2017年10月02日(月) 更新

上司へのお見舞いメールに使える気遣いのフレーズ一覧

入院中の上司をお見舞いをする際のマナーとは

日ごろからお世話になっている上司が、入院してしまった場合、どのような対応をとれば良いのでしょうか。
直接、病院に行きお見舞いをすればいいのか、簡単な挨拶をメールで送る程度にするのか迷いますよね?
ここでは、上司のお見舞いをする際のマナーについて紹介していきます。

入院した上司へのお見舞いはメールが適切な方法

上司が入院した場合のマナーとして、直接お見舞いに行くよりも、お見舞いメールや、お見舞い品に手紙を添えたものを贈るのがいいでしょう。
よっぽど仲のいい場合は、直接お見舞いに行く方が良い事もありますが、一般的にはお見舞いに行かず、メールやギフトを贈るのが上司のお見舞い方法としては適切です。

お見舞いメールは堅苦しくない方が良い

お見舞いメールでは、心理的にプレッシャーを与えてしまうような表現には十分気をつけましょう。病状を詳しく聞いたり、あまりにも丁寧に励ましたりすることは避けましょう。
また、お見舞いメールには、基本的に時候の挨拶は不要です。あまり堅苦しいメールでなく、軽く体の調子を尋ねるなどの内容が良いでしょう。
病気の程度によっては、言葉の使い方1つで相手を傷つけてしまうこともあります。できるかぎり、相手の病状が現状を理解したうえで、お見舞いメールを作成するようにしましょう。

入院中の上司にお見舞いメールを出すときに適切なフレーズ

上司へのお見舞いメールは、そんなに頻繁に送るものではありませんよね?
しかし、デリケートなことだけにメールの内容や言葉遣いに悩む事もあると思います。
ここでは上司へお見舞いメールを送る際に適切なフレーズを紹介していきます。

お見舞いメールに使える気遣いフレーズ集

■お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。
■ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。
■お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。
■この際十分なご静養をなさるよう願っております。
■今までお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。
■くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。
■ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。
■十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。
■一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。
■何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。
■気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。

上司が入院した際のお見舞いメールは堅苦しくなく思いやる文面で

いかがでしたか?上司が入院した際に送るお見舞いメールのマナーについて紹介してきました。
病気のときは誰しもが気弱になっているものですから、気分を下げるようなことは決して言わず、うまく上司を元気づけてあげたいものですよね。
お見舞いメールを送る際は、相手を思いやって元気が出るような一言を送りましょう。その際に、この記事のフレーズ等を参考にしていただけると幸いです。

関連コラム