2017年06月29日(木) 更新

結婚報告メールに絶対役立つ例文集【上司・同僚・知人編】

知人に結婚報告をするメールの文例

まずは、知人に結婚報告をする際のメール文例を見ていきましょう。
知人といっても仲の良い友達から、人付き合い程度の人もいるでしょうから、文例のように文章をどれだけ崩すかを意識して書くといいでしょう。

親しい知人に結婚報告するメール文例

結婚報告メール例文①

件名:入籍のご報告

××さんへ

以前からお話していたとおり、○○さんと○月○日入籍しました。
皆さんに入籍の報告ができていませんでしたので、来る○月○日お昼に
我が家で結婚の報告と○○さんの紹介を兼ねたパーティを開催します。

当日は、シェフの○○さんと私で食事を準備します。
××さんもぜひきてくださいね。

まずはご案内とお願いまで。

○○ゆかり(旧姓 △△)

最近連絡を取っていなかった知人への結婚報告の文例

結婚報告メール例文②

件名:結婚のご報告

××様

ご無沙汰しております。△△です。
お元気にしていらっしゃいますか。

この度、ご縁があり、平成○○年○月○日に結婚いたしました。
結婚式は、身内のみで行う予定です。

なお、結婚に伴い、「○○(ふりがな)」に名字が変わりました。
お手数ですが登録のご変更をお願いいたします。

今後とも変わらぬお付き合いを、よろしくお願い申し上げます。

○○ゆかり(旧姓 △△)

上司や同僚に結婚の報告をする前に

仕事上のマナーとしてもそうですが、日頃からお世話になっている会社の上司や同僚対してのマナーとして、結婚の報告は必ずしましょう。上司が結婚相手を知っている場合でも、知らない場合でも、きちんと伝えるのが礼儀です。まずは結婚報告の際のポイントを見ていきましょう。

報告前に結婚式に関して内容を決めておくと良いかも

まずは会社の上司や同僚を結婚式に招待するかどうかを明確にしておくと良いかもしれません。結婚報告のメールは招待する人、しない人どちらにも送る事になるでしょうが、それによって内容がかなり変わってきます。具体的な日取り、お相手の簡単な紹介など、最低限の報告はできるだけ確定してから早い段階で上司に伝えましょう。

今後の仕事に関しても決めておく

会社の上司ですから、重要なのは今後の仕事に関してです。結婚を機に今後の仕事を続けるのか、方向性を示しておかなければいけません。今後もよりいっそう仕事に精進するならその旨を伝えましょう。 あるいは結婚を機に会社を退職するなら、上司にその旨を伝えなければいけません。さらには新婚旅行などの休暇申請が必要なケースも出てくるかと思います。そうした事情はきちんと考えておかなければいけません。

上司や同僚に結婚報告をする際のメール例文

上司や同僚に結婚報告をする際の基本項目を紹介しました。次にメールで結婚報告をする際の例文を紹介します。本来であれば、メールでなく直接報告すべき内容ですので、メールの内容は丁寧に書き、誤字脱字にも気をつけましょう。

結婚式に招待するケースの結婚報告メール例文

結婚報告メール例文③

営業部
田畑部長

お仕事中失礼致します。
私事で恐縮ですが、この度、ご縁があり結婚することとなりました。

相手の方は、○○に勤めている吉田さんという方です。

結婚式は○月○日に○○ホテルで挙げる予定ですので、
田畑部長にもぜひご列席いただきたいと思っております。

あらためて招待状をお渡し致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

プライベートでは多少忙しくなりますが、
家庭と仕事の両立を目指して努力していく所存です。

今後とも、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

署名

結婚式に招待しないケースの結婚報告メール例文

結婚報告メール例文④

各位

お仕事中失礼致します。
私事で恐縮ですが、この度、ご縁があり結婚することとなりました。

相手の方は、○○に勤めている吉田さんという方で、
結婚式はごく身内のみで行う予定です。

結婚に伴い、名字が変わりますのでお知らせ致します。

新しい名前は吉田ゆかりです。

業務用メールアドレスは○月○日より変更予定ですので、
手続きが終わりましたら、また改めて報告致します。

もしくは、
結婚後も旧姓のまま仕事を続けますので、

メールアドレス等の変更はございません。


ご面倒をおかけしますが、よろしくお願い致します。

プライベートでは多少忙しくなりますが、
家庭と仕事の両立を目指して努力していく所存です。

今後とも、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

署名

会社の上司や同僚に結婚報告をするタイミング

メールで結婚報告をする時には報告相手の順位やタイミングが重要です。
会社の上司や同僚への結婚報告は、結婚式を挙げるか挙げないかで変わってきます。結婚式を挙げる場合の結婚報告は、結婚式の日取りまで決まった時点でのタイミングがベストです。
結婚式を挙げないケースでは、婚姻届提出のタイミングを見計らって、結婚報告を上司にしましょう。上司が結婚式に呼ばれないのかな、と思われないよう、結婚式の予定がない事も一緒に伝えましょう。

結婚報告と同時に今後の報告ステップについて確認すべき

会社の上司に結婚報告をしたら、それと同時に、さらに上の上司への報告や、職場全体への報告などをどうすればいいか確認しましょう。 そして上司のアドバイスには従いましょう。なお、避けたいのが、結婚の報告前に人づてに上司の耳に入ってしまうことです。上司がすでに知っている状態で結婚報告というのは好ましくありません。会社では、まず上司へ報告が鉄則です。

結婚報告をメールでする際は文章や内容に十分注意しよう

知人に結婚報告をする際の文例と、上司や同僚に結婚報告をする際の基本項目、メール例文、伝えるタイミングを紹介しました。メールで上司への結婚報告をしなければいけないときにぜひ活用してください。企業への結婚報告はそう何度もあるものではありませんが、ビジネスマナーも守りつつ報告しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム