2018年10月19日(金) 更新

上司が自分にだけ冷たい場合の部下としての適切な接し方

上司が自分にだけ冷たい場合にまずすべきこと

職場で「なぜ上司は私にだけ冷たいの?」と思い始めてしまうと、上司の態度が冷たいとき、職場での自分がとる行動も変わってきてしまいますよね。
上司との接し方を考える前に、まずはあなたが上司に対して「冷たい」と感じた原因や理由を探すことが必要になってきます。

冷たいと感じた原因を探る

なぜ上司が自分にだけ冷たいと感じたのか?を考えてみてください。あなた自身が、何か具体的な言葉や行動があったために上司が急に冷たくなったと感じたはずです。上司が自分にだけ冷たいというのは実は自分の思い込み、ということもなくはないので、まずは自分にだけ冷たいと感じた原因を再確認しましょう。

上司が自分にだけ冷たいという感情を最初に抱いた時のことを思い出して、自分のその後の行動に当てはまるところはないかを確認してください。

冷たいと感じる理由を探る

次に、自分にだけ冷たいと感じる理由について考えてみましょう。上司が急に冷たくなったと映る行動であっても、上司の態度が冷たいのは何かしらの理由があってのことかもしれません。上司も仕事上そうしなければならないことだってあります。

職場で上司が急に冷たくなったと決めつける前に、上司の事情を考慮してみてはいかがでしょうか。

上司との付き合い方を考える

自分にだけ冷たい上司だったとしても、仕事に支障が無ければ問題はありません。もし職場での上司の態度に冷たさを感じているのがあなただけであれば、自分にだけ冷たいというのはあなたの思い込みということも考えられます。

しかしながら、上司が急に冷たくなったのは自分だけが嫌われているから、という可能性も無きにしも非ずです。その場合は自分が嫌われている理由を見つけ出し、改善する努力が必要となります。

上司の接し方の原因は自分に?嫌われる部下の特徴

上司が急に冷たくなったのは、あなたに原因があるからだという場合もあります。上司が嫌う部下の特徴をご紹介するので、上司が自分にだけ冷たいと感じている人は、あなた自身に当てはまっていないか、チェックしてみてください。

仕事に対してやる気がない

よく職場で不平・不満を表に出したり、あからさまにだるそうにしていて仕事に対して熱意を感じられない部下は、上司も一緒の職場で働くのが嫌になってしまいますし、上司としてもそういった部下に対しての扱いに困ります。
職場でそういった仕事への態度を見せてしまうと、上司の態度も冷たくなってしまいます。

何度も同じミスを繰り返す

部下のミスに対して、サポートするのも上司の役割です。しかしそんな中で迷惑をかけていることにも気づかず、同じミスを繰り返している部下には上司も呆れてしまいます。しっかりとミスを認めることはもちろん、そこから学んで繰り返さないように努めるべきです。

社会人としてどうなの?という態度

新入社員であれば、いつまでも学生気分というわけにもいかないため、社会人として自覚をもって行動していかなくてはなりません。たとえ上司と親しき仲だとしても、上司に対しての礼儀は忘れてはいきません。部下は上司に対しての言葉遣いや行動には気を付けましょう。

毎回細かい指示がないと動かない

入社して間もない頃や新しい配属では、色々と慣れないことも多いでしょう。そうした場合に便りになるのが上司の存在です。しかし、ある程度業務に慣れたら、毎回許可や再確認を取る必要もなくなるので、上司に一々確認するのではなく臨機応変に対応するようにすべきです。

自分にだけ冷たい上司と具体的にどう接していけばいいのか

職場の上司が自分にだけ冷たい場合にまずすべきことと、上司に嫌われる部下についてご紹介してきましたが、具体的な方法としてどうやって自分にだけ冷たい上司と接していけばいいのでしょうか?
上司の態度が冷たい時の接し方として、いくつかのポイントをお伝えします。

仕事に対する姿勢を改める

仕事ができたり、仕事に対して熱意を持っている部下は上司にも好かれます。あなたがもし仕事ができなかったり、ミスやできない仕事を克服しようともしていないのであれば、努力してそのミスを克服していくと良いでしょう。

忙しい上司の状況を見計らって配慮する

あなた自身も、忙しいとついつい冷たい態度をとってしまうことがありませんか。しかし、その忙しさは上司も同じなので、あなた自身もそれを理解した上で上司へ配慮することが必要なのです。上司に質問したり、確認したりするのは、上司のタイミングを見計らうと良いでしょう。

時と場合によっては上司との相性を気にする必要もない

上司から仕事上の挨拶や応対が返ってきているようなら、上司が自分にだけ冷たい態度を取っていたとしても、そこまで気にすることもないでしょう。上司も人間ですので、誰かと相性が合わないこともあります。そういったときに、無理して上司との距離を縮めようとしなくてもいいかもしれません。

改善しない場合は転職を考えるのもアリ

上司から冷たく接せられるので、気になることは改善したが、それでも状況が変わらない。その場合は、転職を考えるのもアリかもしれません。転職では、職場環境を大きく変えられます。しかし、いきなり転職なんて不安ですよね。そんな時は、転職エージェントを利用すると良いですよ。

転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介し、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれるのです。特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

自分にだけ冷たい上司には理由を聞くか、原因を探ってから接し方を改めて考えよう

上司が自分だけに冷たいのであればそれはショックですよね。しかしながら、万が一自分にだけ冷たい上司がいる場合、あなたに原因があることも考えられるのです。
その際、「なんで私にだけ冷たいの?」と思う前に、上司の態度が冷たい時の接し方を改めなければなりません。

直接上司にその理由を聞くことができないことが大半だと思うので、第三者を介して上司に聞いてもらったり、同僚に自分の社内での評判を聞いてみるのも、上司の態度が冷たい原因を考える一つの手ではあります。
間違っても、上司と冷戦状態にはならずに早めに解決して、上司と温かい関係になれるようにしましょう。

あわせて読みたい

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム