2016年12月26日(月) 更新

新入社員が把握しておくべきパンプスの選び方

パンプスまで上司や先輩は見ている

新入社員は、上司や先輩社員から特に注目される存在です。それは仕事の取り組み方や挨拶などの対応だけでなく、服装など身だしなみも同様です。

パンプスについて気にしない人も多い

身だしなみといわれ、化粧の仕方や洋服について考える人は多いでしょう。しかし忘れがちなのが足元であるパンプスです。あまりパンプスにまで気を遣う人は多くありません。そのため、パンプスの素材がエナメルであったり、汚れていたり、かかとのゴムが外れコツコツと音を出して歩いている新入社員は少なくありません。

パンプスを選ぶ際に覚えておくべき5つのポイント

では、新入社員がパンプスを選ぶ際、どんなことをポイントに購入するべきでしょうか。5つポイントをご紹介します。

・ヒールの高さ
・素材
・デザイン
・カラー
・サイズ

以上の5つです。

ヒールが高く明るい色のものは派手な印象を与える

職種にもよりますが、新入社員のパンプスのヒールが7cm以上であったり、原色であったりすると、派手な印象を与え、悪目立ちしてしまう可能性があります。そのためヒールは5cm程度、素材はエナメルでないもの、色は黒や紺などのシックな物にすることで、スーツにも合わせやすく、マナーのある新入社員であると服装から示すことができます。

パンプスのデザインやサイズにこだわると疲れにくい

また、パンプスのデザインやサイズを適したものにすることで、疲れにくく1日中履いていられます。可愛さだけにこだわらず、新入社員であれば、まずは実用性を考えるようにすべきでしょう。

新入社員のパンプスは5つポイントを参考に選ぶようにしてみよう

新入社員のパンプスの選び方についてご紹介してきました。新入社員であれば、身だしなみも注目されていることを忘れずに洋服を選んでいかなくてはいけません。パンプス選びのポイントとしてはまず、ヒールの高さとカラーです。そして機能性です。すぐに疲れてしまうパンプスでは仕事になりません。新入社員のうちはおしゃれよりも実用性重視で考えることをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム