2017年06月19日(月) 更新

「フリーター」「ニート」の意味と違いの基準

フリーターとニートの意味の違いとは?

「フリーター」と「ニート」のそれぞれの意味を理解することが、違いを理解する上では重要です。まずは基本からおさらいしていきましょう。意外と知らなかったことが明らかになるかもしれません。

フリーターの意味:15~34歳までの非正規雇用者

フリーターとは、「15歳から34歳までの若年者で、通学していない者のうち、雇用形態がアルバイト・パートなどの非正規雇用である雇用者」のことです。なので、学生のアルバイトはフリーターとは呼ばれません。また、派遣社員もフリーターに含まれます。

ニートの意味:15~34歳までの通学も就労もしていない人

ニートとは、「15歳から34歳までの若年者で、通学していない者のうち、就労していない者」のことです。ただし、就職活動を行っていたり、具体的な就職活動は始めていないものの就職したいという意志がある場合は、ニートには含まれません。この場合は、無職者や無業者と呼ばれます。就職活動先がアルバイトやパートなどの非正規雇用の職場の場合は、フリーターに含まれることもあります。

フリーターとニートの違い①:「働いている」かどうか

フリーターとニートは、正規雇用ではない15歳以上35歳未満の若年者を指す言葉であるという共通点があるものの、両者には大きな違いがあります。まず一つ目の違いは、フリーターは主に「働いている」人を指す言葉である一方、ニートは「今現在、働いていない」人を指している点です。この違いはとても大きな違いです。

現在はフリーターよりもニートの方が社会問題化している

フリーター・ニートは経済的、あるいは将来受け取る年金が少なくなるという年金問題と関連づけてクローズアップされることが多いですよね。しかし、ニートの場合はそれらにくわえて社会とのつながりがなくなってしまう「引きこもり」の問題を抱えているのです。

以前は、若年者が不安定な職に就いている事が問題視され、フリーターが社会問題として注目されていましたが、現在は、フリーターよりもニートの方が深刻な社会問題として認識されています。厚生労働省を初めとした政府の政策もフリーターからニート問題の解決へと、方向転換されています。

フリーターとニートの違い②:「働く意思」の有無

上記のフリーターとニートの定義通り、フリーターという言葉には、今現在働いていない人も含まれる場合があります。つまり、働いていなくても働く意志があれば、ニートには含まれないのです。なので、フリーターとニートの違いの二つ目は、働く意志があるかどうかです。

ニートは「働いていないし、就職活動をする意志もない人」だけを指しているので、「明日からは真面目に就職活動をしよう」という人はニートとは違います。また、大学進学を目指して勉強している浪人生も、ニートには含まないのが一般的です。

「働く・勉強する・訓練を受ける」という意欲が大切

ニートの定義では、収入の有無ではなく「働く・勉強する・訓練を受ける」といった意欲や意志があるかどうかが大切なのです。働く意志が少しでもある場合は、ニートではなく無職者やフリーターに含まれます。大まかな見分け方は働いているかどうかで判断する傾向が強いですが、働く意思のある者はニートに含まれないので間違わないようにしましょう。

フリーターとニートの意味の違いは「働く意志」の有無で決まる!

「フリーター」「ニート」という言葉は若者の年金問題や無職・失業問題、不安定な雇用状況を解決するためにできた言葉になります。そうした考えがある中、フリーターとニートの違いとは「働く」という目標に向かって頑張れているのか、そうでないのかで決まってきます。

今ニートだという人も、瞬時にニートを脱する術は持っているわけです。もう一度フリーターとニートの意味や違いをおさらいして、明日から前向きな気持ちで生活していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム