2016年11月29日(火) 更新

上司に嫌われた時に効果的な対処法と嫌われない予防策

上司に嫌われたら?上手い対処法とは?

仕事の失敗が原因で上司から嫌われたら…?信頼を失った部下の対処法や付き合い方に正解はあるのでしょうか。まず、上司に嫌われたら早急に対策を考えて、上司との関係修復に努めるようにしましょう。対処法を行わず、上司に嫌われた状態では仕事がしづらくなるのは目に見えています。

上司に嫌われたら好意を持たれるよう努力するべき

上司に嫌われたら、まず対処法を試してみてください。対処法とは「好意を持たれたい」という素直な認識に変えて働くことです。そう意識を変えて、前向きな行動をとりましょう。上司から行為を持たれたいと自分で意識を持ち、そのために努力する姿勢を作ってください。

努力するうちに自信が身に付いてきたら、人の思惑は正直どうでもよくなっていきます。それまでは好かれようと心掛けるのが一番の対策になりますよ。

上司から「嫌われた…」と不安になった時の対処法

仕事を円滑に続けるためにも上司から嫌われたくないものです。もし上司に「嫌われた」と不安になった時には早期に対応策を考え不安を払しょくするようにしましょう。「嫌われた」と何も対処法を実行せずにいても何も解決しません。もしかしたら付き合い方が不安にさせる原因かもしれません。

少しずつコミュニケーションをとる

社会人となり、事務的な伝達はできても雑談ができず、飲み会では孤立してしまうなど、コミュニケーションをとることが苦手な場合、自分はそういうタイプだ、とまず自覚しましょう。

それが嫌われたと思っているのであれば、付き合い方を変えて、自分から少しずつ、コミュニケーションをとるようにして、不安や誤解を解く対処法を実行しましょう。

「嫌われた」原因から対処法を考察

なぜ嫌われたと思うのかという深層心理を自覚したうえで、上司とコミュニケーションをはかる努力をしましょう。付き合い方を意識的に変える対策をしてください。挨拶などのシンプルなことから行動に移す、というように付き合い方を少しづつステップアップさせていくのがオススメです。

上司に嫌われないためには?

上司に嫌われた際の対処法や付き合い方はいかがでしたか。上司に嫌われないように自分の考え方や行動を改善する事も対処法や付き合い方として大切な事です。

上司に≪報・連・相≫を必ず行う

上司には必ずホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)を行いましょう。こまめに進捗を報告することで、勝手に進めてトラブルを発生させて、上司から信頼を失って嫌われるという事態を避けられます。

途中経過の報告があれば、事態収拾のために早く対処でき、多少減点があっても、挽回の機会を与えてもらえるものです。

上司からの突発的な仕事を断らない

「これ緊急にはいった案件で資料整理を明日までよろしく」上司からの突発的な仕事を断らないのが嫌われない対処法です。多少嫌かもしれませんが、上司から任せられるという付き合い方が嫌われないコツの一つです。

上司から嫌われたら原因を追求して解決行動へと繋げるべき

上司に嫌われた際の対処法や付き合い方や、「上司に嫌われているのではないか?」と不安になった時の対処法や付き合い方、そして上司に嫌われないための対策についてご紹介しました。

円滑に業務を遂行するためにも、上司から嫌われた状態を維持したくないですよね。上司に嫌われたら、嫌われた原因の追求とその解決が一番の対策かもしれません。上司に嫌われたと感じた時に参考にしてください。

関連コラム