2017年01月16日(月) 更新

一級土木施工管理技士試験の難易度と資格取得のメリット

一級土木施工管理技士はどんな資格?

土木施工管理技士という資格ですが、私達が暮らしている建物の基礎工事、鉄道工事、道路工事、ダム工事、上下水道工事など、生活する上で必要になる工事には、必ずと言って良いほどにこの土木施工管理技士が携わっています。

日本が経済的急成長を遂げた中で、土木工事の技術の進化は欠かす事はできません。土木施工管理技士資格は1級と2級があり、いずれも今後ますます必要とされる資格である事は間違いないでしょう。

土木施工管理技士は建設業法で定められた資格!

土木施工管理技士の検定試験に合格すると、所定手続きにより、技術検定合格証明書が国土交通大臣から交付され「○級土木施工管理技士」の称号が与えられます。
土木施工管理技士の検定試験の合格者には、法律(建設業法)で定められた資格、すなわち


  1. 専任技術者(建設業許可)

  2. 主任技術者

  3. 監理技術者(現場常駐)


という資格が与えられます。

土木施工管理技士は社会貢献性の高い資格でもある!

土木施工管理技士は、公共事業における「経営事項審査の技術力の評価」で、技術者として算定されるため、所属している建設会社の評価向上に貢献できます。社会で欠くことのできないインフラは、いくらオートメーション化が進んでも、工事をするのは人です。
そういった中で、安全を確保しつつ、公共インフラを予定どおりに作りあげるために、計画・管理・実行をして、社会へ貢献できる職業が、土木施工管理技士です。

1級土木施工管理技士の資格の難易度と勉強時間は?

土木施工管理技士資格を取得する事での、社会貢献性・資格取得でできるようになる事は、お分かりいただけたかと思います。果たして土木施工管理技士の資格の難易度は、どれぐらいなのでしょうか。
勘の良い方ならお分かりかと思いますが、土木施工管理技士資格の取得は容易ではありません。
まして土木関係の仕事は、業務内容や勤務時間も大変なケースが多いでしょうから、勉強に充てる時間もなかなか作れないのが現状かと思います。果たして、土木施工管理技士資格の合格率は?

1級土木施工管理技士は受験のための条件がある

一級土木施工管理技士の試験を受験するには、土木施工管理技士2級を取得してから一定期間の実務経験を積むか、あるいは一定の学歴と実務経験がある事が求められます。いきなり一級土木施工管理技士の試験を受験するのは難しいので、事前にチェックしておきましょう。

1級土木施工管理技士の合格率は15%程度

総合資格学院が公開している一級土木施工管理士のデータを確認すると、土木施工管理技士の合格率は1級が約37.3%で、2級が約35.7%という結果が出ました。
土木施工管理技士資格を持っていれば、土木業界でさらなるステップアップを目指す事も十分に可能です。今後もますます需要の高まる業界での資格ですから、将来性の大きな資格であるという事も言えるでしょう。

1級土木施工管理技士の勉強には最低でも半年かかる

不況に強いと言われているこの業界で、一級土木施工管理技士の資格を持っているという事は、非常に大きな強みとなる事でしょう。しかし、現実的に土木施工管理技士資格の取得のためにかかる勉強の期間は、土木施工管理技士2級で最低でもおよそ3~4ヶ月、土木施工管理技士1級なら、半年以上と言われています。

土木施工管理技士の資格取得によるメリットとは?

大規模工事現場の現場責任者と言われる人は、基本的には一級土木施工管理技士の資格を持っている人だと言っても良いでしょう。一級土木施工管理技士の手前に位置するのが2級土木施工管理技士で、作業工程ごとの責任者である主任技術者になる事ができます。

有資格者が少ないので土木施工管理技士は重宝される!

土木施工管理技士の資格を持っている人は、土木業界の中でも重宝される存在です。鉄道開発、空港開発、マンションなどの都市の再開発をする上で、土木施工管理技士の存在は欠かせません。
にも関わらずに、この土木施工管理技士の資格所有者は足りてないというのが現状です。
つまり資格を持っていると、建築会社はもちろんのこと、施工店などからも一目置かれる存在となる事ができます。これから土木業界で働こうと考えている方は、資格の取得を目指すのも良いでしょう。

土木施工管理技士資格によって昇進・昇格する事もある!

一級土木施工管理技士の資格を持った社員が在籍している会社は、国からも正当な評価を受ける事ができます。土木工事の仕事は国が依頼するケースも非常に多く、国からの技術評価点がついている企業は、それだけ会社そのものの信頼も厚いという事が言えます。

つまり、土木施工管理技士資格を取る事は会社での昇進・昇格に直結すると言っても良いでしょう。それだけ土木施工管理技士資格は価値があります。

一級土木施工管理技士は難易度が高いが業界で重宝される資格!

一級土木施工管理技士試験の難易度と、資格取得のメリットについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。土木施工管理のスペシャリストとして、就職・転職にそのまま活かせる国家資格である1級土木施工管理技士。この土木施工管理技士資格は挑戦するに値する、価値の高い資格と言えそうですね。

土木現場で仕事をしている人は、若いうちに取得しておきたい資格の一つかもしれません。忙しい仕事の合間を見つけて、土木施工管理技士資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム