2016年11月29日(火) 更新

仮病で仕事を休む場合の上手な伝え方のコツ3つ

仮病で欠勤を伝えるタイミングは早めに

仮病の際、休むことを伝えるタイミングも意外と重要です。
当然ですが、「明日、体調不良で休みます」というわけにはいきませんよね。どのような時間に連絡を入れるのが疑われにくいのでしょうか。仮病で欠勤を伝えるタイミングは早めが良いとされています。

休む連絡が遅すぎると寝坊と思われる

仮病で休む連絡が始業時間ギリギリだと、「体調不良で」と言っても「寝坊したから休みたくて仮病使ってるな」、
などと疑われる危険性があります。
また、遅過ぎると、一層かけにくくなったり、言い訳っぽくなったりしてしまいます。最も良いのは、上司の出社時間です。「間に合わせて電話してきたんだな」といった印象が残るでしょう。

決まった時間内に休む連絡を、「一般的には始業時間の15~30分前」

普段、連絡の時間帯がだいたい決まっているのであれば、守るようにしましょう。仮病を使うときだけ、上司が出社する前を狙って早めに電話したりすると怪しさ倍増です!
一般的には始業時間の15~30分前には連絡しておくべきでしょう。始業後の連絡は遅刻と同じになってしましますから気をつけてください。

仮病に適した病気1位は「風邪」

仮病を使う際に適した病気は風邪です。
でも、風邪で休みすぎている人は「また風邪か…」と思われがちです。なので、別の理由も見てみましょう!意外な仮病で休む理由が見つかるかもしれません。

仮病に使われる病気一覧

仮病に使われる病気として、

●風邪
●頭痛
●発熱
●胃痛
●腹痛
●生理痛

などが挙げられます。短期間で回復する病気の方がより適切です。
次の日出社して症状が全くない状態でも怪しまれずに済むからです。あまり長期的な病気で嘘をついてしまうと、社内で常に体調を気遣われてしまいます。

仮病で休む場合の伝え方3選

では、実際に電話で仮病を使って欠勤を伝える際、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。仮病だとバレずに上手く伝えるための注意点をまとめました。

仮病で休む時の伝え方①過剰な演技はNG

風邪だからと、変に声を変えたり、咳き込んでみたり、そういった小芝居は必要ありません。
演技に余程の自信があるならまだしも、普通はわざとらしく聞こえてしまうものです。体調が悪いのに元気いっぱい大きな声で言うのはもちろんNGですが、過剰な演技は逆に自分の首を絞めかねないので、避けた方が良いでしょう。

仮病で休む時の伝え方②余計な説明はしない

体調について、具体的に説明することもやめた方が無難です。
人間は後ろめたいことがあるほど言い訳をしたくなる生き物ですので、あれやこれやと説明するとかえって怪しまれます。
簡単な症状と休む旨だけ述べれば余計な説明は不要です。

仮病で休む時の伝え方③申し訳ない気持ちを込める

仮病で休む時の伝え方として、申し訳ない気持ちを込めましょう。
伝える言葉は簡潔でいいのですが、休んで申し訳ないという気持ちはきちんと込めて伝えましょう。声のトーンや話し方には気持ちが反映されます。
敢えて「迷惑をかけてすみません」といった言葉を発さなくても、気持ちを込めて「熱があるので、本日はお休みさせていただきます」と言えば、相手に謝罪の念が伝わるものです。

仮病で休む時の伝え方は過剰な演技NG!申し訳なさを込める

仕事を休みたいときの仮病の上手い伝え方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
仮病常習犯の人はちょっといただけませんが、病気じゃなくてもどうしても会社を休みたい時ってありますよね。そんなときは、過剰な演技や連絡を入れるタイミングに気を付け、上手く仮病を使ってください。

普段、真面目に仕事をしていれば、仮病を使って休んでも怪しまれる可能性は格段に低くなりますよ。

関連コラム