事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年09月26日(水) 更新

口の悪い上司にストレスを溜めないための接し方3ヵ条

ストレスMAX口が悪い上司にもう限界

口が悪い上司は、周囲に怒鳴り散らしたりパワハラ紛いの発言をしていたりと、逆らえない部下としては口の悪い上司というのは困った存在です。また同じ職場で働く部下としては、口の悪い上司というのは当然気分が悪いものです。そんな「口の悪い上司」への接し方にコツなんてあるのでしょうか。口の悪い上司のことでストレスを一定以上溜めこまないためにも、部下の方は接し方を知っておいて損はないはずです。

何を言わせても馬鹿にされる

仕事上の報告をしようと思っても、その報告するべき上司の口が悪く嫌な言い方しかしてこないため、話し掛ける気にもならない、というパターンは、実は多いです。上司本人の仕事がデキるデキないに関わらず、すべての事に対して馬鹿にしてくる口の悪い上司とは、正直あまり関わりたくありません。こういった場合、ほとんどの人が口の悪い上司に馬鹿にされることを避けるため、黙っている事が多いです。

口が悪い短気な上司は扱いにくい

職場の上司がかなり短気、というケースも珍しくありません。仕事上忙しい時とそうでない時の波はあるでしょうが、忙しくなるとイライラして怒ってばかりの短気な上司がいる経験はあるのではないでしょうか。口も悪く怒っている時は「○○しろ!」「○○やれ!」のような話し方で怒鳴られます。ごくまれに機嫌がいい時のみ、ちょっとお調子者だったりします。そういう短気な上司はちょっと面倒くさいです。

口が悪い上司の接し方①「毅然とした態度で」

口の悪い上司を自分のペースに持っていく

上司の言い分をずっと聞いていると気が滅入ってしまいます。そんな時には、「その指示ってそもそも何のためにやるんでしたっけ」と上司の思考を確認したり、「こういうやり方はいかがですか」と提案をして先手を打ったりすることが大切です。真向対決をするのではなく、うまく仕事が回るようにしながらペースをつかんでしまいましょう。

上司の口の悪さにいちいちうろたえない

表現の悪さに毎回ストレスを感じていては身が持たないです。そんな人なんだ、この人なりのコミュニケーションなんだ、と思ってうまく流してしまいましょう。

上司の目を見て真っ直ぐに突っぱねる

とはいえ我慢にも限界はあるはず。あなたが我慢できないということは周りの人もそう思っているかも知れません。面と向かって表現の見直しを求めることも大事なことです。相手をちゃんと見て堂々と対峙してください。

口が悪い上司の接し方②「味方を作る」

口の悪い嫌な上司に一人で対抗するのはとても大変かもしれません。そのため、味方を作っておくようにしましょう。状況を理解してくれる人や、その上司から同じような被害を受けている人と何か協力ができるかもしれません。そういう人が存在するだけでも心強いものです。また、その上司のすることがあまりにも無謀だったり、会社の不利益と思われる場合には、「その上司の上司に訴える」という非常手段も考えられます。

「社外」に転職のためのコネを作っておくのも大事!

上司は、部下の能力を台無しにするダメ上司でもあります。そんな上司のせいでせっかくのキャリアアップのチャンスを逃してしまった…なんてことにならないように、今からでも目線は常に外に向けておきましょう。上司との関係にばかり目を向けていては、あなたの気持ちもキャリアもどんどん委縮してしまいます。部外や社外の人とのつながりを大切にして、転職のためにどんどんネットワークを広げていきましょう。在籍している社内にだけ目を向けていたままでは視野が狭いです。

口が悪い上司の接し方③それなりの対応(心ではスルー)

嫌な上司と接する時には、淡々と対応するのもひとつの手段です。そのためには、「この人はこういう人」とわかった上で、相手の悪い所はできるだけ軽く受け流し、あまり嫌な気持ちにならないように心がけておきましょう。

ため息つく程度の気持ちで聞き流そう

嫌な上司と接する際に、たとえば、口の悪い上司の言い方や相手の態度には「またか(溜め息)」と軽く考えるようにし、上司の言葉の中から必要な情報だけを受け取り、「そうですね」「わかりました」「すみませんでした」といったように、何も気にしていないような涼しい顔でやりすごしましょう。そうすることで、必要以上に自分の中にストレスを溜めずにいることができます。

「この人は小学生なんだ」と見下して相手してあげる

口の悪い上司にストレスを感じてしまうのは、つまりは「上司なのになぜこんなに人間としてできてないんだろう」と思ってしまうからでしょう。口の悪い上司に対しては、上司として見るのではなく、自分より年下…小学生か中学生くらいの目線で見守るような気持ちで対応してみましょう。「子どもに駄々をこねられているんだ」ってくらいに捉えることができるようになると、口の悪い上司に何を言われても聞き流し、間に受けず、愛想笑いをしてストレスに感じなくなるようになります。

口が悪い上司に嫌気がさしたら転職を考えるのもあり

口が悪い上司の下で働くのはストレスが溜まりますし、気分が悪いですよね。そんな状況に嫌気がさしたら転職を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

口が悪い上司には「毅然とした態度」・「味方を作る」・「それなりの対応」3つのやりかたで対策しよう

口が悪い上司とはどこの職場にもいるもの。そう思っていても口の悪い上司がいることでストレスが溜まり、どうしようもなくなったら、ブチ切れる前に今回紹介した3つの接し方を試してみてください。また、その際に自分の評価が下がるような言動は慎むこと。周りから軽蔑の視線を向けられるのは、口が悪い上司だけで十分です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム