2018年01月12日(金) 更新

転職の際に前職の給与明細の提出を求められる理由3つ

転職において前職の給与明細を求められるケースは多い

転職活動を進めていると、様々なタイミングで前職の給与明細を求められます。選考の過程や入社後の場合もあるでしょう。それぞれのタイミングで提出を求める理由がありますが、なぜなのでしょうか?それが分れば、給与明細の提出も心置きなくできますよね。きちんとその理由をおさえておきましょう。

転職で前職の給与明細を求められる理由①:職歴の確認のため

転職活動での選考過程で、前職の給与明細提出を求められる場合があります。これは、前職の確認のためにおこなわれるのです。履歴書に「○○会社に勤務」と書いてあったのに○○会社の給与明細を提出できなければ、経歴詐称ということになりかねません。企業は最初から疑ってかかっているわけではなく、あくまで事実確認のためなのです。選考のために給与明細を求める企業は多いのが現状です。

できるだけ提出する方が転職活動はスムーズ

この場合は、特別な事情がない限り言われた通りに前職の給与明細を提出した方が良いでしょう。このケースでの提出するタイミングは、「履歴書と同封して郵送」か「面接時に持参」という場合が多いです。できるだけ提出するようにしましょう。

転職で前職の給与明細を求められる理由②:給与の参考にするため

転職先で前職の給与明細提出を求められる理由の2つ目は、「採用が決まった後、あるいはほぼ決まったときに、あなたの給与を決める参考にするため」です。この理由で給与明細提出を求められるケースは非常に多いです。新卒就活と違い、転職者を採用する場合には、その転職者の経験や実績も考慮して給与を決めなければなりません。そのため、転職先企業としては「あなたが前職でいくらくらいもらっていたのか」が気になるのです。

伝えておいた方がいい情報については一言添える

最終面接のときや内定が出た後に、前職の給与明細提出を求められます。もし、給与の希望などがあれば提出時に相談するとよいでしょう。また、給与明細によっては病気などの休職期間の有無を転職先に知られてしまう可能性があります。そのような心配があるときには、提出時に「この休職期間はこういった理由です」と一言断っておくと、気分的に楽になりますよ。

転職で前職の給与明細を求められる理由③:年末調整のため

年末調整の時期に、前職の給与明細を提出するようにいわれる場合があります。これは年末調整で必要なためですが、この場合の給与明細とは、「前職の源泉徴収票」のことです。なので、この時期に「給与明細を提出」といわれたら、源泉徴収票を持っていきましょう。

前職の源泉徴収票がない場合は発行を依頼

もし前職の源泉徴収票が手元にない場合には、前の職場に源泉徴収票の発行を求めます。退職後でも、雇用主には源泉徴収票の発行義務があるので、気兼ねせずに発行を求めましょう。また、源泉徴収票が提出期日までに用意できない場合には、「自分で確定申告をする」と伝えれば、提出する必要はなくなります。

転職先で給与明細の提出を求められるのは「職歴確認・今後の参考・年末調整」のため

転職先で前職の給明細提出を求められる可能性は、非常に高いです。年末調整のために求められます。職歴の確認や今後の参考、転職後に必要になりますので、退職しても前職の給与明細は捨てずに取っておきましょう。また、提出を求められても、提出義務があるわけではありません。拒否することはできます。ただし、転職先でうまくやっていくためには、提出の求めに応じる方が賢明な選択といえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム