事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年12月22日(金) 更新

擬似恋愛から上司と不倫に発展する人の3つのケース

疑似恋愛とは?

それでは、上司と不倫に発展する人の特徴と対策法を紹介する前に、疑似恋愛とはどういう意味なのかについて知っておきましょう。疑似恋愛とは読んで字の如く、擬似の恋愛のことです。

疑似恋愛とは、絶対的にこういった恋愛のことを指すとは定義で決まっていません。疑似恋愛を言うなれば、「偽物の恋」「恋愛ごっこ」「本気じゃない恋」「感情を持たない恋人の関係」「その場限りの恋愛」など、疑似恋愛とは色んなシーンでその言葉を使われています。

疑似恋愛をする人の特徴

疑似恋愛とは前述で、「本気じゃない恋」など色々なシーンでその言葉を使われていると言いましたが、ではそのような疑似恋愛をする人の特徴を見ておきましょう。

・恋愛に対して臆病になっている
・自分のペースを守りたいマイペース派である
・恋愛をしている余裕がない
・恋愛をしたってどうせ時間が経てばダメになると思っている

以上のような人が疑似恋愛をする人の特徴として多いです。

上司との疑似恋愛の先に待ち受けるものとは?

職場での上司との疑似恋愛。果たして上司との疑似恋愛は良いのでしょうか。二人とも独身の場合は、上司との不倫関係に発展する可能性もなく、上司が既婚者の場合よりはいいでしょう。

しかし、いつまでもそんな疑似恋愛という曖昧な関係でいると、いろいろと不都合も出てくるようです。周囲の目が厳しくなる前に上司との疑似恋愛を止めたいですね。

また、上司との疑似恋愛を続けているとその先には、どのような未来が待ち受けているのでしょうか。

疑似恋愛がやがて「上司と不倫」に発展する

疑似恋愛の場合、女性は上司に対し好意を抱いていても一線を引くのが多いので、男性上司から女性に積極的にアプローチし、その一線を越えるパターンが多いようです。社内不倫もこのケースが多いのです。

しかし、いくら女性が一線を引いていても上司からアプローチをされると、そのまま上司の誘いを断れず、上司と不倫に発展するようになります。

上司と不倫に発展する人のケースとは?

上司がバリバリ仕事をこなす姿を見ていたり、困ったことがあれば横からサッと助けてくれる優しさに触れたり、ちょっとした恋愛感情が積み重なって、自分は上司に恋をしているのかも、と勘違いする部下の女性がいるようです。それでは、疑似恋愛から上司と不倫に発展する人の特徴を紹介します。

ケース①:プライベートの相談から不倫に発展

こちらも上司と不倫の関係になる人の特徴です。異性の上司や先輩に、部下や後輩がプライベートの相談をする。特に恋愛に関係する内容の相談だと、上司や先輩も「異性」という目で部下や後輩を見ますから、そのような関係に結びつきやすいのです。

そもそも、異性の上司や先輩に恋愛に関する相談を持ちかけたということは、つまりその部下や後輩は、その上司に心を開いている証拠でしょう。また、特に恋愛ごとの悩みを悩みを抱えている時に、異性から優しい言葉をかけられると、気持ちがその人に揺らぐという人が多いです。ですから、上司と不倫の関係になるきっかけになりやすいのです。

ケース②:2人きりの残業がきっかけで不倫に発展

日常業務の中にも上司と不倫の関係が生まれるきっかけはあります。その最も代表的と言われているのが、2人きりの残業です。たとえば、既婚の男性上司と、若手の未婚女性社員がいっしょに残業したとします。最初は他にも残業する社員がいたものの、1人帰り2人帰り、最後はその上司と2人きりになります。

そして、ようやく残業業務を終了して会社を出ようとすると、上司が「お疲れ様、軽く一杯、どう?」と部下を誘うのは、ごく自然な流れです。その段階で、上司に下心はないとしましょう。

しかし、実際に2人で一杯ということになると、そこには特別な感情が芽生えがちです。お酒のためだけではありません。いっしょに夜遅くまで仕事をしたという、「同士意識」が、2人の間に特別な連帯感を生み、それが、男女の関係に発展させてしまうのです。上司と不倫の関係や疑似恋愛をする人の特徴です。

ケース③:部下が上司に褒められたことがきっかけにで不倫に発展

上司と不倫をする組み合わせとして「上司(男性)×後輩(女性)」が多いのは、「女性は男性に対して頼りがいを求めるため、仕事を教えてくれたり、困ったときに助けてくれたりする"先輩"が魅力的に見えます。

男性は女性が頼りにしてくれることに対し、疑似恋愛的なものを感じることがあります。また、男性は褒められるのが好きなので、女性側に恋愛感情がなくても『○○さん、すごいですね』と言われると、勘違いすることがあります。そのまま上司と不倫に発展してしまう可能性があるのです。

上司と不倫に発展しない為の対策法とは?

疑似恋愛とは、将来的に見るとやはり「上司と不倫」になる可能性があるなど、できれば避けたいものです。では、疑似恋愛から上司と不倫に発展しない為の対策法を紹介します。

対処法①:上司と不倫に発展する前にブレーキをかける

まだ上司と関係が曖昧な今。身体の関係も無い今。疑似恋愛の気持ちにブレーキをかけるなら今しかありませんよ。職場での出来事も考えてみてください。上司と不倫という風に職場に広まったりでもしたら、職場でも辛い思いをするのですよ。

対処法②:部下は上司と公私のけじめをつけた態度で接する

正直に言って、上司は公私のけじめをつけないずるい人だと思います。そんな上司の甘い誘ういに部下が引きづられ、上司と不倫に発展し、さらに奥深くまで引きずられて身体の関係をもつなど辛い思いをすることは間違いないです。上司と部下の関係をしっかりとわきまえ、公私の区別をつけて接し上司と不倫の関係にならないようにしっかりと対処しましょう。

疑似恋愛・不倫関係にならないよう上司と部下として公私のけじめをつけること

上司と不倫に発展する人の特徴と対策法を紹介してきましたが、いかがでしたか?疑似恋愛とは、「本気じゃない恋」や「その場限りの恋愛」など擬似の恋愛のことでしたよね。

そして、疑似恋愛に悩む部下の女性の声が、世間には多く溢れているのが現実です。両方共独身で、お互いにその恋愛関係を楽しんでいるのならばまだしも、片方が既婚者の場合は上司と不倫の関係となり、周囲から徐々に冷たい目で見られることとなります。

疑似恋愛や、上司と不倫の関係といった泥沼にはまりたくない人は、上司と部下として公私のけじめをつけ、恋愛感情を自制しましょう。そして適切な距離感を掴むようにしましょう。不倫はあなたと相手の明るい未来を奪います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム