事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年01月22日(月) 更新

上司にOJTで放置プレイされた新入社員が取るべき対処法3つ

社内で上司に放置される新入社員は少なくない

社内で放置されてしまい、相手にされない新入社員も少なくはありません。こういうことが現実にあるのもつらいものです。やる気みなぎる新入社員のときに、社内で放置される状態になった場合は、不運としかいいようがありません。
とはいえ、実際に上司や先輩社員に放置されて相手にされない新入社員がいるのも事実です。

放置される新入社員の声①:頑なに仕事を教えてもらえない

新人ですが入職当初から上司に放置されています。新人に仕事を教えてくれる人はたまに来るパートさんや学生さんのみです。新人に対して他の常勤の方や常勤パートさんは知らん顔です。「何をやればいいですか?」と聞いたら 「はぁぁ?自分で考えたら」と言われてしまいました。
仕事では薬セットやらバイタルや記録・記入・処置などをやっております。放置されても新人なりに頑張ろうと、処置や同行許可を得ようとしたら、手で払い除けられてしまいました。社内でその上司と二人になったら、さすがに気まずいです。

放置される新入社員の声②:放置プレイのOJT

新入社員としてOJTがあると聞いていましたが、実際は資料を読んでいるなどの、「放置プレイ」な状態を受けています。
まだ新人の為に、自分で仕事を見つけていく前段階のきっかけがつかめないため、悩んでしまい、挙句の果てに辞めたいと思うようになりました。
今では会社の雰囲気がある程度分かってきたので、新人の自分から動いて、先輩から勝手に仕事を貰ったりして、何とか完全な暇状態から脱却している状態ですが、すごく居辛く、且つ、給料泥棒をしているのではないか、という自責の念を痛感しています。
また、給料泥棒の新入社員にならない為に、自分から動き、先輩から仕事を貰うことは、仕事で失敗する以上に苦しいです。

世間の声:新人の育成に上司は責任を持つべき

営業で、新人一年目から形だけ先輩がインストラクターに付きましたが、実際は先輩の仕事が忙しく、正直新入社員に構っている暇が無い為に放置してしまっている、という会社は世の中に多いです。
このように新人が放置されている状況は、企業全体の目から見たら「非効率」であるでしょう。ナレッジマネジメントという言葉が昨今では流行っていますが、この観点から、新入社員・中途社員に企業独自のスキル・強みを効率良く伝達するツールとして、トレーニング・OJTは欠かせないものであると思っております。
業績評価に「育成評価制度」という、マネージャーとして最低限、新人や部下の育成に責任を持つという制度は必要不可欠だと思います。

新入社員を放置プレイする会社の背景やその理由

一体どうして新入社員を放置するような状態になってしまうのでしょうか。新人に構えず放置してしまうのは、上司や先輩が忙しいからという理由もあるでしょう。また、会社の体質として新人教育を軽んじる、OJTを勘違いしているなどの背景もみられます。

社内で新人放置が増えてきた背景

■新人に仕事を教えられる経験豊富な中間層が職場からいなくなった。
■長期間、新卒採用をしなかったことで新人に対する教育ノウハウが現場に蓄積されなくなった。同時に、職場でまともな新人教育を受けられずに戦力外の人員となってしまい、社内失業してしまう新人が増加した。
■経営環境が厳しくなる中で、新卒の新入社員に即戦力を求める風潮が出てきた。
■職場環境が変化し、社員同士が情報を共有することが少なくなった。
■計画的なOJT実施が減り、現場の裁量に任せられるようになった。

放置理由①:上司に部下や新人を育成する余裕がない

上司に余裕のあった時代の新入社員へのOJTは決して放置プレイではなく、見ぬふりをしてちゃんと見ているという状態でした。ところが、今は、自ら顧客を担当し、売上目標等にも責任を持っており、新人・部下を育成するための余裕がありません。

放置理由②:日本の新人教育はレベルが低い

日本の会社は雇用や福利厚生(崩れてきたとはいえまだまだ存在)など、表面的には人を大切にしますが、新入社員・若手社員への教育に対する無責任さは先進国としては異常なほどレベルが低いといえます。例えば、新人研修の講師をした社員の教え方が下手なために、査定が下がってしまったという話は日本ではあまり聞きません。
おしきせの研修で「●●万円もするセミナーに行かせた」「●ヶ月も新人教育の期間を設けてある」と外部には宣伝しても、効果の確認は実にいい加減なところがほとんどです。

放置理由③:「いい加減な放置プレイ」の悪循環

日本においては「いい加減な放置プレイ」までをもOJTと呼んでしまっていることがあります。もちろん、放置から勝手に学ぶ事も立派な勉強ではありますし、最近では採用においても「独習できる人材」が求められているという現実はあります。
しかし、着目すべきは、「いい加減な放置プレイ」で育った若手社員が、次の新人の教育担当として若手を育てている現実です。

上司に放置された新入社員の対処法とは?

新入社員が上司に放置されて相手にされない、何も指示されない、コミュニケーションもとれないとなったら、その会社を去るか、それともどうにか打開するかしか方法はありません。放置されてしまった新入社員はどう行動し対処するべきなのでしょうか?

対処法①:上司に相手にされなくても挨拶を欠かさない

正しいと思ったら、上司に放置されていても新入社員は挨拶を続けるべきです。「○×部長、おはようございます」と名前と一言加えて挨拶してみると、名指しされた方も応答しやすくなります。
それでも相手にされずに放置されてしまうとしたら当然頭にくるでしょうが、だからといって自分の気分を害するのは損です!気持ちを入れ替えて仕事に取り組みましょう。

対処法②:上司と1対1で話す機会を作る

新人なのに放置をされ続ける場合は、上司と1対1の対話の時間を確保しましょう。そのためには、上司の行動パターンやスケジュールを調べて、話しかけるベストのタイミングを計る必要があります。
対話は長くなってはいけません。そのためにアジェンダを作っておくと感謝されるでしょう。アジェンダには新人のあなたが伝えるべき事、たとえば、仕事のこと、業績のフィードバックのこと、あなたが業務遂行上必要とするリソースのことなどを明確に書く事がポイントです。

対処法③:積極的に職場の全員に話しかける

とにかく上司に放置されて気まずいという新入社員の方は、職場の全員に話しかけるようにするといいです。何げない話題から共通の趣味がみつかり、気まずい雰囲気は改善していきます。

上司に放置されている新入社員は自分から積極的に挨拶や会話をする事が重要

いかがでしたか?最近は指示待ち族といわれる新入社員も増えてしまったといわれます。
新人は手取り足取り構って教えてくれることを期待すると裏切られてしまう事もあるのです。
社内で上司に放置されてしまった場合は、自分から積極的にかかわる努力と、新人として良いコミュニケーションを取れるよう歩み寄る事がが鍵となってきそうですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム