2016年11月29日(火) 更新

新入社員が残業せず”華麗に”定時帰りする方法3選

新入社員が上司や先輩より先に帰るのはNG?

入社したての新入社員は、簡単な雑用などをしながら先輩達の技を盗む段階です。当然、複雑な作業はまだなく、定時になるまで他の仕事もして時間を持て余す時もあるでしょう。

一方では、即戦力扱いですぐに現場の最前線に送り込まれる人もいます。このように新入社員の忙しさは様々です。しかし、一つ共通点があるのは、どちらのタイプにしても「職場の最底辺」であることです。先輩や上司の様子を伺って、会社のルールを学ぶのが大事なのです。やはり新入社員が多忙な周囲を置いて残業せずに定時で帰るのは、いけないことなのでしょうか?

新入社員の「定時帰り」に対するみんなの意見は?

新入社員の定時上がりに関しては、一体どんな意見があるのでしょうか。早く帰るのは周囲からの評価が下がるものなのでしょうか?それとも、残業せずに定時上がりをした場合、特に会社では問題にされないのでしょうか。新入社員の定時上がりに対する意見をまとめました。

意見①:やるべき仕事が終わってないのに、定時に帰るのはNG

毎日、目に見える結果を出しましょう。それが一番周りを説得・納得できる材料になります。あなたが個人的に納得するのではだめです。個人を納得させるのではなく、大事なのは周りの信頼を得ることです。

周囲の期待を上回ってこそ、「するべき仕事をしっかりと出来ている状態」です。自分の自己満足で終わっていませんか?残業せず定時に帰ることは良い事ですか?今一度見直してみましょう。

意見②:上司に「手伝えることがないか」聞いた上でなら定時帰りもOK

誰でも残業せずに定時には帰りたいものです。それは、ベテランも同じ。責任があるので、アルバイトやフリーターとは仕事量が異なります。残業せずに自分の持ち分が終われば、それで帰って良いのではありません。

まずは、帰る前に上司に一声かけましょう。それで上司が良いと言ったら、帰らせて頂きましょう。

新入社員が残業せずに華麗に定時帰りする方法は?

やるべき仕事をちゃんとやったという自信があるなら、残業せず堂々と帰って良し、という意見が多そうです。定時で帰る前に、一声かける気遣いが大切のようですね。それでは、具体的に新入社員が定時で帰れるようにするには、どのようなコツがあるのでしょうか?

定時帰りする方法①:割り振られた仕事は残業前に完全に済ませる

新人のうちはまだ仕事量が少ないと思います。ですから、まずは与えられた量を完全に済ませるのが第一条件です。もしも時間が余ってしまったら、「やった仕事がきちんとできているか」「ミスはないか」など、丁寧に確認する時間に充てましょう。その上で問題ないと思えたら、初めて帰宅準備をするといった姿勢でいましょう。

定時帰りする方法②:早く帰宅したい理由を見つけてアピールする

「習い事や家で資格の勉強をしている」「要介護の家族がいる」など、何か早く帰宅したい理由を見つけて、普段からアピールしておきましょう。

誰よりも早く帰る姿を見て、最初は眉をひそめていた先輩や上司も、ずっとその状態が続くとそれが当たり前になります。要は、周囲を自分の「早帰宅」に慣れさせることが大事なのです。また、「あいつなら仕方ないなぁ」というキャラを確立することも効果的です。

定時帰りする方法③:帰る前「手伝えることはないか」必ず一声かける

定時で帰れる場合、新人が必ず心がけたい気遣いが「必ず一声かける」。本当は追加で仕事をせず早く帰りたいのはやまやまなのですが、それでもこう言うのが大切です。

「ないから帰っていいよ」という言葉を期待していても、時には本当に仕事を与えられでしょう。そんな時は、ちゃんと仕事をするべきです。そんな気持ちを押し隠してにこやかに手伝ってくれたらどうでしょう。当然上司の印象はUP!次の日は何かあっても「帰っていいよ」と笑顔で言ってくれるかもしれません。

新入社員が残業せずに定時で帰るには、周りの信頼を勝ち取ろう

いかがでしたか?今回、新入社員が残業せず、定時に帰る方法について紹介してきましたが、参考になりましたか?いくら周囲が忙しく残業をしていたとしても、新入社員は定時に帰っていいのですから、気にしないで帰ればいいのです。

ただし、それは内心でのこと。「定時で帰るのは当然の権利ですから」という態度はふてぶてしく映り、先輩や上司からの印象を悪くする可能性があります。定時帰りをするには周りからの信頼が大事です。やるべき仕事は済ませた上で帰りましょう。新人は謙虚さが大切です。

関連コラム