2016年12月26日(月) 更新

入社日に行う挨拶・自己紹介のポイント~好印象を与えるためのコツを紹介~

入社日は始めの印象が肝心!

新卒として入社する際は初日に挨拶を行うのが一般的です。入社初日の印象は肝心ですから、周りへの印象を考えて行いましょう。入社日の挨拶をいかにするかによって職場への馴染みやすさや、同僚、先輩との関わり方は異なってくる場合があります。入社日は自己紹介、簡単に一言述べるのが一般的ですが挨拶のポイントをおさえておくといいでしょう。

新入社員の自己紹介の挨拶

新入社員ならではのきちんとした挨拶には構成があります、それを踏まえた挨拶が好印象として伝わりやすいでしょう。まず「今日から○○で働くことになります。○○と申します。」と言い、その後に出身地、出身大学について述べます。このときに簡単に大学時代の選考やサークルについて話すのもいいでしょう。そして自分のアピールポイントや意気込みを簡単に伝えるという流れがおすすめです。そして先輩方から支援・指導をよろしくお願いしますのような流れにすると、職場の先輩方もわかりやすいといえます。

ここで重要なのは基本項目をおさえて印象に残ることをいえるかどうかです。新入社員の方は主にこういった構成の中で自分のアピールポイント、特徴を上手く表現して自己紹介・挨拶を済ませるといいでしょう。

入社日の挨拶のポイント

入社日の挨拶には入社日ならではのポイントがあるのです。そのポイントを上手に取り入れることが好印象への道です。まず手短に述べましょう。あまり長く話すのはよくありません。他にも同期の社員はいるのですから、全体の場を考えて手短にわかりやすく話すことが大切です。また、挨拶の中で手短に話せるちょっとしたエピソードがあるといいでしょう。インパクトがあるような失敗談や面白いエピソードがあると印象に残りやすいです。

このときに自分の方言が特徴ならあえて強調して話すのも悪くありません。新入社員の早いうちからキャラが確立するので印象にも残りやすくなるでしょう。

新入社員の挨拶は構成を参考にして簡潔に述べることが大切!

新入社員の方はほとんどの場合、入社日に挨拶をしなければいけません。第一印象はその後にも関わるので大切です。新卒らしく明るく元気に話すことを心がけましょう。そして、自己紹介、挨拶は構成を参考にしてみるのがおすすめです。自分のエピソードを盛り込んで、なるべく簡潔に話してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム