2016年11月29日(火) 更新

転職活動で違法な前職調査をされる可能性

転職の際には「前職調査」が行われる可能性がある

転職の際に行われる可能性のある前職調査について、なぜ違法なのに行われるのかという点と対策についてみていきましょう。
最初に注意したいこととして、転職応募者の本当の姿を知りたいと考える会社では、今でも前職調査などで前の職場に連絡するところがあるようです。
前職調査は、「信用調査会社」や人事の人たちが、応募者が以前勤めていたところに勤務状況や評判等を電話連絡で調査したりする場合があります。

個人情報保護法に抵触する前職確認は違法になるケースも!!

「個人情報保護法」が施行され、前職調査は明らかに違法な行為となりました。
なぜなら、転職希望者の個人の情報は個人情報保護法にもある「個人情報」であり、第三者に開示するときには本人の同意がいるからです。転職の際に前職調査をされる事は違法なのですが、まだ昔の慣習で、前職調査を行っている会社もあるようですので、転職の際は、前職に連絡をされるために、注意が必要です。

なぜ違法なのに前職調査はなくならないのか?

中途採用の募集をしている会社は、前の会社に電話連絡するなど、度を超えた前職確認をするケースがあります。転職時の前職調査は違法なのに、続けている企業は多いようです。ではなぜ、違法な前職調査はなくならないのでしょうか。

前職調査は会社のリスク対策として行われる

違法な前職調査をしてでも、転職希望者の本来の姿を確認してから、入社させたいと考えるところが多いようです。
また、個人情報を流した会社側は罰せられますが、個人情報を受け取った側は、その個人情報を悪用しないかぎり罰せられないというのも、前職調査はなかなかなくならない要因のひとつのようです。
転職希望者の前の会社に電話連絡したからといって、違法だと訴えられるケースは少ないでしょうし、もし転職しようとしている人本人の個人情報が手に入っても、会社はその点では罰せられません。

転職者は違法な前職調査を防ぐ対策を立てよう

本人の同意なしに、前職調査は個人情報保護法に抵触するため違法となります。しかし、違法だとわかっていても転職しようと面接にくる人達の前職調査を続ける会社があるのも事実です。
最後に違法な前職調査の対策についてみていきたいと思います。
転職を成功させるため前職調査でひっかからないようにするには、会社を辞めるときに注意が必要といえるでしょう。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきという戒めです。

退職する会社に個人情報を伝えないようお願いする

転職するし、辞めると前職場になるからと、いい加減に仕事をして迷惑をかけたり、誰かに恨まれるような辞め方は決してしてはいけません。
たとえ、数か月後に転職する予定の会社であっても最後まで誠意を尽くすようにしたいものです。
また、もし前職で可能であれば、前の職場の人に、「個人情報保護法がありますから個人情報は第三者に漏らさないようにしてください」とお願いしておきましょう。

中途採用時の行き過ぎた前職調査は違法!転職者は十分に注意しよう

『転職活動で違法な前職調査をされる可能性』と題して、違法な前職調査とその対策についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか?
中途採用をする時に、前の会社に電話連絡をする企業もあるようですが、行きすぎた前職確認は違法です。しかし、違法とわかっているのに、現在でもまだ、転職の際に前職場の前職調査などを行っている会社があるようです。
転職するのは何かしらの不満を感じていたからだとは思いますが、辞める日まで誠意のある働き方をしておきましょう。それが転職を成功へと導きます。中途採用の求人に応募する時は、十分に気をつけてください。

関連コラム