2016年11月29日(火) 更新

朝礼を行う意味とは?会社における必要性

朝礼の意味とは

会社で朝礼が行われる意味はいくつかあります。しかし、その意味が社員に浸透していなければ、有用性が見いだせませんし、何となく形式的なもので終わってしまいます。
重要な伝達事項を朝礼で補足するために朝礼を行う会社もあれば、適度な緊張感を出すために朝礼を行っている会社もあります。朝礼の意味や目的を再認識し、会社や社員にとって有意義なものにしましょう。

朝礼を行う意味は重要な伝達事項を共有するため

朝礼は、単純に朝から声を出して仕事のやる気を高める、だけが目的ではありません。例えば、「来年には○○支社を廃止統合する旨を通達しましたが、その背景を説明しておきます」というように、重要な伝達事項は朝礼で細かな背景などを補足する、という意味で行っている会社が多いのです。
ネット環境が整った時代でも、全てをメールで完結させずに朝礼を行うのは、企業が朝礼を重要な時間と位置付けていて、必要性を痛感してるからなのです。

社員の士気を高める意味もある

皆さんの職場で、朝礼が実施されているときの雰囲気はどうでしょうか。どうしても朝礼は形式的になりがちで、気が緩んでくると活気のない朝礼になってしまいます。しかし、朝のスタートを切る朝礼の生命線は、その場に臨む社員が発する活気や元気といった「鮮度のよさ」が大事です。
形式的な朝礼になっているのであれば、それを変えるためにも、開始一分前に明るい表情はできているか、元気や活気を感化させる声は出せるか、動作は機敏にできるか、などをチェックして、鮮度を引き出せるようにしましょう。
そうやって、お互いに必要性を見いだすのが朝礼の意味ともいえます。

日本の会社の93%は朝礼を実施している

こ会社で朝礼が行われる意味について見てきました。ですが、それでもまだ朝礼の必要性を見いだせない人もいるでしょう。しかし、数字は正直です。実に日本の会社の93%が、何らかの形で朝礼を実施しているというデータがあるのです。

朝礼を有効活用できている会社は少ない

朝礼をしている日本の会社は93%にのぼり、ほとんどの企業が朝礼を行っていることは分かりました。これだけの会社で朝礼が実施されるには、何らかの必要性あるはずですが、実際に朝礼を上手く活用できている企業は、ほんの一握りです。
その理由は会社によって様々ですが、本来の朝礼の意味から逸れた内容で続けている、仕事に集中したい時間帯に朝礼をされてトーンが下がる、といった理由が挙げられます。
このことからも分かるように、会社としては必要性を感じていながらも、有意義に活用できていないという現実があり、参加するとしてもただ何となく考えてしまって必要性に疑問を向けてしまっている、と理解しておきましょう。

朝礼は会社と労働者のコミュニケーションの機会として見直す企業も

現代社会では、同じ社内の中でも顔を見ずに情報のやり取りができて、声を聞かなくても意思疎通ができる時代となっています。
しかし、だからこそ朝礼を活用できていない現状に目を向け、改めて朝礼の必要性を感じている企業もあるのです。最近は、朝礼の意味も徐々に変化してきていて、会社と労働者がコミュニケーションを取れる機会であり、「温度を伝える場・温度を感じる場」でもあるのです。
これは、チームとして仕事をしていく以上、必須の意識といえますし、会社が朝礼を行うには、そういった目的があると把握しておく必要性があります。

朝礼の意味と必要性を理解して有意義な時間として活用しよう

数字の上からも圧倒的に多くの会社で行なわれている朝礼ですが、元々朝礼が持っていた情報伝達機能をメールが担いでいる今日でも、朝礼は意味と必要性を変えて、今なお行われ続けています。
確かに形骸化された朝礼では意味がありませんが、行う以上は何らかの意味と必要性を見出しているのだと理解して、その意図を汲み取る必要があると言えます。

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム