2018年10月19日(金) 更新

上司の信頼を回復する謝罪メールの注意点【例文あり】

上司に謝ることをそもそもメールで済ませていいのか?

仕事でミスをしてしまった。そんな時上司の顔を見て直接謝罪するのは勇気がいります。
できれば面と向かってではなく、メールでお茶を濁したい。でも、責任ある社会人は上司への謝罪メール一通で「申し訳ない」気持ちをわかってもらえるのでしょうか。

上司に大事な話をするときはメールだけでは済まされない

大事な話はもちろん、人とのコミュニケーションは面と向かってするのが最もいいでしょう。最近は何もかもメールで済ませようとする人が多いですね。
上司へのミスの謝罪は、直接出向いて謝るほうが誠意が伝わりますし、取引先などに迷惑をかけてしまい、上司も対応しなければいけない時は状況把握も直接のほうが細かくできます。重大なミスであればかならず、直接謝りにいくようにしましょう。

ミスによる上司への謝罪はメール&口頭が原則

ミスによる、上司へのお詫び(謝罪)は口頭で伝えるのが原則です。ただ、数字の報告を含むなど文章の方がわかりやすい場合は、メールでの報告と謝罪が必要なケースもあります。

また、上司が不在中にミスを起こしたときは、度合によっては電話で早急に謝罪をしたほうがいい場合も。先輩にも相談しながら、迅速な謝罪を心がけるのも注意点です。

上司への謝罪メールにはミスの対処策と今後の再発防止策を

基本的に上司に謝るのであれば直接会ってということになりますが、上記のようにメールも同時に送った方がいい場合は、ミスの対処策と今後の再発防止策をも内容に盛り込みましょう。 上司への謝罪メールは、送って終了というものではありません。メールを発信した後、上司に電話連絡し、「この度は申し訳ありませんでした」と口頭で謝罪し、その後、上司に送ったメールを見ていただきながら、今回のミスの対処策と今後の再発防止策を述べるのがよいでしょう。

上司への謝罪メールの例文を紹介!

上司に謝りを入れるときは口頭が原則です。しかしやむを得ずメールのみでという場合もあるでしょう。そんな時は大変慎重になる必要があります。誤解のないように適切な言葉を使い、要点を理解させつつ相手の心象を損ねないようにしなければなりません。 上司へミスを謝るメールを送る際の例文を見ていきましょう。

上司への謝罪メールの例文①請求書のミス

参考になる例文①


取り急ぎ報告申し上げます。

大変申し訳ありませんが、ミスを犯してしまったためご報告します。

ABC社への先月の○○の請求ですが、額面が間違っていました。

ABC社の野崎様からご指摘があり、すぐに確認したところ、
たしかに私が計算をミスしておりました。

このミスにより、会社にご迷惑をおかけしたことを大変深く反省し、
二度とこのようなミスを起こさないよう努力いたします。

まずは、メールにてお詫びいたします。

署名

上司への謝罪メールの例文②見積書のミス

参考になる例文②

藤井部長

お疲れ様です。××です。

大変申し訳ないのですが、先ほどお送りした△△様の見積書に
計算ミスが見つかりましたので、取り急ぎお知らせします。

ミスがあるのは、4ページ・□□に関する試算表のデータです。
すべて不適切な計算方法による原価計算に基づいていました。

正しい計算方法で試算表を作り直し、見積書全文を再校正して
本メールに添付しましたので、ご面倒をお掛けしますが、
新しい添付文書によるプリントアウトをお願いします。

なお、変更があったのは4ページのみですので、すでに印刷済み
であれば、4ページのみ差し替えていただいても結構です。

このような重大かつ初歩的なミスに気付かず見積書をお送りしました事を、
心よりお詫び申し上げます。

お手数をお掛けしますが、何卒ご容赦ください。

以上、取り急ぎお知らせとお詫びまで。

署名

上司への謝罪メールの例文③コミュニケーションのミス

参考になる例文③

藤井様

お疲れ様です。

先日、△△さんが、私についてのメールをお送りしたという話を聞きました。
お忙しい○○さんの気分を害するようなことをしてしまい申し訳ありません。
私としては、確かに△△さんに同様の事をお話したのですが、
残業について嫌な気持ちはなく、むしろ貴重な経験をさせていただいていることをありがたく思っています。
私の言葉足らずで、△△さんにも、○○さんにもご面倒をおかけすることになってしまい、
大変申し訳なく思っております。本当に申し訳ございません。

こんな私でも、○○さんのおかげでなんとか毎日頑張れています。
○○さんには、本当に感謝しています。ありがとうございます。
今回の事では○○さんに不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
これからも精一杯頑張らせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

署名

メールで上司に謝罪する際の注意点

きちんと謝罪する姿勢を見せたい時は、メールを送るだけでなく口頭でも謝る行動が信頼関係維持のためには必要です。
上司に謝罪メールを送るときの注意点をご紹介します。

謝罪は要点を簡潔や明確にして言い訳はしない

もしあなたが遅刻というミスをしてしまったら、上司にどのように謝罪するでしょうか。
「電車が遅れてしまって急いだのですが間に合いませんでした。すみません」「実は朝のアラームをかけ忘れて寝坊しました」など言い訳を並べても自分の信頼を失う、もしくは上司の機嫌を損なうだけです。

ミスを犯したら、まずは一言直接謝罪をする

ミスを犯してしまったら、上司に対してまずは一言、謝罪しましょう。一例として遅刻を出しましたが仕事中のミスでも同じです。そんなこと当然じゃないか。と思われていても意外としっかり謝罪できていない方々はたくさんいます。
難しく考える必要はありません。「大変申し訳ございませんでした」「心よりお詫び申し上げます」といったよく聞くお詫びの言葉でいいので、しっかりと発声して謝る姿勢をみせましょう。

ミスを犯したら言い訳せず単刀直入に結論から言う

ミスを犯してしまった時には、まずポイントは単刀直入に結論から申告し(言い訳はしない)、謝罪します。ミスをした理由は上司から聞かれたら話しだしましょう。 仕事中にミスしてしまった場合は、いつミスが起きたのか、自分が気づいたのはいつか、ミスをカバーするにはどうすれば良いのかをしっかり話しましょう。重大なミスであればあるほど、自分のミスを正当化している時間はありません。

どうしても上司から許してもらえずに居心地が悪い場合は

仕事でミスをしたことを謝罪したが、どうしても上司から許してもらえないこともあります。それが故に、職場での居心地が悪くなって、精神的にきつくなることが考えられます。そういった状況を抜け出す方法の一つに、転職があります。
転職では職場環境を大きく変えることができますので、現状を打破できます。転職エージェントでおすすめなのが、転職実績業界No.1の「リクルートエージェント」です。あなたの転職活動をトータルでサポートしてくれますので、ぜひ利用してみてください!

上司への謝罪メールを送るときの注意点は迅速&丁寧に

ミスして上司への謝罪メールを送る際の注意点と例文を見ていきました。ミスや失敗は誰しもが経験します。大事なのはその際にどのような謝り方をして対処をするかです。
謝罪の仕方も上司に見られていますので、決して手抜きはせず、誠意のこもった言葉とメールで謝るようにしましょう。
また、その失敗への迅速な対応も重要です。ミスを二度と起こさないことも大事ですが、起こしてしまったときの謝罪と対処もしっかりと行ってください。

転職者必見

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム