていこう

社会人になるにあたって、焦って全てを一度に吸収しようとするのはあまりよくありません。焦ることなく、着実に一つ一つを身につけていく事が大切です。まず新入社員は社会人になるにあたって、自分に原因を求め、できる事から改善していき、自分が出来る範囲を徐々に広げていく、そんな社会人としての心構えに努めましょう。

特に感謝の気持ちは社会人として必ず持とう

社会人になるにあたって大切な事はもう一つあります。それは感謝の気持ちを持つ事です。何かをしてもらったら、必ず感謝の気持ちを述べましょう。特に、新入社員のうちは、教えてもらう事も多く、教える側の時間を奪っているという自覚を持つ事が必要です。社会人としての心構えでは、感謝の気持ちを忘れないのは非常に重要です。

お忙しい中ありがとうございます、という気持ちを言葉に、表情に、態度に示すことで、次も嫌な顔せず教えてくれる状態を作れます。そして、良い人間関係を構築していく事ができるのです。これは社会人としての心構えであり、また社会人としてのマナーでもあります。ですから、是非、社会人になるにあたって覚えておきましょう。

働きながら内面や仕事ぶりを成長させよう

社会人としての心構えでは、責任を持って働き、会社や社会に貢献する事が必要とされます。確かに新入社員は最初に、研修を受けますが、それは仕事をする上で必ず知っておいてもらいたい事の基礎の基礎です。お金を頂いて勉強させて頂くという表現は学生気分と受け取られます。働くうちに内面や仕事ぶりなど成長ができて勉強になるかもしれません。しかし、社会人としての心構えは「仕事をきちんとする事」だと肝に銘じておきましょう。

思いやりや気遣いの配慮をしよう!

社会人としての心構えというと、そのマナーだけを守るものと思っている人も多いですが、それだけではありません。社会人としての心構えで、思いやりや気遣いは重要です。マナーは、思いやりや気遣いなどの配慮から生まれているものだからです。ビジネスシーンでの人と関わりがある以上、より円滑に人間関係を結べた方が良いでしょう。ビジネスにおける円滑な人間関係は最も大切な社会人としての大切な心構えといえますね。

謙虚さを大事にして!

新人としての心構えは数多くありますが、1つは「謙虚になる事」です。入社して1人前になるまでは、1円の利益も生まず、反対に研修費用など出費ばかりです。おまけに先輩に指導を受けることは、先輩の足を引っ張る事になり、それでいて先輩たちの利益を分けてもらっている訳です。先輩たちもその道を通ってきたとはいえ、現状は月給泥棒をしている事になります。それを自覚し、上司・先輩に少々叱られても、謙虚に学んでください。

感謝の気持ちは出し惜しみしない!

社会人としての心構えで、一番忘れてほしくないのが感謝の気持ちです。感謝の気持ちは、出し惜しみしなくていいのです。いつでも、どこでも、誰に対してでも、些細なことでもいいので、感謝の気持ちを持って態度に示すことを覚えておきましょう。笑顔でにこやかに「ありがとうございます」と言ってみてください。言った側も、言われた側も幸せにする魔法のことばですね。

社会人としてのマナーを身につけるメリット

大変初歩的ではありますが、新入社員になったらまず最初にしなければならないのは、社会人としてのマナーを身に着ける事です。研修という形で覚えされられる場合もありますが、ほとんどが先輩や上司の振る舞いを見て覚えていく事になるでしょう。まず新入社員は、「自分には社会人としてのマナーが身についていない」という認識からはじめて、少しずつ勉強していってください。

新入社員はマナーが守れるだけで立派に見える!

言葉づかい、挨拶、電話、接待、紹介、社内づきあい、服装、喫煙、勤務態度など社会人たるもの最低限のマナーは必要です。新社会人は、学生気分から早く抜け出し、社会人の自覚を持ちましょう!社会人としてのマナーに厳しいおじ様、おば様はたくさんいますよ!新社会人に限らず、社会人としてのマナーのない人は多いです。だからこそ、マナーが守れるだけでちょっと立派に見えるのです。

正しいマナーは信頼関係を作る上で重要

新入社員は社会人としてのマナーを身につけ、真摯に実践していく事が大切です。社会で認知されている社会人としてのマナーは、社会の中で長い間切磋琢磨されて出来上がった暗黙のルールだと知っていましたか。だからこそ、新入社員はきちんとそのマナーを理解・実行していく事で、確実に信頼関係を作っていく事ができるのです。

採用担当者から学生に向けてのメッセージ

採用担当者からのメッセージ

就職活動は、あくまであなたのキャリアをどこから始めるか、を考え、決めることでしかありません。会社に入ることはゴールではなく、スタートなはず。それがわかっていれば、実現したいことに向かって努力をするはずですよね。結果に向かって邁進する人とそうでない人に大きく差がつくということは、先輩たちはよくわかっていますし、皆さんも想像できるのではないでしょうか。ここに紹介したようなことを参考にしながら「ちゃんと実行する」ということに拘ってくださいね。

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム