事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年01月10日(水) 更新

尊敬できない嫌な上司と接する際に役立つ8つの対処法

尊敬できない嫌な上司は存在するのか?

企業という組織で働く上で、社内での異動や退職などで人が入れ替わるのは、日常茶飯事。企業によっては、約2~3年で上長が代わっていくというところも多いようです。

そんな時、どうしても尊敬できない、嫌いなタイプの嫌な上司に当たってしまうのは、会社員にとって最大の不幸といっても過言ではないかもしれません。そんな嫌な上司と言われるダメな上司と、接するときの対処はどうすればいいのでしょうか!?

「2-6-2の法則」でどんな企業でも尊敬できない嫌な上司は存在する

「2-6-2の法則」はご存じでしょうか。優秀な人が2割、平均が6割、出来の悪いのが2割。人々が集団やグループを構成した場合、自然発生的にこういう内訳になるという法則です。

つまり嫌な上司や、尊敬できないダメな上司は、会社というグループの中で割合的に存在するのです。全員が嫌な上司というわけではありませんが、こうした法則はあてはまります。

尊敬できない嫌な上司にあたった場合の対処法は?

もし嫌いなタイプや尊敬できない上司にあたってしまったら、どう対処すればいいのでしょうか。何もしないでいるとストレスが溜まるだけですし、有効な手とは言えません。嫌な上司や尊敬できない上司の対処法を考えてみましょう。

尊敬できない嫌な上司の対処法:行動を予測して憂さ晴らし

対処法として尊敬できないダメな上司が、次にどんな行動を取るか心の中で事前に予測しましょう。尊敬できないダメな上司なので、思考パターンは大体つかめるはずです。

こちらが思っていた事を、ダメな上司が言ってきたら「やっぱりな」と心の中で笑いましょう。嫌な上司は掌で踊っているのです。

尊敬できない嫌な上司の対処法:役に立つ行動を一切取らない

嫌な上司と業務連絡以外接しないという対処法があります。だって尊敬できないわけですから、業務に加担するつもりはさらさらありません。

ただし、職場のチームワークを乱すような行動はとりません。あくまで嫌な上司に対してだけです。尊敬できない上司の人間性が改善は期待していません。

尊敬できない嫌な上司の対処法:会社を辞める

尊敬できない上司に相手に、敬意をしめすのは不可能です。解決方法はどちらかがいなくなる。つまり会社を辞めるという対処法です。

そのまま続けていても、ダメな上司のために精神的に病んでしまうという場合もありますから、尊敬できない上司のもとをさるのも一つの対処法です。

▼関連記事

発想の転換という対処法もある

ダメな上司がどうしても耐えられない!尊敬なんてできるわけがない、もちろん嫌い。こうなってしまったら、ダメな上司がいる職場に行くのが苦痛で仕方ないでしょう。これでは仕事を続けることすら難しいのでは。そんなときは、発想を転換という対処法を試してみしょう

尊敬できない嫌な上司の対処法:成長できるとプラスに捉える

発想の転換という対処法で、尊敬できない上司・嫌な上司がいるから逆に自分が成長すると思いましょう。この発想の転換は効果的な対処法でしょう。

尊敬できない嫌な上司が、自分の仕事上の裁量範囲が大きくし、プラスになっていると発想を転換してみたら、職場に行くのが苦痛にならなくなるかもしれません。

尊敬できない嫌な上司の対処法:かわいそうだと思う

尊敬できない上司や嫌な上司が高齢の場合、自分と同じ勉強をしても生かす機会がないんだろうなと思って、かわいそうな目でみましょう。

こちらはまだ若くて向上心が高い!でも尊敬できない嫌な上司はもう数年で会社とおさらば。あぁ、なんてかわいそうと思いましょう。

尊敬できない嫌な上司の対処法:反面教師にする

尊敬できない嫌な上司を反面教師と思いましょう。つまり、尊敬できない上司を観察して、その逆がビジネスパーソンとして人材価値を向上・維持させます。

尊敬できない上司ですから、その逆をいけば尊敬できる上司になります。観察するのも嫌だと思いますが、反面教師だと思って見てください。

そのほかの実践してみたい尊敬できない・嫌いな上司への対処法

上司が尊敬できない、嫌いと諦めなくても対処法はまだあります。ぜひこれから紹介する対処法を見ていきましょう。
あとはひとまず落ち着いて、上司とコミュニケーションを取りつつ、状況を少しでも改善していくにはどうすればいいかを考えてみましょう。

尊敬できない嫌な上司の対処法:性格をよく理解しようと努力

嫌な上司でも人間です。十人十色の性格でやはり相性があります。そんな簡単に相性の良し悪しは改善できないかもしれませんが、尊敬できない上司の性格を見ていてはいかがでしょうか。

相手の性格を理解して、相手が自分に対してどう思っているか考えることが、必要かもしれません。

尊敬できない嫌な上司の対処法:話し合う機会を作る

何となく嫌な上司や、尊敬できないと上司を思っていませんか?もしかしたら今まで話し合う機会がないからそう思ってしまったのかもしれません。

尊敬できない嫌な上司でも上司には変わりありません。相互理解を進めることは悪いことではありません。話し合う機会を作る努力をしてみてはいかがでしょうか。

これ以上対処できない場合は転職を視野に入れよう

上記で紹介した対処法を実践しても尊敬できない場合は、転職を視野に入れるのもアリです。尊敬できない上司の下で働いても、成長することは難しいですので、キャリアアップが臨めません。転職で環境を変え、尊敬できる上司の下で仕事をしましょう。
転職する際は、求人紹介や履歴書作成、面接対策などを行ってくれる転職エージェントを利用すると良いです。
特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

嫌な上司や尊敬できない上司の嫌いな部分以外を見つける対処法を実践しよう

嫌な上司や、尊敬できない上司と言ったダメな上司にあたっても、決して腐らないでください。
発想の転換次第で、マイナスな状況はいくらでもプラスに考えられます。その上司も何かしら自分の役に立つことがあるはず。そんな思いで上司を見てみるのもいいでしょう。

ただし、どんなに発想を変えてみても、できない上司は変わりません。その時は見切りをつける、見捨てるという対処法が必要になることもあるかもしれませんね……。
また上司が、尊敬できないのであれば、会社外に尊敬できる人物を作るという手もあります。悪い人に当たれば、次の出会いは良い人になる可能性が高いですよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム