2016年11月29日(火) 更新

自己PRを就活で上手に行うためのプレゼンテーション力の高め方

自己PRではなぜプレゼンテーション力を重視するのか?

就活の面接の自己PRで、なぜプレゼンテーション力が必要とされるのか、その理由をきちんと理解しているでしょうか? 仕事において、または就活面接で必要なプレゼンテーション力について、その意味を確認してみたいと思います。

自己PR以外にも仕事ではプレゼンテーション力が必要

就活面接の自己PRのときにプレゼンテーション力を見られるのは、仕事においてその力が必要だからです。会議などで自分の意見を述べるときや営業活動における商品提案する場面など多岐に渡ります。よって、就活を成功させるには、プレゼンテーション力を高める必要があります。

どんな時にプレゼンテーション力が求められる?

仕事をする上で会社に利益をもたらすためには、何等かのサービスなり商品なりを売り込んで、お客さんに買ってもらうというのが基本です。

その際に自社のサービスや商品をいかに魅力的に見せるか、買えばどんな良いことがあるのかを説明すること(=プレゼン)は、必ずついて回ること。そんな仕事にまつわるプレゼンには、どんな場面が考えられるでしょうか?

商品開発をアピールする打ち合わせ

つづいての仕事でプレゼンテーション力を高める理由は、例えば、メーカーがデザイン事務所や工場と商品開発をアピールする打ち合わせの場合。自社の商品のコンセプトや想定顧客、魅力などを相手に伝えるためにプレゼンテーション力が必要です。

就活の自己PRも自分をアピールしなければならないため、プレゼンテーション力が重要なのです。

契約を勝ち取るためのコンペ

もっとも大仕事なプレゼンはこれではないでしょうか。デザイン事務所などでよく行われているもの。自社が製作を受注するために、他社の製品とその魅力を競うというもの。

自社製品がいかに優れているか、ほかにはない魅力を持っているかを伝えなければならず、もっともプレゼンテーション力が試される仕事かもしれません。

企業のグローバル化でプレゼン力が求められるように

多くの企業が国際競争力を求められる時代。一個人としての会社員も、ただ与えられる仕事をこなしているだけでは評価されずらくなってきました。これからは、さまざまな価値観を持った人に、自社の優位性を売り込めるような、強いプレゼンテーション力を持った人材を求めているようです。

ビジネス社会で共通する対話力を高める

グローバルの時代では「表現力豊かな対話力」を高める必要があります。自分の思考をわかりやすく、論理的に説明するのは自己PRと似ています。相手に売り込むセルフマーケティング力と魅了するプレゼンテーション力は求められ、高める必要があります。

自己PRで強みになるプレゼンテーション力を高める方法は?

就活の面接の場は立派なプレゼンの舞台。まずは自分自身という商品を企業に高く買ってもらえなければ、キャリアを始める事もできません。そんなプレゼンテーション力を、面接の自己PRで発揮するにはどうすればいいのでしょうか?

プレゼンテーション力を高める方法:基本の技術を勉強

自分を魅力的に売り込む就活の自己PRでは、話が分かりやすい、おもしろい、上手く要点がまとまっている事が必須ポイントとなってきます。そのためには、人に話す際の基本的なフォーマットを事前に学んでおく事が有効です。

プレゼンテーション力を高める方法:構成要素を押える

●プレゼン内容の構成要素を押えてプレゼンテーション力を高める方法

1.結論‥初めにポイント・結論を述べる
2.理由‥その理由を話す
3.具体例‥具体例を挙げ、納得をうながす
4.結論を繰り返す‥最後にもう一度自分の主張を繰り返します

プレゼンテーション力を高める方法:具体的な実体験と感情を盛り込む

就活面接の自己PRでのプレゼンテーションはお客様ならぬ面接官の注意を引き付けなければいけません。話がつまらなければ、面接官といえども、好印象を残すことはできないでしょう。

そのため、プレゼンの内容も、聞く人を楽しませるものでなければなりません。もっとも効果的な方法は、「具体的な自分の体験を、感情をたっぷり織り込んで語る」ことです。実体験は唯一無二のもの。そして、その時感じた感情を盛り込むことで、聞く人の共感を引き出すことができるのです。

プレゼンテーション力を高める方法:余裕をもつ

プレゼンを成功するコツとして「普段の声で会話をするように話す」ことがあげられています。プレゼンだからといって、格好つけるわけではなく、普段通りの自分を出すことがプレゼンテーション力を高める秘訣です。

最初はうまくできないかもしれませんが、余裕を持つことを心がけながら実践してみるといいのではないでしょうか。

自己PRではプレゼンテーション力を高める方法を身に付け就活を突破しよう

自己PRを上手に行うためのプレゼンテーション力を高める方法は参考になりましたでしょうか。 就活面接の自己PRでは、プレゼンテーション力をアピールすることが突破のカギとなります。

プレゼンテーションを高めるには、一度や二度の練習では不十分。プレゼンテーション力が高い人を研究したり、何度も練習したりする努力が必要なのです。

地道にコツコツとプレゼンテーション力を高める方法を実践し、就活を成功させましょう。

関連コラム