2016年11月25日(金) 更新

新入社員研修の一般的な実施期間とその教育内容

新人研修の期間が短いものはハードなの?

新人研修の期間は、短い所もあれば長い所もあります。ただ、長い新人研修と言っても1ヶ月がマックスです。一般的な新人研修の期間とは2週間から1ヶ月です。ただ、新人研修のほとんどは社員の話を聞いているだけですから、正直、2週間というのは新人研修の期間としては短いと感じるかもしれませんが、かなりハードなものです。

短い新人研修はは2週間・長い新人研修は1ヶ月が目安

新人研修の中でやることは、まずは会社についての基本情報です。資本金や会社がどのようにして出来上がったのかなど、あなたが就活時に調べたような内容を再度説明するところから始まり、実務に関する話に移っていき、時間があれば、軽く実務をさせてもらうことができます。

新人研修の期間はまだ気が抜ける!なんて思っている方、そんな甘くありません、この時期は集中力が求められますので注意ください。

新人研修の時期はやっぱり入社当初?

会社に入社していきなり実務をやってみろという会社はなかなかないと思います。ゼロの状態でいきなり実務をやらせるのも逆に覚えられるかもしれませんが、責任者側としてはそんな怖いことはできませんので、新人研修をやらせる時期があります。

ということで、新人研修の時期というのは、多くの会社が、入社した日、もしくは翌日からいきなり始まります。他の社員さんがいるオフィスとは別室で、新入社員だけが集まって、新人研修を行うのです。

開始時期は入社当日もしくは翌日からが一般的

講師となる人は、会社の管理職の方が中心となることが多いです。新人研修の時間は短いとは言い難いです。朝の出社時間からお昼の時間まで、ほぼぶっ通しで行い、午後もお昼を食べてから退社時間まで行い、実務と同じ時間話を聞いているので、やはり短いとは言い難いです。初めだからこそ覚える内容が沢山あるのは当たり前ですので、新人研修は決して短い時間で終わるものではないものであることを覚悟しておきましょう。

新人研修では一体何をするの?

この短いとは言えない新人研修、一体何をする時期なのでしょうか。もちろん、新人に仕事を教えこむための時期だろうという想像はつきますよね。ですが、いきなり実務の説明をするわけではありません。

まずは同期がいれば、同期同士の自己紹介から始まります。講師の紹介も講師ごとに行われ、会社の概要について触れていきます。この会社がどんなことをお客さんに提供しているのか、そして、どんな業務を中心に行っているのかなどから始まり、どんどん進んでいくと、各部署のやっていること・役割についての説明が始まります。

新人研修は、会社について学び再確認する場

そして、最終日にはあなたの配属先が発表され、新人研修はそれで終わり、翌日から配属先へ直接出社します。おそらくこの数日間は、新入社員として覚えるものが沢山あり、また入社したばかりで緊張しているでしょうからとても短いとは思えないと思います。ですが、ここまでくると新人研修の期間も短いものだと思えるかもしれません。

一般的な新人研修の時期と期間は当日開始・最長1ヶ月が目安、決して短いものでないと心得よ!

今回は一般的な新人研修の期間や時期についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。

社会人となって初めて行われるのが新人研修ですが、一体どのくらいの期間どんなことをやるのか気になっている方は多いと思います。企業や職種にもよりますが、時期と期間、内容は上記のような内容がどの会社でも中心となって行われていますので、是非参考にしてみて下さい。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム