【本気で転職したい】人が読むべき理由の体験談10選と転職成功マニュアル|転職人気企業ランキング付

更新 / 84625 view

働いているとつい、「転職したいな…」と思うことも。その理由は様々。間違った考えではありません。転職したいと思ったとき、どうしていいのかわからない。そんな人のために、成功した人の体験談を用意しました。転職で人気の企業ランキングやオススメの本など、盛りだくさんの内容ですよ。

本気で転職したいと思ったのはこんな時?

img

社会に出て働いているとつらい目にあうことも多いです。そんなときは、「なんで私だけこんなに苦しい思いをしなくてはいけないのだろう?」と思ってしまいますよね。
世の中にはたくさんの理不尽が溢れています。それが「働く」ということなのでしょうけど、仕事を変えたいと思う瞬間は、誰にでもやってくるものです。

新卒だけど早くも転職したい

img

おそらく、ほとんどの人が最初に仕事がつらいと思ったのは、新卒の頃ではないでしょうか?それまでは学生としてのんびりと生きて来たけれど、いきなり社会人のルールを押し付けられて困ってしまいましたよね。

「仕事がこんなにもつらいとは思わなかった。転職したい……」

これが転職を意識した最初の体験談になるでしょう。

仕事が暇なので転職したい

img

続いては、社会人としてそれなりの経験を積んでからの話です。入社から3年も経つと、大体の仕事にも慣れてくるもの。次第に心の余裕も生まれてきます。そうすると、人によっては仕事が暇に感じて来ることもあるかもしれません。

「簡単すぎてやりがいを感じない」「もう1時間経ったかと思ったら、まだ15分だった」

仕事が退屈すぎるとモチベーションを維持できず、次第にやる気を失う人もいるでしょう。仕事が暇なので転職したくなる人も、非常に多いです。

寝ている間も会社辞めたい気持ちが続く

仕事が暇すぎる人もいる反面、忙しすぎて休む暇のない人もいます。いわゆるブラック企業に勤めている人などは毎日残業が続き、休みの日も会社に出てこなくてはなりません。
追い詰められた毎日は、次第に安らぎの時間さえも奪っていきます。寝ている間も夢の中でブラック上司に怒鳴られたり、終わらない仕事を続けたりしているのです。

「ああ、休みたい。寝たい。どこか知らない場所へ行きたい」

こんな風に感じ始めるのも、心と体が転職したいと叫んでいる証拠です。

まずは自分の心に問いかけよう

img

転職したいとおもう時はいろいろありますよね。それこそ、人の数だけあるでしょう。日々の積み重ねの中で、仕事を変えてみたいと思うようになったら、心のSOS信号かもしれませんよ。
毎日つらい気持ち、やる気のない状態が続くのであれば、本当に転職したいかどうかを自分の心に問いかけてみましょう。

転職したいと思う6つの理由

img

続いては、転職をしたいと思う理由を状況別に見ていきましょう。紹介する6つの理由は、普段の生活の中でどれかは必ず体験しているもの。あなたが転職したいと思う気持ちはいくつありましたか?

職場の人間関係が最悪!

人が仕事を辞めたいと思う理由のトップは、人間関係によるものです。本来なら職場には、目標の実現やお金を稼ぐために働きに行くもの。そこで人間関係が原因の嫌な思いをするなんて、なんだかもったいない気もしますね。
周囲の環境に馴染めないというのは想像以上につらいです。仕事でわからないことがあっても、気軽に相談できる相手もいませんからね。さらに、パワハラやモラハラなどの社内いじめにあっている場合はもっときついです。

▼関連記事
職場いじめの過酷な内容と対処法

残念すぎる上司にうんざり

img

人間関係の悩みは同僚ばかりとは限りません。直属の上司との関係が良くない場合、仕事にも影響を及ぼしてしまいます。上司にもいろんな種類があり、理想的な人もいればその真逆の反面教師みたいな人まで様々。
発言がコロコロ変わる、部下の手柄を横取りする、そもそも人の上に立つ器ではないなど、残念すぎる上司のバリエーションは豊富です。しかし、部下には上司を選ぶ権利はありません。上司から逃れるために転職しようと考えるのは自然なことですよ。

▼関連記事
知っておきたいパワハラ事例と対処法
大人のいじめ?モラハラから自分を守る方法

がんばりに対して給料が低くない?

待遇面での不満も、転職を決意させる大きな原因の1つです。とくに、給料面は非常にデリケートなもの。同僚よりもがんばって働いているのに、給料が1円も上がらないとあれば、やる気もなくなってしまいますよね。
「もっと自分を評価してくれる環境を目指したい!」という気持ちは、立派な転職理由になりますよ。

仕事がきつい、もう働きたくない

img

毎日遅くまで残業が続くなど、仕事がきついと転職を考えるようになります。体と心をゆっくり休める時間がないと、マイナス思考に陥りやすくなってしまうからです。一度でも「もうダメ」だと思ってしまうと、心が折れてしまうもの。
「次の職場には残業がないはず」など、転職することで頭がいっぱいになってしまいますよ。

もっと理想の会社にいきたい

今の環境を抜け出したいと思うようになると、ほかの職場に夢を抱きがちです。友人の会社はボーナスが満額出るとか、妹の職場はイケメンが多いとか、比べ始めるときりがありません。
厳しすぎる現実を前に、理想の会社を目指すために転職したいと考えるのは、実に自然なことかもしれませんね。

キャリアアップを目指したい

img

6つ目の理由は非常に前向きなものです。
「もっと責任ある仕事を任されたい」「異業種で活躍したい」という動機は、キャリアアップとも呼ばれます。自分の成長のために新しい環境で仕事を頑張っていくというのは、とても素晴らしい考え方ですよ。

転職したいけど怖い…不安になる10の理由

img

転職したいという気持ちが心の中で強くなる一方で、不安な気持ちが溢れて来る人も少なくはないはずです。今いる会社を変えるというのは、それなりの時間と体力を使います。もし転職活動を始めてもうまくいかなかったらどうしよう……という不安は、次第に恐れにつながっていくでしょう。
環境がガラリと変わるのは、誰だって怖いものですからね。

転職はしたいけど何がしたいかわからない

転職をしたいと思っても、何をすべきかわからないというのも、最初に感じる不安でしょう。新卒で就職した人の場合は、今いる企業を離れて他社を目指すという感覚も、いまいちピンと来ないかもしれませんね。

転職活動をしたいけど時間がない

img

「転職をしたいのは山々だけど、時間が……」
忙しい毎日を送る社会人にとって、転職活動は時間との戦いです。まとまった休みがあればやる気も出てくるのですが、毎日遅くまで残業していたのでは、仕事を探す気力も沸いてきません。たまの休みは家で寝て過ごす。そうやって、ただ時間だけが過ぎていくのも怖いですよね。

転職活動の仕方が分からない

問題は時間だけではありません。転職はしたいけど、その方法が分からないという人も多いです。転職にはまず、どこで仕事を探せばいいのかという問題が立ちはだかります。ハローワークに行ってみたり、スマホで求人サイトを眺めてみたりと、やることは何となくわかっていても、実行に移すにはまだ少し勇気が足りないという人もいるのではないでしょうか?

働きながらの転職は難しい

img

転職活動をする時間がないのは仕事をしているからです。つまり、働きながらの転職は時間と精神的な余裕がなければ難しいといえます。理想の転職活動は今の職場で働きつつ給料を貰い、次を決めてから退社するという流れです。しかし、実際はそんなに器用に立ち回ることは難しいですよね。

したいけどスキルがない

転職はしたい業界があるけど、通用するスキルや経験がないというのも、不安になる理由です。とくに未経験から転職を目指す場合は、経験という高い壁が立ちふさがります。応募しても書類審査で落とされるのではないかという不安が、行動をためらわせてしまうのです。

転職はしたいがやりたいことがない

img

5つ目の理由は、転職をしたいという意志はあるけれど、ほかにやりたいことがないというもの。今の職場からは出ていきたいけど、将来的なプランは何も決まっていない状態です。このタイプはズルズルと会社に残ってしまい、転職のチャンスを失いやすいので注意しましょう。

新卒で入ったため他社でやれるのか不安?

初めて就職した企業がどんな環境であれ、愛着がわいてくるもの。そこを離れるのに抵抗を感じてしまうこともあるでしょう。また、1社しか知らない自分が他社でやっていけるのかという不安も感じるはずです。
転職すると新しい会社の人たちの名前を覚え、ルールに従う。すべて一からやり直しです。そんなことを考えてしまうと、転職するのが怖くなってしまいます。

今よりいい条件の転職はできるのか?

img

実は、転職を成功させた人の全員が前よりも条件がよくなっているわけではありません。むしろ、前職よりも条件が悪くなってしまうなんてことも……。転職を目指す理由に給料などの待遇面をあげている人にとっては、非常に深刻な問題です。

今の上司になんと言おうか…

転職をするということは、今の会社を離れるわけです。そうなると、まずは直属の上司に退職の意志を伝えることになります。嫌な上司が相手だと文句を言われるかもしれません。仲のよい上司の場合だと、打ち明けにくいでしょう。
このように、転職は次の職場だけでなく、今の職場にも大きく関係してきます。

自分が抜けたら今の会社はどうなるのだろう

img

転職によって今の会社を去るときは、色々と考えてしまいますよね。思い出が走馬灯のようによみがえってくるでしょう。そして、自分が抜けたら残った人たちで仕事を回せるだろうか?などと考えてしまいますよね。
立つ鳥跡を濁さず。充分な引き継ぎ期間を作れるかどうかも、不安材料になってしまいます。

転職したいと思ったら少し立ち止まって考えよう

img

自分の中で日に日に強くなっていく、転職したいという気持ち。あまりにも強くなりすぎて暴走させてしまわないためにも、一旦整理する時間を作りましょう
その「転職したい!」という気持ちが本物なのか、一度立ち止まって冷静に考えてみてください。

その気持ち、本当に信じていいの?

自分の気持ちに正直でありたい。それは人としても立派なものです。しかし、今は社会人。学生の頃のように、いつまでも理想を追い求めてはいけない年齢になりました。1人の大人として、今の気持ちを本当に信じてしまってもいいのか。じっくりと考える機会をもった方がよさそうです。

転職しない方がいい場合もある

img

冷静になって今の状況を振り返ってみましょう。当事者としてではなく、なるべく客観的に見下ろす感じをイメージしてください。もしかしたら、今の職場に残ったほうがいい場合もありますよ。
給料が低いと思ったのなら、競合他社を調べてみましょう。意外と変わらなかったりするものです。そして、より高い年収を目指すには高度なスキルが必要になります。

今の自分にそれができるのか?今の職場に留まってがんばることで、解決できる問題ではないのか?冷静になってみると、見えてくる部分も多いですよ。

隣の芝は青く見えるだけかも

転職すれば今より環境がよくなり、問題はすべて解決する。
残念ながら、物事はそう簡単にはいきません。隣の芝が青く見えるだけで、実は今の環境も案外悪くないことだってあります。むしろ、華やかな業界ほど実は大変だということも……。現状をしっかりと把握することも、転職を決意する前にやっておくべきですよ。

転職に失敗すれば年収は下がってしまうかも

img

転職に成功しても下がる可能性がある年収。失敗してしまった場合は目も当てられません。今よりも低い給料でハードワークをさせられる可能性もあります。望まない職場に入ってしまったことで、やる気も出てこなくなるでしょう。そうなると出世も厳しくなります。

もしも転職で年収が下がってしまったらと思うと、来月のクレジットカードの支払いも怖くなってしまいますよね。

安定志向な人は転職しない方がいいかも

このように、転職をしたからといって、今よりもすべてがよくなるとは限らないことがわかりました。むしろ、悪くなるリスクを考えた場合、安定志向な人ほど転職を避けるべきかもしれません。
今の職場の問題が何とか耐えられるレベルのものなら、給料を我慢料と考えて割り切って働くことも立派な選択肢になりますよ。

それでも転職したいとき、どうすれば?

img

転職したいという気持ちだけで突き進むのは危険、よくわかりましたね。でも、それでも転職したくてたまらない場合はどうすればいいのでしょうか?
やるべきことは、考えるという行為です。悩んでいるだけでは先に進めません。まずは、頭をフル活用して考えましょう。

自分の置かれた環境を分析してみる

転職したいという気持ちを抑えるために行った客観視。それを少し突き詰めて考えてみてください。今の自分が置かれている状況を徹底的に分析してみるのです。

自分のやりたかったことを再確認

img

自己分析、非常に懐かしい言葉ですよね。就活以来でしょうか?実は、転職においても自己分析は重要な意味を持ちます。自分がこれからどうしていきたいのか、深い部分まで考えてみましょう。

自己分析で得られるもの

  • ・自分の適性
  • ・長所と短所
  • ・自分が本当にやりたいこと

自己分析の詳しいやりかたは以下の記事で紹介しています。就活生向けですが、転職希望者でも応用できる内容ですよ。


▼関連記事
自己分析のやりかた【完全保存版】

キャリアの棚卸をしよう

自己分析で懐かしい気持ちになったなら、次はキャリアの棚卸を行いましょう。棚卸はスーパーなどの小売店が月イチで在庫を確認する作業です。つまり、キャリアの棚卸は自分自身のスキルや経験を再確認する作業にあたります。

自己分析が精神的、性格的なものとするならば、キャリアの棚卸は実務レベルの把握です。自分の仕事力がどの程度なのか、確認しておいて損はありませんよ。

強みを知り、弱みを認めよう

img

自分の中の強みと弱み。これは誰にでもありますよね。強みは面接時のアピールポイントになります。しかし、弱みは一歩間違うと足を引っ張る要素になりかねません。だからこそ、弱みも強みに変換してみてください。それだけで、面接官に与える印象も変わってきますよ。

弱みの変換方法

・飽きっぽい→何事にも全力で取り組む
・細かすぎる→事務職などデータ管理に向いている
・おしゃべり→ムードメーカー
・1人でいる時間が多い→研究職向きかも


企業側から求められる人材に俺はなる!

転職市場では基本的に即戦力が求められます。企業が求人を出す理由は、事業の拡大による人員の補充や、急な退職者の穴埋めだからです。それらの条件を満たせるのは、即戦力になれる人材になってきます。そのため、自分の業務上の強みやスキルが転職先の企業でどのように活かせるのかを、明確に伝えられるようにしておきましょう。
つまり、企業側に何かを求めるのではなく、自分から近づけていくべきなです。

転職したいと思ったら英語や資格があると強い

img

転職ではスキルや経験が重要。それを書類上でもアピールできる要素として、資格があります。資格は自分のスキルや能力を客観的に計ってもらえる定規のようなもの
グローバル化を進める日本企業に合わせて、英語力もあると転職を有利に進められますよ。

海外で働くならTOEICや留学経験を活かそう

海外へ転職したいという夢を持っている人もいるでしょう。その場合は英語力を全力でアピールしていく必要がありますね。そのためにはTOEICで高得点を押さえておくといいでしょう。
TOEICとは、英語のコミュニケーション能力を評価する、世界共通のテストです。採用時にこのTOEICスコアを参考にする企業もあるため、持っておくと有利ですよ。
一般企業を目指すには600点、大手企業を目指すなら730点は必要とされています。海外勤務を希望するなら、高得点を狙いたいですね。

グローバル企業で将来的に海外を目指すのもよい

img

とはいえ、未経験の転職から海外勤務を目指すのは難しいです。そのため、新卒で入って経験を積む以外の場合だと、グローバル企業や外資系企業へ転職する方法があります。最初は違う部署でも少しずつ経験と実績を積み上げていき、やがては海外の部署に異動を申請するやり方です。

資格があれば未経験職種にもアピールできる

また、いろんな資格をもっておくことで、未経験職種にも応募しやすくなりますよ。オススメの資格としては、以下のようなものがあります。中には時間とお金がかかるものもあるので、自分が目指す先と照らし合わせてみてくださいね。

転職に有利な資格一覧

・簿記3級
・ファイナンシャルプランナー
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・介護事務
・医療事務
・普通自動車免許


▼関連記事
稼げる資格ランキング20選

転職したいときに読むべきはじめの本3冊

img

転職を考える際には、知識を取り入れておくことも大事です。友人や先輩から体験談を聞くことが一番ですが、周囲にいない場合は本を読みましょう。実際に体験したことでなくても、本に書いている内容を頭に入れておけば、それは立派な経験になります。

ここでは、転職したいときにオススメの本を3冊紹介しましょう。

①転職の赤本

まず紹介したいのは、「転職の赤本」という本。
元リクルートキャリアという、転職サイト大手で勤務経験のある著者が、1万人の人生相談に乗ってから書いたものです。
転職が当たり前になった時代、転職希望者と企業側、双方の本音を知れる一冊ですよ。

②会社を辞めて後悔しない39の質問

2冊目は、「会社を辞めて後悔しない39の質問」というタイトルの本です。
転職を勧める本が多い中で、本書は「本当に辞めるのが正しいのか」を考えるきっかけになりますよ。自問自答しながら読み進めてくださいね。

③採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

3冊目は「採用される履歴書・職務経歴書はこう書く」という長いタイトル。
転職の成功には、まず書類審査を通過しなければなりません。本書では、履歴書や職務経歴書の書き方を徹底指導。これを読めば、落ちる履歴書はもう書けません!

転職したい企業ランキングTOP3【2016版】

img

転職を考える上で、一度は気になる企業ランキング。
他の転職希望者がどんな会社や業界を目指しているのか知りたいですよね。そこで、DODAの調べによる人気企業ランキングを紹介します。

転職人気企業ランキング

第1位:グーグル
第2位:トヨタ自動車
第3位:ソニー
第4位:全日本空輸(ANA)
第5位:アップルジャパン
第6位:楽天
第7位:本田技研工業(HONDA)
第8位:資生堂
第9位:パナソニック
第10位:電通


第1位:「検索の王者」グーグル

img

転職したいと思う人気企業ランキングの1位から3位までを紹介します。
まず、1位のグーグルはいわずと知れた、世界的IT企業ですね。スマホから気になった言葉をすぐに検索できるのも、グーグル社のおかげです。年収も高く、待遇や働きやすさも抜群。世界中から優秀な人材が集まっています。

第2位:「日本一の大企業」トヨタ自動車

img

第2位は日本が世界に誇る自動車会社、トヨタ自動車です。日本一の企業であり、人々の生活を支える自動車の製造という、大変やりがいのある仕事です。働く環境も整備されており、女性が育休や産休を取得できるため、長く働ける点も優れていますね。

第3位:「日本の技術は世界一!」ソニー

img

家電メーカーとしてだけでなく、ゲームや映画、音楽など幅広い事業を手掛けるソニーも3位にランクインしました。家電業界の中でも社員の平均年齢が高く、長く勤められる環境が整っています。最先端の技術に携われる、実に魅力的な企業といえますね。

転職したいけど勇気がない人へ。転職成功者の体験談10選

img

転職に必要なスキルや資格もわかった、人気の企業も知った。でも、やっぱり転職する勇気がわかないよ……。という人へ、転職成功者の話をまとめました。人の体験談は貴重な情報。1度しかない人生において、別のルートを知れることは大きなアドバンテージです。
転職したいけど、という人こそこの体験談を参考にしてみてくださいね。

①マーケティング職:30歳男性

img

まずは、34歳の男性の話から。前の職場に満足していたものの、将来を考えて転職を決意した例です。「転職したいけど、次の職場ではどうなってしまうのだろう……」という人にこそ、読んでいただきたい体験談をご覧ください。

マーケティング職(30歳男性)の体験談

少人数組織でのチームリーダーをやっていました。非常にやりがいもあり、収益の責任も持つ様な立場で仕事ができ、緊張感を持って仕事に取り組んでいました。
ただ、今後の将来を考えた時に、事業の特性上、小規模組織での運営をベースにしている会社であるため、どうしてもマネジメント人数を増やすことができず……。
今後はもっと規模感の大きい組織のマネジメントを経験したいと思う様になりました。もちろん最初からその責任のある立場を任せてもらえるとは思っていないので、まずは今と同規模くらいのチームのマネジメントから担当させてもらえる、ただしサービス的には大規模で将来的にはそのマネジメントを任せてもらえる可能性があるところへ転職しました。


転職成功のポイント!

・調子がよいタイミングで転職をしたこと
・転職を繰り返すジョブホッパーになるよりも、今の自分の状況を客観視してキャリアアップを目指そうとする姿勢。
・どうしても今の職場では経験しにくい仕事内容のため、採用担当側も納得できる転職理由になっている


▼関連記事
マーケティング職へ未経験で転職する方法

②事務職:26歳女性

img

続いては、26歳の事務職の女性の体験談。新卒で入社した会社の仕事内容にやりがいを見いだせず、転職を決意しています。

事務職(26歳女性)の体験談

金融機関で営業活動をしていました。新卒で入社した会社だったのですが、非常に単調な仕事だけになってしまっていて、新しいことを求められる環境ではなりませんでした。
何度か上長に話したことがあったのですが、「ここは決まったルールを守る職場です」の一点張りで提案を聞いてくれませんでした。
ここを動かせなかったのはもちろん自分の責任なのですがこのまま上司を通すことにいっぱいになるくらいであれば今20代ですし、早めにキャリアチェンジする方がいいと考えました。
別業界の営業事務ということで営業チームのアシスタント業務で3年前に立ち上がったチームに転職しました。


転職成功のポイント!

・自分の力不足であることを素直に認めている点
・環境を変えることに努力しており、環境依存型ではない
・思い切って違ったキャリアチェンジをする理由も「成長」というキーワードで前向きなものにしている


▼関連記事
事務職に未経験で採用される志望動機

③ライター職:32歳男性

img

ライターという専門色の濃い職種へ転職に成功した事例も紹介します。まったくの未経験からどのようにしてライターになったのでしょうか?

ライター職(32歳男性)の体験談

私は30歳になるまで何度も転職を繰り返していました。いわゆる、ジョブホッパーです。最初の会社は半年で辞めました。2社目は2年、3社目は3年と、少しずつ長く働けるようにはなったのですが、それでも続きません。
きっと僕は、働くことに向いていないのだと気づきました。そこで、企業や組織に所属せずに働ける方法はないかと考えたとき、ライターの仕事が思い浮かんだのです。
この年齢で未経験。転職活動はかなり苦戦しましたね。そのため、学生時代に映画の脚本を書いていた経験と、WEB上に商品説明を少し書く仕事をしていた点を、アピールする戦法で挑みました。

それでも30社近く応募して、面接まで進めたのはわずか5社だけ。なんとか入れた今の職場では、職歴の多さを活かして転職者向けの記事を執筆しています。
この年にして、ようやく適性のある仕事に巡り合えた気持ちです。


転職成功のポイント!

・仕事が長続きしない自分の性格を認めている
・未経験職種に応用できるスキルを見出している
・何社落ちても諦めない根性


④デザイン職:26歳女性

img

デザイン職といえば、芸術的なセンスがあってカッコいい仕事というイメージ。ここでは、サービス業からデザイン職への転職を果たした女性の体験談を紹介します。そこには、飽くなき探求心と熱いハートが隠されていました。

デザイン職(26歳女性)の体験談

私は携帯電話会社の販売員として社会人生活をスタート。大学で心理学を専攻していたため、それを活かした接客がしたいと思い入りました。携帯電話は年齢を問わず、色んな人と関わり合える点が魅力でした。大企業のためステップアップが早く、自分の業績が評価に反映される点も魅力的でしたね。
当初の目標だった副店長のポジションになり、60人近い部下をマネジメントしていました。新人研修を施してきましたが、次第にそこで学べることも少なくなってきたと思い、転職を決意。次は自分が趣味だったデザインを本業にしたいと思い面接に臨みました。

面接ではそれだけの実績があるのに、なぜ異業種を目指すのか?なぜこのタイミングなのか?とよく聞かれましたね。そのたびに、大学に通いながら専門学校に通い、バイトを4つ掛け持ちするなどのエピソードを話した点が効果的だったのかもしれません。今ではやりたかったデザインの仕事ができて、とても充実した毎日を送っています。


転職成功のポイント!

・異業種をなぜ今目指すのかを具体的に話したから
・社会人経験とマネジメント経験が評価の対象となった
・学生時代のアルバイト掛け持ちのエピソードがタフなイメージを与えた
・自分の目標に対していろんな角度から挑戦する点が評価された


⑤不動産業界:24歳男性

img

年収が高いけど、それなりに大変な不動産業界。そこで営業を担当していた男性の話を紹介します。何度も心が折れそうになりながらも、転職に成功しました。

不動産業界(24歳男性)の体験談

僕は新卒で不動産業界に就職したのでが、とにかく激務でした。覚える仕事が多く、当時は「社会人ってこんなに大変なのか」と毎日考えていましたね。ただ、体力的にも精神的にもつらくなってきたのは事実です。
そこで、同じ不動産業界の中でも、少し違う職種へと転職をしました。面接では前職の経験をアピールできたので、第二新卒枠で入れたのだと思います。
今は不動産関係の印刷物を作成したりする仕事です。将来的には幸せな家庭を築きたいと考えているので、なんとかこの業界にはとどまっていたいですね。


転職成功のポイント!

・同じ不動産業界内での転職のため、前職の経験をアピールできた
・第二新卒枠での転職をうまく利用できた


⑥ネットショップ運営:28歳女性

img

ネット通販業界の需要は拡大を続けています。ここでは、楽天市場に出店しているショップの運営を行う女性の転職体験談です。

ネットショップ運営(28歳女性)の体験談

私は専門学校を卒業後、ずっと一般企業で事務職をしていました。仕事はかなりできる方だったと思うのですが、毎日のルーチンワークにやりがいを見いだせなくなってきた自分に気づきました。そこで、転職したいなと思い仕事を探してみた結果、ネットショッピングに注目したんです。成長中の業界だし、新しい商品が入ってくるごとに新鮮さもあります。
そこで、地元で運営している女性向けの小物を扱う中小のネットショップ運営元に応募しました。発送業務や受注管理などを担当する部署を希望し、事務職のスキルをアピールしたところ、3社から内定をいただきました。


転職成功のポイント!

・転職理由が変化のある業務に対応したいという前向きなものである
・事務職としての経験やスキル、資格を前面に押し出した
・所在地を選ばないネットショップの利点を活かし、地元での転職にした点


⑦建設業:30歳男性

img

東京オリンピックの開催にむけて、需要の高まる建設業界。常に人手不足という問題点も抱えています。ここでは、建設業界の中で2回の転職に成功した男性の体験談を見ていきましょう。

建設業(30歳男性)の体験談

僕は大学を卒業後に地元の建設会社に入社しました。当初は100人近くいた同期も1年で半分、3年で3分の1まで減りました。それだけハードな環境ながらも、体力には自信ありだったため、なんとか乗り越えていきましたね。
ここで、自分の可能性に挑戦してみたいと思い、最初の転職。同じ建設業界の中でも、全国展開している企業の支店へ入ることに成功しました。
ここでも現場監督として活躍していましたが、結婚を考えたときにもう少し収入を安定させたいなと思いました。そこで2度目の転職をして、業界の中でも大手の企業に入社。今は子供も生まれたので、なるべくこの会社で出世を目指したいと思います。


転職成功のポイント!

・同じ業界でキャリアアップを目指したこと
・転職するごとに立場を高め、年収アップの交渉をしやすくした
・ひたすら体力に自信があった


▼関連記事
施工管理・現場監督に採用される志望動機

⑧ブライダル職:25歳女性

img

新郎新婦に最高の門出を提案するブライダル業界。そこでウエディングプランナーとして働くために転職した女性の体験談です。新卒で就職先に妥協してしまったけれど、夢を諦めずに転職したいという想いをかなえたエピソードは必見ですよ。

ブライダル職(25歳女性)の体験談

私は専門学校を卒業後にホテルに就職しました。客室業務を体験していましたが、次第に自分の夢を追いたいという想いが強くなっていきます。
私って、本当はブライダル業界にいきたかったんですよ。ウエディングプランナーになりたかったんです。でも、内定をもらった企業が辞退できないところだったので、妥協した部分があります。ホテルでもウエディングプランナーを目指すことはできるのですが、5から10年はかかってしまうらしく、とてもそこまでは待てないな、と。

それで、ブライダル業界へ転職しました。何よりも身だしなみが重視される業界なので、面接では服装や髪型にはこだわりましたね。ホテルでの接客スキルとハキハキとした受け答えが採用された理由だと思います。
今は、人の幸せを見るというやりがいのため、プランナー目指して奮闘中です!


転職成功のポイント!

・就職時のミスマッチの原因を理解していた点
・自分のキャリアプランと、それを達成する年数に決まりを設けていた
・面接では前職の経験を活かせるプレゼンテーションをしたこと


▼関連記事
ブライダル業界の年収ランキングTOP10

⑨ゲームデザイナー:33歳男性

img

賑わいを見せるソーシャルゲーム業界。電車の中ではスマホを利用している人がほとんどになりました。それだけ多くのユーザー数を持つ業界にデザイン職として転職した男性は、異色の経歴を持っていました。

ゲームデザイナー(33歳男性)の体験談

僕はもともと絵をかくのが大好きで、大学卒業後はデザイン事務所に入りました。しかし、不規則な生活に体が合わずに退職。そこからはフリーでイラストを描く仕事を始めました。
海外ともやりとりをするなど、それなりに順調に進んでいたのですが、パートナーとの今後を考えた場合、もう少し安定した仕事に就くべきかと考えるようになりましたね。
そこで、絵を描く能力を活かせる仕事を探した結果、ゲームメーカーに転職しました。今はあるゲームのデザイン系を統括する役割を担っています。安定した仕事についたことで、周囲も安心してくれました。


転職成功のポイント!

・もともとのスキルを活かした転職を目指した点
・個人の裁量が高く、成長中の企業に転職の狙いを定めたから
・結婚というライフプランを自分のキャリアアップと重ねて前向きな理由にした


⑩キャビンアテンダント:26歳女性

img

最後に紹介するのは、大空の旅を快適にするための手伝いをする、キャビンアテンダントへの転職をした女性の話です。女性にとっての憧れの職業であるCAに、どのようにして転職したのでしょうか?

CA職(26歳女性)の体験談

大学で専攻した内容を活かすため、新卒でIT系の企業に入社しました。ちょうど社内のグローバル展開が始まるタイミングだったので、海外の事業所や外国人の同僚が増えてきましたね。そのせいか、元から興味のあった海外への思いが強くなってしまったので退職してしまいました。
そこから半年間ほどアジアの国へ留学し、語学の勉強をしていましたね。でも、帰国後に待っている転職を考えると、少し憂鬱でした。そこで、自己分析をしてみたところ、子供のころから好きだった飛行機や飛行場で働けたらいいな、と思ったんです。
そこで、留学中から日本の航空会社に書類を応募していました。運よく採用された航空会社で、今は客室乗務員の仕事をしています。この仕事はなによりもお客さまから頼られるのがやりがいですね。
語学を活かして海外からの観光客の方ともやり取りができる点も強みです。個人的には地上職を行うときも好きで、スケジュール通りに航空機を発進させられると、すごい達成感があります。


転職成功のポイント!

・航空会社の既卒採用は不定期のため、応募するタイミングがよかった
・留学経験で得た語学力やコミュニケーション力をアピールできた
・海外という環境での適応能力が評価された


▼関連記事
CAの役割と外資系航空会社の面接対策

転職したいときはエージェントを利用しよう

img

転職に成功した人の体験談は参考になりましたか?簡単にやってのける人がいる反面、苦労した人もいます。その差を分けるのは、自分のキャリアプランが明確かどうかだけではありません。実は、転職を有利にするサービスがありますよ。

それは、転職エージェントという存在です。

求人はハローワークだけじゃない

転職したいけど、どんな仕事があるのかわからないという人も多いでしょう。新卒の時とはちがって、学校があっせんしてくれるわけではありませんからね。そして、自分で仕事を探すためには、近所にあるハローワークしかないと思っている人もいるでしょう。

だがしかし、転職するための仕事さがしの場所は、ハローワークだけではありませんよ。転職サイトや転職エージェントの方が、条件のよい仕事がたくさん揃っているのです。

転職サイトや転職エージェントは強い味方

img

には、転職サイトの利用をオススメします。ただ、転職サイトは登録した後に自分から仕事を検索しなければなりません。でも、転職エージェントならば、そのわずらわしさからも解放されますよ。
転職エージェントとは最初に面談を行い、そこでキャリアカウンセリングという、進みたい業界や今後の方向性についての確認をします。自分が希望する求人に近いものを選ぶことで、それに関係する仕事を紹介してくれるという仕組みです。時間のない働きながら仕事をする人にとっても、非常にありがたい存在ですね。

ここからは転職エージェントの特徴と利用のメリットをしっかりと紹介しますね。

非公開求人はひみつの花園

転職エージェントの強みは非公開求人にあります。非公開求人とは読んで字のごとく、普通には見ることのできない仕事です。求人を出す企業側にも事情があり、競合他社に知られたくないこともあります。そのため、転職エージェントに非公開求人として預けているのです。
信頼できるエージェントからの紹介ということで、企業側も求めている人材との出会いがあるなど、双方にとってメリットがある仕組みになっています。

職務経歴書の添削を受けられる

img

転職エージェントのメリットは仕事の紹介だけにとどまりません。転職者の多くが内定までに6社ほど応募するとされており、中には10社以上になる人もいます。なぜここまで苦戦するのかというと、書類審査で落とされるためです。
これまでの社会人経験をまとめた履歴書や職務経歴書は、いわば自分の分身。採用担当者の心に突き刺さる内容でなければ、不採用にされてしまうでしょう。

ただし、転職エージェントを利用していれば話は別です。専門のキャリアアドバイザーが履歴書と職務経歴書の添削をしてくれます。転職のプロのアドバイスを盛り込んだ、“受かる書類”を作り上げましょう。

▼関連記事
医療事務に受かる職務経歴書の書き方【例文】
保育士に採用される志望動機の書き方【例文】

転職コンサルタントと一緒に転職理由を考えよう

転職したいときに重要になるのがその理由です。転職理由が意味不明な場合は採用が遠のいてしまいます。先の転職成功者の体験談を見ても、転職したいという気持ちの伝え方が大切なのはわかりますよね。
そこで、転職コンサルタントと一緒に転職理由を考えてみましょう。自分の目標から現在のスキルまでをいろんな方向から眺めてみてください。きっと自分だけにしかない前向きな理由が生まれるはずですよ。

▼関連記事
面接での転職理由の答え方ベスト10

面接の特訓で本番に備えよう

img

転職エージェントの強みは書類などの事務的なものだけではありません。なんと、面接の練習までしてくれるのです。転職面接は就活のそれとは違い、マナーや話し方なども細かくチェックされています。
ぶっつけ本番では失敗する可能性が高いため、事前の練習はありがたいもの。自分のクセや問題点を指摘してもらうことで、本番の面接に活かせますよ。

面接突破率を上げる面接方法

オススメ転職エージェント7選

img

転職したいという気持ちを実現するための、心強い味方である転職エージェント。無料なのにそんなに頼っていいのだろうかと不安になる人もいるでしょう。でも安心してください。
彼らは人材を紹介することで、企業側から採用者の年収の30%ほどを報酬としてもらっています。だから、自分が転職に成功すればエージェントにも利益が入るという仕組み。お互いにいい関係を築いていきましょうね。

ここでは、オススメの転職エージェント7サービスを紹介します!

まずは登録!「リクルートエージェント」

img

転職エージェントはどこか1社を決め打ちする必要はありません。むしろ、複数登録して同時に利用してく方が効果的ですよ。そこで、最初に登録するならここだ!というサービスから紹介します。
リクルートエージェント」は、業界最大手のサービスです。就活時代にお世話になったリクナビと同じ企業が展開しているため、信頼できますね。
エージェント利用者の7割が利用し、これまでに転職に成功した人数はのべ30万人ともいわれています。転職したいと思ったら、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。

リクルートAG利用者の評判

24歳男性の場合

【転職理由】
ルート営業の営業職に就いていたのですが、私のルートが他へ吸収され、私は新規開拓の営業に回されることになり、入社時に新規開拓はないと言われて入ったため、仕事がいやになりました。

【利用してみた感想】
ネットで評判になっている通り、求人も事務系の仕事が数多くありました。また、始めに自分の事務スキルを見てもらって会社選択ができたので、とてもよかったです。


31歳女性の場合

【転職理由】
非正規雇用のためいつまでも会社にはいられないと感じる中仕事をしていくことが苦痛に感じるようになったからです。また人間関係に悩んでいたのもあって転職は自然と考えるようになっていました。

【利用してみた感想】
ガツガツ好条件の場所で働いてスキルアップしていきたい若い方にはお勧めです。エージェントの方も融通の効く方が多いので助かります。もしそれで肌に合わないようでしたら、リクネビネクストで地道にやるのも手だと思います。


きめ細やかなサポート!「DODA」

img

大手インテリジェンスが運営する「DODA」も登録すべきエージェントの1つ。全国に支店があり、きめ細やかなサービスには定評があります。人柄や考え方などをまとめた推薦状を企業に送ってくれるため、書類選考も有利に進められますよ。

DODA利用者の評判

23歳女性の場合

【転職理由】
完全にブラック企業だった。月に80時間以上のサービス残業や、休日出勤は常態化しており、体力的にも精神的にも追い込められたため。また婚約もしたので転職をきめました。

【利用してみた感想】
基本的に、サポートも充実していたのでおすすめです。ただ、ここだけにするのではなくて他に何社かつかってみて合うエージェントさんを見つけるのも必要だと思います。
私の場合はとても親切に対応してもらえましたが、人によってはいまいちと言う場合もあるとおもうのでその辺は個人の判断でお願いします。


30歳男性の場合

【転職理由】
前職では産業機械の営業職を行っていました。お客様のニーズを組みとり現場に即した機械を提案するように努めてきました。
その中でお客様に提供する商品自体を自分自身で作るようになりたいと思い、昔から趣味で行っていたWEB製作の仕事に就きたいと思い転職を決意しました。

【利用してみた感想】
やっぱりスカウトメールが来やすいので、自分自身への選択肢を増やすためにも利用してみてはどうでしょうか?
今回、私はあまりいい結果ではなかったですがまた利用して転職できたらいいな。と思います。


IT系なら「パソナキャリア」

img

25万人以上の転職したい人の夢を成し遂げて来た「パソナキャリア」。もともとは派遣事業を行っていたこともあり、企業とのパイプの太さには定評があります。独自コンテンツである「はじめての転職必勝ガイド」は、これから転職したいと思っている初心者にとっても読みごたえのある内容ですよ。

パソナキャリア利用者の評判

26歳女性の場合

【転職理由】
本来の業務以外の仕事をさせられたり、給与の支払いが遅れたりすることが増えたため。また、担当していた仕事の専門性をもっと高めたいと思ったため。

【利用してみた感想】
仕事を受注したいという気持ちが非常に強いエージェントなので、面接まで行ければ、通る確率が高めの会社かと思います。
また、登録時の聞き取りも詳細にわたっておこなわれるので、自分の希望やスキルに合った仕事を紹介してもらえるエージェントだと思います。


28歳男性の場合

【転職理由】
前職での勤務時間や仕事内容、給与の不満があったため転職しようと思った。転職した結果、少しの年収増と自分のライフスタイルに合った仕事に就くことが出来た。

【利用してみた感想】
サービスを受ける事によって、自分のスキルや可能性を客観的に見る事が出来るので、今まで視野になかったような事も新しく取り入れる事が出来るのでぜひおすすめしたい。


ミスマッチが少ない「アデコ」

img

グローバル化を進める日本企業が多い中で、外資系企業やIT系企業に強いのが「アデコ」です。実は世界No.1のシェアを誇る転職エージェントでもあります。大手のサービスでは企業と転職者を別々の人物が担当する片面型というスタイルが多い中で、アデコでは1人のキャリアコンサルタントがすべてを対応する両面型を採用。そのため、転職者のニーズをつかんだピンポイントの紹介を得意としていますよ。

アデコ利用者の評判

28歳女性の場合

【転職理由】
入社の決め手である、社内公募の企画募集制度がなくなってしまったため。事務職でありながら、コンテンツ企画ができることに魅力を感じて入社したため、企画募集制度がなくなってしまったのではやりたいことが出来ないと思いました。
また、サービス残業が多く、残業申請を行っても受理されなかったので、業務量と給料が見合っていないと判断し転職を決意しました。

【利用してみた感想】
働きながらの転職活動は、転職活動にさける時間がとても少ないと思います。転職エージェントを利用すれば、自分の希望にあった求人を紹介してもらえるので、まずは登録してみることをお勧めします。
ただ、求人をまっているだけでは、希望の仕事が見つからない場合があるので、担当のエージェントとこまめに連絡をとると良いと思います。


37歳男性の場合

【転職理由】
自分に能力がなく、仕事のミスが続き居心地が悪くなりました。そして、年下や後輩が自分より先に出世し、それに居た堪れなくなり、最終的にはそれが原因です。

【利用してみた感想】
一刻も早く職探しをして働きたいなら、アデコがお勧め出来ます。大手の会社や工場への派遣なら、他社よりも群を抜いていると思います。また女性でも事務職なども豊富なので、良いといえます。


ゲーム業界に転職するなら「ワークポート」

img

ゲームやWEBに興味があるから転職したいと考えている人には「ワークポート」がオススメです。ワークポートはいわゆる特化型と呼ばれるエージェントで、ゲーム業界やIT系に非常に強い点が魅力。他社よりも多くの求人を持っており、その幅も広いです。
好きなこと仕事にしたい場合は、迷わずワークポートに登録しましょう!

ワークポート利用者の評判

30歳女性の場合

【転職理由】
ブラック企業状態の会社でずっと非正規で雇われ続けることに疑問を感じ、やり直しがきくうちにもっと条件のいい会社を探そうとおもい転職を決意しました。

【利用してみた感想】
IT・クリエイティブ関係の業種で、充分な知識経験があるなら是非とも使うべき転職エージェントサービスだと思います。良質な求人数がとても多く、転職コンシェルジュも親身になってくれます。


30歳男性の場合

【転職理由】
契約社員として働いていましたが、子供が産まれ安定したところに就職したいなと考えるようになり、正社員を募集している会社に転職したいと思いました。

【利用してみた感想】
転職に対して不安や迷いが吹っ切れるところです。一人では転職がうまくいかないと不安ですが、キャリアカウンセラーというパートナーがいるだけで安心できます。
地力でなかなか転職できない人や、ちょっとでも条件や待遇が良いところに転職したい人は、転職エージェントを利用するのがもっとも近道だと思います。


女性の事務職「マックスキャリア」

img

女性の転職に特化したエージェントも紹介します。人気の事務職はそれだけライバルも多いもの。とくに正社員としての転職を目指す場合は難しいことも多いです。でも「マックスキャリア」なら、未経験からでも事務職に転職したいという願いをかなえてくれるかも。
もちろん、正社員以外にも選べる7つの働き方を紹介してもらえるため、子育てをしながら働きたい女性にもオススメですよ。

マックスキャリア利用者の評判

29歳女性の場合

【転職理由】
ずっとサービス業をしていましたが、足腰が痛くなり始めたので、座りながら仕事ができるオフィスワークに憧れたためです。

【利用してみた感想】
未経験から人気の事務職を目指せるかどうか不安でしたが、コンサルタントの方が親身に話をきてくださったおかげで、安心して転職活動を続けることができました。
前の仕事が平日休みなので、面接の日程を調整しやすかった点も大きいですね。もちろん、細かいスケジューリングはすべてマックスキャリアさんにおまかせしました。


20代で転職するには「JAIC女子カレッジ」

img

既卒や第二新卒、フリーターをしている女性に嬉しいお知らせ!JAICでは、女性を対象に無料説明会から内定までを約30日間で一度に済ませられるJAIC女子カレッジ」を開催しています。まだ若くて社会経験が少ないという女性も、安心して利用できますよ。
女性の転職でこれまでに12,000名以上の正社員就職実績を誇るJAICを利用して、キャリアをステップアップしてみてください。

本気で転職したいなら今の自分を見直そう!転職エージェントの利用で目的をかなえられる

転職したいと思う理由は人それぞれ。成功した人の体験談は参考になりましたか?大切なのは、ただ漠然と転職したいと思うのではなく、今の自分を見直すことです。それは環境であり、スキルや経験でもあります。

無理に転職するのではなく、今の職場に留まるという選択肢もあることを、覚えておいてくださいね。転職したからといって、何もかもよくわるわけではないのですから。
それでも、転職したいと考えるのなら転職エージェントを利用しましょう。自分の長所を引き出してもらえますよ。転職人気企業ランキングなども参考にしつつ、人生のステップアップを実現してみてくださいね。

【いますぐできる】自己PRジェネレーター

%e8%87%aa%e5%b7%b1pr %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?

一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いてない。それは内容よりも、伝え方の問題かも。
穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバー!

効率的に自己PRを済ませたいなら!

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。