2016年11月25日(金) 更新

効率的な仕事の進め方と注意すべきポイント

効率的な仕事の進め方の3つのコツ

効率的な仕事の進め方と注意すべきポイントを見ていきましょう。時間における生産性を高め、短時間で仕事をこなして、自分の生活時間にゆとりを持つことで「効率的な仕事の進め方」が実践できます

効率的な仕事の進め方①業務・作業のムダを見つける

効率的な仕事のコツは業務・作業のムダを見つけ、見つかったムダを失くすことです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、効率的な仕事の進め方には効率的にならない理由があります。それが無駄なんです。無駄を見つけましょう。

効率的な仕事の進め方②役割分担を把握する

ただがむしゃらに人の分まで業務をしていませんか?効率的な仕事の進めるにあたって、余計なものまで仕事をしている場合があります。それぞれ役割があるので、もう一度役割を把握しましょう。

効率的な仕事の進め方③業務の能力を高める

最後の効率的な仕事の進め方のコツですが、それは自分自身のレベルアップです。業務能力が向上すれば、より効率的な仕事の進め方が見えてきます。能力開発のためには努力です。勝手に身についてくると思っていてはいけません。

さらに効率的な仕事の進めるには段取りが重要

さらなる効率的に仕事を進めるなら段取りを意識しましょう。仕事の8割は段取りで決まるとよくいわれています。段取り8分、仕事2分ともいいます。段取りをしっかりいと押えておくと確実に見えてくるものがあります。段取りがいいと、仕事の進め方が影響あるのでしょうか。

段取りがわかれば優先順位が付けられる

きちんとした段取りがあると、仕事の重要度や緊急性を考えて優先順位をつけます。段取りがよく出来ていないと優先順位のつけ方で苦労しますから、効率的な仕事を進めるためにも段取りは必要です。

仕事領域がハッキリとわかる

段取りがわかると自分の仕事領域がハッキリします。同時に仕事のデッドラインを設け、いつの何時までにこの仕事を終えるかわかり、より効率的な仕事ができます。自分のキャパシティーがわかるといっていいでしょう。

効率的な仕事の進め方の注意点

効率的な仕事の進め方の3つのコツは参考になりましたでしょうか。次に効率的な仕事の進め方の注意すべきポイントを見ていきましょう。果たしてどのような点が注意すべき点なのでしょうか。

メリハリをつけない

メリハリとつけないままだと効率的に仕事を進めまれません。対策として1日を3つに分け、朝9時~午後5時まで勤務の場合、午前中・午後から定時まで・定時以降に分けます。午前中は頭を使います。午後はあまり頭を使わなくてもできる仕事をしてみます。

進め方を優先してキャパオーバーする

効率的な仕事の進め方をあまりにも重視するために、キャパオーバーしては意味がありません。自分を素直に見つめ、仕事のキャパシティーを把握し確実に仕事を進めましょう。

効率的な仕事の進め方は「ムリ・ムダ」をなくし許容範囲を知る

効率的な仕事の進め方と注意すべきポイントについてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。効率的な仕事を進めるポイントは、ムリ・ムダ・ムラを省き、素直さ・誠実さ・積極性、チェックが必要です。まずは自分の力量、許容範囲をしってから仕事の進め方を改めたほうがいいかもしれませんね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム